FC2ブログ
陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
課題と料理

悩んでいる時は、歩くか単純作業か。

足を動かすか手を動かすかで、脳を連動させて何とか考えを浮かべようという狙いです。

今回は走っても浮かばず、歩いてもぶち当たり、仕事をしていても真っ白け。


仕方が無い、アレをするか。

と、いう訳で始めるのはギョーザです。

時折、恐ろしいギョーザ欲に襲われます。ギョーザで酒が飲みたい。

通勤路の途中にギョーザ専門店があるのですが、毎日満員。

しかも丁寧過ぎる焼き方のせいで、出てくるのがたまに遅い。

なんでギョーザ腹を抱えて専門店に入りながら、漬物と小鉢で腹を膨らませねばならんのよ。


そんな悲劇を回避するには、家で焼くしかない。

ついでに浮かばないアイディアを搾り取るため、単純作業も行おうと始めるのがギョーザ包み。

餡、それ自体は割とシンプルです。ニラとキャベツと豚肉、ネギとショウガ、塩コショウに醤油、ラー油をぶち込んで混ぜる。

後は出来合いの皮に、餡を入れて包めばいいだけ。

ただねえ、面倒くさいのよ。

一個一個包むのがねえ……ちまちまと。しかし、今はこの単純作業が必要。

ちなみに、ギョーザと赤ワインは結構合う。


結果、ギョーザ75個を包んだ末に、ようやくおぼろげなイメージが出来上がる。

ああ良かったと、ギョーザを冷凍しながら安堵する、と言いたいけれど。

ギョーザで60分という貴重な時間を使ってしまった。タイムリミットが狭まった。

明日は必死だね、こりゃとため息。

結局、最後まで余裕というモノから遠いままで終わりそうな課題です。


スポンサーサイト
最終話

よくよくよくよく考えたら、今まで書きためていたのは、ほぼ短編。

長編も何度か書いていたけど、連作短編という体が多かったので、本当にそれらしい「最終章」というのをほとんど書いたことがない事に気がつく。


読む事、書く事は似ているけれど違う。読んでいるからスラスラ書けるわけでもない。


参ったねえ、と悩んでいる最中です。異なる結末を二つ書くのは、頭には浮かんでいるけどなかなか文章化できない。誰の目線を通すか、どの風景を切り取るか、私の話の作り方のイメージは、バラバラの破片を拾い集めてつなぐ作業ですので、元となる破片を選別するにも悩んでしまう。


全く……誰だ、ラストに装甲車を突入させろなんて言ったのは。

装甲車を避難所に特攻させるとしたら、運転手は誰だよ。無人か? AIか? そう言えば、中東で無人の装甲車が開発されたとか聞いたような聞いていないような……じゃあ日本でも当然、同じ構想はあるよな。作るとしたらナントカ重工かな。


タイムリミットが近づく中で、最終回を妄想中。



駄文更新

最終回を2バージョン書くという、実にのどかなことを考えて実行。

しかし、最終回って「あれもこれも、散らかした問題を全て解決させて、決着つけさせて余韻を残す」という作業でもあるから、結構文章の構成に技がいる。

うまい事つながないと、何だかブキッチョ感漂うものがあるし……

「課題が完成したら、データ送ってよ」

読みたいから、と友に言われる。

ああ、ますます綺麗にまとめないとというプレッシャーが……


もう、酒と漫画なんかに構っているゆとりはないです。




困った

最終話まで後一回! てところで、待ったが入った我が課題。

こういう時に迷うんですよ、読者目線ならぬ合評時の指摘は大事だけれど、書きたかったシーンもあるし、自分の考える展開が必ずしも「駄」とは限らん。


と、言いますが、己の脳内をとりあえず吐き出してしまわないと、微妙に気持ちが悪いんですよ。

消化が悪いというか、頭にこびりついて離れないというか。

しかし、皆さんの意見は尊重しないと、作品に対して独りよがりにならず、冷静な第三者の意見を聞いたうえで、作品を磨くという合評のシステムが無駄になる。


うーんうーんと悩んだ末、素晴らしいアイディアが浮かんだ。

そうだ、二編書けば良いんだ!

1つは「修正なし:決着曖昧ラストの最終章」

もう1つは「意見を聞いたうえで修正:最終章」


おお、そうだ、そうしよう。

映画のブルーレイの映像特典に、劇場公開版とは違う結末が入っているのは良くある話!

よっしゃあああと叫びながら、まず始めたのは……家に置いている酒の在庫を全て目に届かない場所に追いやり、豚汁を大量に作ったこと。


パターンを2つ書くのなら、次の木曜まで、酒を飲むゆとりはない。

しばらく、汁物は豚汁です。

あ「闇金ウシジマくん」を封印……しかし、これは出来るかどうか自信がない。


禁断症状が出るのは、酒よりも、漫画の方。

しかも、現在16巻までしか読んでいない。ピンクのゾウさんなら耐えきれますが、漫画となるとどうなるか。今まで我慢したことがない。

依存症として、性質が良いんだか悪いんだか、今だに分からない。


塾の裏側~計算ハズレ

後一回で最終話ですわ! とばかりに前祝い。

いつもの三倍の値段のランチを食う。伝票を見て、社食の有難さが身に染みる。

その数日前、課題を仕上げた日は、これでやれやれとばかりにケーキを買っていた。


で、金曜日の合評であります。

「……え~、こんなのでいいの?」

評する皆さんの声が見事に揃う。

「結局、スリーサイズオール100とイケメン人喰い男子高生の決着はどうなんや?」

「決着ついていないじゃん。地震のどさくさ紛れで二人ともどこ行ったか、行方不明じゃん」

ハイ、割とよくある「曖昧ラスト」でやってみれば非難ゴウゴウです。

でもさー、ホラーじゃ定番ラストですやん。

主人公たちを脅かす脅威は、とりあえずさったものの、結局怪物は殺せたのかどうなのか不明。

ラストシーン、怪物はまだ生存している……的な示唆をしてズームアウト。

て、ことを皆に言ってみたところ。


「つまんねーんだよ」

「もう少しハチャメチャなものが欲しい」

「カタルシス!」


……最終回が遠ざかったってことかしら。

脳裏に去来するのは、前祝いとばかりに摂取したケーキ数個、ステーキ&ミンチカツのランチ、大盛りとミックスジュース。


無駄なカロリー摂取と思うのか、前祝いがもう一度できると考えるのか。

ここで人生への姿勢が試される。