陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
塾の当日

幸いなるかな、脳内で造り上げた神の祭壇を作る前に、何とか課題作を書くことが出来た。


あー良かった。

毎回のことながら、ギリギリの崖っぷちに追い詰められて、カンダタの救助に使われたクモの糸が目の前に垂れ下がり、そのおかげで何とか課題を提出しているわけです。


毎回ですよ。

これはもう無理……課題を落とす……いや、負けるんじゃない、自分を信じるんだ!!!とか独り奮闘、そして窮地脱出です。

そのギリギリの中で見えた展開とネタ……いえ、光明がどんな救いとなるか、それが見えた瞬間の多幸感は、なかなか味わえるもんでもないと思いますわ。

あ、恋愛は別ね。あれは崖っぷち感ではなく、自家製脳内麻薬栽培ですけどね。


追い込まれた状況を切り抜けたあの爽快感、そして次へと続くサスペンス。

それが二週間に一度は味わえるのです!!!

クセになりますよ。


……まあそういうわけで、無事に課題が提出出来そうなので、塾の勧誘もしてみました。


まあ、そういうことです。



スポンサーサイト
塾の前日

毎回毎回、課題提出の週は頭を抱えてゴロゴロ転がり、展開やネタに悩む。

ジンクスに頼って神頼み、もういっそカキモノの神を祀る祭壇でも作ろうかと思い詰める。


……そこで、はたと気が付いた。

塾の教室でもあり、塾長の住処であるマンション。

机の引き出しの中には、読者の方やそのほかの人たちから贈られた(?)心霊写真が詰まっているという。

そのご自宅ですが、使っていないガスに反応して警報機が鳴り響き、下のロビーをすり抜けて、玄関口のチャイムを押す謎の訪問者。


塾長のマンションがそうなのです。

塾生の私が自宅で祭壇を作り、変な何かを召喚したら目も当てられない。


思いとどまりました。


人間、思い詰めるとロクなことを考えないけれど、私の場合は二週間に一度、それが訪れる。

今回は踏みとどまったけれど、次回も踏みとどまる自信がない。

やれやれ


短文更新:書く儀式

白状しましょう。課題小説がスラスラ進んだことはありません。

自分で選んだテーマ、自由課題のはずだけど、己の脳内妄想だから、設定も世界観も全て思い通りのはずなのに、合評で『ススメ』と言われた時に襲われる、あの焦燥感と追い詰められ感は、何ででしょうな。


朝の10時、ここに入ればネタが浮かぶというジンクスを、自分で勝手に作った会社のトイレに立てこもり、以前、ここを歩いてアイディアが閃いたという経緯を持つ道を往復し、想像力を高めるというパワーストーンを、穴が開くほどじっと見つめる。


……と、いう儀式を毎日繰り返して、ついに水曜日。

まだ浮かばない。

明日までには書き上げないとタイムアップ。


果たして、今回もジンクスで救ってもらえるんでしょうか……

光と影:落ち込んだってそんなもん

大阪てのひら怪談、佳作受賞、中野さん!!!


前回に続き、二連覇ですよ。目出度いですよ。

中野さんについて、嬉しい講評を聞いてまいりました。

『文章が綺麗でけれんみが無い』『すぅっと読める文章』

その通りです。私は中野さんが入塾した時からの作品、読んで知ってますもん。

文章が川の流れのような綺麗な文体で、クセが無い。

描写が鮮明なんですわ。

分かりやすく、的確な情景が彼女の特徴です。そりゃ二連覇もするわな。


そして、光あれば闇アリって事で。

はい、今回も私は落選よ。

落選した事だし、心に暗闇を抱えた荒んだ日々を送ってやろうと、意気込んで出社し、今度こそ世間の同情をかって、飴玉1つでも貰おうと思っていたんですけどね。


主任:只今本部との仕事の調整で激務。しかも、仕事の舵を取るはずの本部の人間があてにならず、私以上に荒んでいる真っ最中


人格者の課長、その他もろもろの皆さん:部の最高責任者がインフルエンザに倒れる。得意先との商談予定やそのほかもろもろのスケジュール調整に駆け回って大忙し。

仕事をしていると、そんなもんよねと思います。


何があり、例え落ち込もうと、心に魔を住まわせようと、組織や世間というのは絶えず動き回り、私の事情なんか蚊帳の外。

ワタシの心情がどうであろうと、世間にとっては無関心どころか無も同然。個人個人の人生なんて、世の流れにとっては、水面の葉のごとく呑み込まれてしまうものよね、と受け取るか。

どうせ葉っぱみたいなもんだと小さく考えるか。


アンニュイに空を見上げて思い出す。

今週、課題の提出週だった。

結局、落ち込んでいるヒマは無いのよね。

従順か否か

前回の続き。

塾長に対して、塾生は従順か? という事ですが。

塾長は会社の管理職ではありませんし、教祖じゃない。塾生は部下でもないし、信者ではない。

ですので、異なる価値観や考えに、何の疑問も抱かずに従順に従うことは、まずない。


現在の塾生は、社会人です。

社会の一員として日々を過ごしてきた中で、身につけて来た考え方であるとか、価値観を持っています。

その考え方が、必ずしも塾長と全て同じとは限りません。

納得できることもあるし、そうではないこともある。

塾長の言葉に疑問を抱き、その意味を問う事は勿論ある。


当然、議論に発展することもあります。

しかし、ここまあくまで『師と弟子』という信頼関係の上でなされる問答です。たまにブログに紹介されてはいます。ブロクの内容は忠実ではありますが、その時の空気感は、実際にいた当事者たちにしか分からないものだってあります。


そうやって、塾生は自分の中で考えを咀嚼して飲み込み、塾長の言葉に納得するのです。

塾長に従う事は一見同じように見えても、単なる従順というわけではない。


塾生が塾長に対して、従順ではない事を快く思われない方もいらっしゃるかもしれませんが、私はそれを悪い事とは思ってはいません。


他者の考えや価値観に対して何の疑問を持たず、自分の事も言われればすぐに捨てられる程度のモノしか持っていない人間が、何かを表現できるとは思えないからです。


そういうわけで『私は従順ではない』という事を暴露したのですが。


……次回の提出課題、受け取ってもらえなかったらどうしよう。