陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
塾の前日・ジレンマ

合評課題が上手くいき「ハイ、次」と言われるのは良い事です。

ハイ次がずっと来ない状態が続くと「話が止まっとるやんか」「設定に無理があるんや。見直せ」「全部書き直し、やり直せ」という三段論法によって、課題作打ち切りという悲劇が起きます。


キッツイですね。そりゃね、仕方がないとは分かっちゃいるけど、作品には愛着ってもんも湧きますからね。

しかも、この悲劇を体験したのは、塾ではまだ私一人ですからね……ふっ。


そして、現在。


二作同時進行中という状態ですと「ハイ次」が怖い。

えーと、一番楽なのは、描写や文体など、技術面の修正です。

ハイ次、というのは話を進めろという意味ですので、新しい展開を考える必要がある。

書いているなら当たり前だろうがというもんですが、展開は決まっていても、書き出しに悩み視点に悩みセリフに悩む。

二作目も悩んでますから。まあ例えれば、一本の思考という道に、車や馬車や戦車やタラちゃんの三輪車が走り、混乱する思考回路を整理しながら、話を考えている状態。


これを読んでいただければ、私の現在、状態を分かって頂けるでしょうか。

いやー、先週提出したもの、文体が気になるなあ、こんな描写で良いのかな。

はははは、今回は特に技術面が非常に気になりますねえ。


ちなみに、過去に全く同じ状況、全く同じことを訴えた私に、先生は満面の笑顔で仰いました。

「ハイ、次」


……さて、今回はどうなるんだろう……


スポンサーサイト
ネタ帳か……

ネタ帳……やっぱり買ったほうが良いのかしら。


塾生の皆さん、やっぱり持っていらっしゃる。そうよねえ、ちゃんとしたノートという形になったものを持ち歩いているほうが、見た目も良いしさ。


ええ、まあ思いついたネタや浮かんだ場面は、その場で書き留めるのが一番です。

後になって、忘れることが多いのよ……正に淡雪のごとく。下手したら3分前に浮かんだフレーズや文章の組み立てまで消えしまう……あ、これはネタ帳の問題じゃないな。記憶力の問題か。


そういうわけで、浮かんだことは電光石火、すぐさま書き留めねばなりません。ネタ帳ノートを作ったとしても、整理整頓能力がない私。ネタ帳そのものをどこにやったか探している間に、ネタを忘れかねん。

しかも、職場で仕事中に浮かぶことも多いのよ。そういうわけで。


思いついたら、職場の不要のコピー用紙を切って作った、エコなmyメモ帳に書き留め、家にその紙片をお持ち帰り。

家に帰って、それを見ながらモノを書く。

たまに買い物メモにも流用する。


ああ、でもいつまでもこんな形で、職場の世話になっているわけにもいかない。


明日にでもノートを買いに行くか。







苦情を言ってみよう

携帯の代金引き落とし口座を変更することにした。

契約者はダンナです。

ところで、以前携帯が壊れて機種変更したことがあるんだけど、携帯の変更手続きは契約者本人が窓口に行かないと行けないんですね。

ところが、旦那は窓口に行く時間がない。

そして、店舗の窓口が大嫌いなのです……以前、店には客二人、店員が四人いながら、2時間待たされたから。

「契約者から委任状をもらってきてください」

窓口の女性にそう言って手渡された委任状の用紙。

ダンナにこれ書いてもらって、確認書類として契約者の身分証明書のコピーもつけろですか。ハイ。


「……と、いうわけで委任状を持って行ったんですよ」

会社の食堂にて。一緒に食べているのは我が女性上司・主任。

「するとですね、契約者に電話確認をすると云うんです。言われたとおりに委任状持って行って、旦那の身分確認書類も出したんですがね」

「委任状を書いた人が、真の契約者だとは限るまい。確かめようってことじゃないの?」

「まあ、私もそう思いました。委任状そのものが偽ってこともあるから」


ちなみに契約者……ダンナは電話に出た。確認完了です。

ところが。


「委任状は、これで本物だと確認が取れた……はずなんですが、その女性、私に委任状を『今から代理作成して下さい』というんですわ……あのー委任状、本物だって確認とれたはずですよね? 代理作成というのは、正式書類がない間の仮書類ですよね? 何で正式な書類が手元にあるのに、後から仮書類を作るんだ? しかも、契約者がいないから家族が代わって代理作成しました、という文言も書けと言われまして」

おお、我が部の事務職の女性隊長、主任が悩んでいる!

そうでしょうとも、主任! 事務というのは書類の流れに辻褄が無ければいけません。それはどこの会社の事務でも同じこと。

私だって悩んだのです……て、主任と気が合ったの初めてだな。


「で、契約者の家族である私が、代理作成をしました、という届出書類まで書かされたんですわ」

「……ふうむ。ま、代理人届みたいなもんか」

「そして、トドメです」

「ほう」

「ダンナが書いた委任状の本紙、いらないから持って帰れと言われました」

食堂の一画で、沈黙する私たち。


「……これ、苦情言ってイイですよね?」

聞いてしまう私。同じ事務職として、これはダメでしょ。

「勘弁してやりなさいよ。キミだって書類の印鑑抜けてたりしてるでしょ」

「私はお客さん困らせたことは無いです。ていうか、主任はワタシ意外対しては寛容ですね」

「だって仲良くないじゃん」


まあ、そういうことで苦情でも言ってみるかと「お客様窓口」をホームページで探したのですが。

ない。見当たらない。商品の使い方だの、料金についてのお問合せ窓口しかない。

店舗窓口そのものの対応についての苦情受付が無い!


「窓口対応の苦情は、膨大な件数になるからあえて作らないのか?」

あれ以来、白い犬が邪悪に見えて仕方がない。

すごいぞSバンク!


家族へのメール③

弟よ。


久しぶりだな。生きているか?

なんでコイツからメールが来たんだと、キミが首をかしげている姿が目に浮かぶよ。

確かに、我々姉弟仲は悪い。近況報告のメールなんて無縁だ。

互いに対する関心の無さよ。多分、町中ですれ違っても互いに姉と弟だと気が付かないに違いない。


話がそれた。


キミはリラックマ×POLICEのコラボ商品を知っているだろうか。

知らないとは言わせない。警察関係者しか購入できないという商品だ。

警察関係者以外、購入できない……市民生活の平和と安全を守るべき使命を持つ職業が、リラックマを愛する市民を疎外してどうする。

理解に苦しむ。


ところが、キミと私は仲が悪い。

この険悪な家族関係を知っている我が友が「警察の知り合いがいるから、聞いてみようか?」

と申し出てくれた。あまりの有難さに涙が出た。

流れる涙をぬぐった瞬間、ふと疑惑が頭に浮かんだ。


弟よ、キミは確かリラックマ好きだよな?

大大好きだよな? 部屋の中はリラックマまみれだったな?

だとすれば、当然このコラボ商品情報も、私よりも早くに入手していたはずだ。

知らないなんて信用しないぞ。キミのリラックマ好きは式の時に暴露されている。

だとすれば、最初は知らなくても、このコラボの情報は後輩とか部下からタレコミがあったはずだ。


知っていたなら、何故姉に教えない?

市民への裏切りだ、情報の隠蔽だ。


今度会ったら、とことん追求するからな。


……ここまでメールを打って気がついた。

今度会ったらって……弟と会うのって、二年に一度あるかないかなのよね。




駄文更新・順位付け

作劇塾に通っていると、先生は仰る。

「上を見ろ、下を見るな」


つまり、アイツよりはマシだな……と、己より下の人間見て、今のその位置に安住をするんじゃない、自分より上の人を見て、そこへ行こうと切磋琢磨せよ……ですね。


その通りです。


そして、私はもう一つ自分に課している。

「何もしないくせに、文句だけつける人間になるな」


作劇塾で一番「そうは仰いましても……」とぶーたれること多い私。

はい、師に対して一番失礼な塾生ランクインです。恐らく「一番弟子にしたくないタイプ」のベスト入りですね。師の器が広いことを良いことに、好き放題です。

家で酒を飲んだら反省しています、本当です。

だからといっては何ですが、これだけは己に課しています。


「何もしないくせに、文句だけ言うな」

私にとって、駄目だな、コイツ……と思うのはそのタイプでして。

何も努力せず、動きもしない。でも文句や批判だけはする。

自ら動き、考えて何かしていれば、時に反抗もどきな形となって疑問に出てくることもある。

でも何もしない奴が口にするのは、単なる攻撃、反対のための反対にしか過ぎない。

それだけはしない。それを己に言い聞かせてはいます。

モノカキになりたいなら、これだけは必ずすることの最低、自分で決めたことを守り通してから、疑問を口にしてよろしい。

まあ、そんな感じです。


ついでに「納得」の形は二つございまして。

「仰っている意味が、骨身に染みてよく分かりました」

「納得するにはまだ未熟な私ですが、その熱意とお考えは分かりました」


まあ、そんな感じ。

どっちがいいとは甲乙つきがたいですが、他人同士の意思疎通と理解って、こんなものでは……と思います。

ついでに言えば「納得したい」というのは、表面的に「分かりました」といっときながら、内心ブツクサとワケ分かんねーとか反抗はしたくないのです。

「ちゃんと向き合ってくれるだろう」という信頼ある人間以外には、しません。


まあ、そういう事で。

しかし「でもダメ」と信頼する師がおっしゃるのなら、従いましょう。


ちなみに「これだけは最悪でも絶対にするまい」と思っているのは。

どんな形であれ、目標に向かって足掻いている人間に対して、何もしない傍観者のくせに「才能ない」と言い、人から聞いて納得しただけの言葉を引用し、上から見る態度を取る事です。


はっしまった! 先生が仰っていた

……上を見なくては。