FC2ブログ
陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
お断り

文鳥のぴいちゃんとお人形のブリュンヒルデちゃんを巻き込み、ようやく何とか間に合った課題作品。

はい、まだ最終回は遠いです。

夏には書き上げるとか言ってたやないか、早く終われと、提出する度に皆様に理不尽な脅迫をされていますが、最終回とはそう簡単には行き着かないんです。


世間ではよくあるじゃないですか。

なかなか終わらない物語。

一体いつ終わるんだろうと噂される、超長期連載。そういえば、舞台演劇をテーマにした天才庶民女優と努力型令嬢女優の人生絵巻は、一体いつ終わるんでしょうね……アレに比べれば、私の課題なんて短い短い。セミの一生以下です。


それに「夏には書き終わりまーす」というのは、希望であって「公約」じゃありません。

公約を破るのはまずいですが、希望はそうはいかないものです。


まあ、そういうことでした。


来週の合評、非難ゴウゴウに備えて、言い逃れをしておきます。


スポンサーサイト
酒のお供

まず、当たり前だけど「綺麗なもの」

食べて飲みながら読むのです。キタナイ内容はいけない。

例え内容が残酷にしてもえぐいにしても、血が飛び散るにしても、極めて美しく、高尚に表現されていれば結構です。

そして、小難しくないもの。

伏線貼りまくり、登場人物一人一人の会話が、その物語の結末の鍵を握っている! なんていうのもいけない。

酒を飲みながら読んでいたら、場合によっては主人公以外のキャラクターたちの相関図が頭に入りません。

人間関係は簡潔が良い。そして、複雑な人生論だの理論だのなんだので頭を使わないもの。

かといって、刺激がないものもつまらない。

アルコールでふやけている頭に、少しは刺激を与えるくらいの毒は欲しい。


そういう事で、今、一番酒飲みながら鍋を食べながら、読んでいるのはもっぱら『怪談本』

まさか、こんなに酒と相性が良いとは思わなかった。


ちなみに、飲みながら読んた本で、一番悪酔いしたのは「恐るべき子供たち」ジャン・コクトーです。

「ドリアン・グレイの肖像」はそうでもなかった。

でも「赤毛のアン」は悪酔いした。「ポー短編集」はまあまあ。


……この「悪酔い度」の差と共通点が、今だに分からない。


つぎは「続・あしながおじさん」で挑戦してみよう。



駄文更新・慣れ

以前は、水曜日までにネタが浮かばなかったら、焦りのあまり部屋の中を転がっていた。

神頼みにネタ出しの儀式、散歩に酒断ちとまあタイヘン。

それでようやく文が浮かんで、ああ良かったと泣きながらパソコンへ向かっていたもんで。


そして今。

ネタが出ないねえ、この後の展開どうしようかねえと、文鳥のぴいちゃんに話しかけ、人形のブリュンヒルデちゃんに相談し、とりあえず脳みその活性化のために甘い饅頭を食う。


比べたら、ずいぶんと余裕が出てきたものです……状態はほとんど変わっていないのにさ。

これは慣れというのか、スレたというのか、一種の進歩なのか、さあどうなんでしょ。

……とりあえず、今週もヤバい……


駄々文更新

恐らく、全国、いや、全世界から宇宙にかけて『手乗り文鳥が家にいる人』が思っていることですが。

(注:手乗り文鳥は日本独自の存在らしいけど)

ウチのコが一番かわいい。

ああ、この可愛さを全世界に知らしめてやりたい……ほほほ、民よ、ウチのコの可愛さにひれ伏すが良い。

まあ、そうは言っても、文鳥を愛する皆さんが全世界に、我が愛する小鳥さんの姿を発信できるわけじゃない。カメラを向けられたら逃げる子もいるし、レンズに威嚇する子もいる。

「仕方が無いなあ、うふふふふ」

まあ、そんなもんでしょう。

人間の子供も、まあそんなもんです。

第三者的視点。容姿とか成績とか将来性とか、身も蓋も無い現実的なものが混じっても『ウチのコが一番かわいい』と親御さんは思う。

『我が子が一番かわいい』損得勘定ない、無償の贔屓は微笑ましいですな。


でも『我が子が一番かわいい』に金銭勘定が入ったら、やたらと生臭いわけです。

……アイドルが自殺して、事務所と親が、彼女の自殺原因を巡って争っている話。

学費を借りる、借りないがどうとか。

親に金銭的迷惑はかけられない、と自殺した娘さんは思っていたらしい。

自分の頭を超えて、我が子と事務所の社長で高校の学費の話をさせてしまったあたりで、物凄く問題があったと親に自省はないのかなあとか。

まあ、そんなことを考えます。

手記を読んでも、なんだかなあ。












データ消滅

そう、あれは電子書籍が登場したころ。電子書籍が紙を追いやって、紙ベースの記録や本が無くなるかもしれないと言われたころでした。

そりゃヤバいよな、と誰かが言ったのです。


「この地球が滅亡したとしよう‥…その後、他惑星の住人が調査にやってくる。過去の地球の歴史や記録が全てデーターベースで管理してあって、地球滅亡の際に消失していたら? 形あるもので保管しておかないと、調査に来た宇宙人たちが困ることになる」


うん、確かにデータで保管していたら、クリック一つでハイ消去、停電一つでデータ吹っ飛び、運悪く保存がうまく作動しなくて、データが更新されていないって事もあったな。

……なんてことを思い出しながら、パソコンの前で涙を流す。


書きかけの『完全趣味小説』の続きを久しぶりに書こうとしたら、データそれ自体が見つからない。

保存ファイルにもないし、USBにも入っていない。

一体、こ、こ、これはどうした事だ!


これは、天からの試練なのか、それとも書くなという思し召しか。

「どうせなら、違うの書けって事かしらねえ……」


新作であれ、どっちにしろ美形とツンデレと爆発と猟奇は外せないわ……

どっちにせよ、人様に見せられない作品である事には変わりはない。

これもデータがぶっ飛んだら? 

それは試練じゃなくて、呪いだな。