陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
続・塾のあっち側
続きます。

ですが、T野さんの辛口批評。
「スティーブン・キング」「ライトノベルズ的展開」この感想の部分は、は私にとってかなり嬉しいものでした。
書いているベースをそのものずばりと、読んで当ててもらえるなんて、嬉しい限りです。
この合評課題の小説でやってみたかった試みが、まさにそれ。

この小説で書いてみたかったのが「人を喰う側の視点」でした。
ゾンビとかバイオハザードでは、食われる側の人間の視点でゾンビや感染者が描かれます。
人間同士であっても、捕食者と被捕食者と分かれれば、お互いの視点がどう分かれるのか、想像してみたかったのです。どう見れば、人間が美味そうに見えるかとか。

そして、その世界を、明るい雰囲気も取り入れて描いてみたかった。
ホラー小説は一貫して陰鬱な場面と展開ですが、ホラー漫画なら、作品によってはたまにギャクとか挿入されてますね。

雰囲気の違うモノ、パーツが異なるものを組み合わせてみる。
異なる素材を組み合わせた作品は、ファッションでも映画でも漫画にもあります。
ファッションなら、マテリアルミックスとか異素材。映画はバレエとストリートダンスを融合させた「ステップアップ」漫画なら可愛い絵柄で、怖い実話怪談漫画の伊藤三巳華さんの「視えるんです」

そこで私が試みているのが「スティーブン・キング」「ライトノベルズ」の組み合わせ。
何でライトノベルズかいえば、愛着があるから。

私の頃は、ライトノベルズというレーベルではなく、中高生向きの小説というカテゴリで「コバルト文庫」「角川スニーカー文庫」等々が出版されていました。
特徴は挿絵が多く、内容も漫画のようでした。主人公の年齢設定も中高生です。

「コバルト文庫」では藤本ひとみ、角川では田中芳樹の「アルスラーン戦記」朝日ソノラマで夢枕獏の「キマイラ」菊池秀行の「エイリアンシリーズ」大好きでした。

この系統の小説は、名作とか云々以前に、挿絵も多いので想像しやすい、ストーリーも漫画的と、実に読みやすいものです。活字苦手でも手に取りやすく、小説初心者向きともいえます。
このノベルズから、小説を読む楽しみを知った人も多いです。元々活字が好きだった人も、このレーベルには大抵手を出しています。正直「少年少女文学全集」とはまた違った刺激がありました。
小説って、こんなに軽くて面白いものがあったんだと、中高生当時の私はビックリして読みふけったものです。

萌えでもファンタジーでも、SFでも推理でもエロでもホラーでも、何でもアリで、しかも「手に取りやすい」「想像しやすい」これが共通。

そんな世界の中で、相反するスティーブン・キング的陰鬱ホラーを挿入してみたい。そんな事を考えたのでした。

さあ、どうなるかな。でもせっかくの合評課題だし、好きなように書いてみるか。
そういう経緯だったのです。

さて、最近の私はライトノベルズ読んでいるか?と聞かれますと……。

真代屋秀晃さんの「韻が織りなす召喚魔法①②」は必須として、「フルメタル・パニック」か。

韻が織りなす~を読みながら、やっぱり女の子は多少迷惑な性質でも、可愛いければそれも一つのアクセサリーだとか、変人と生真面目人間は、話の彩るキャラクターだとか、楽しんでいます。

フルメタルパニック、私はヒロイン「かなめ派」でなくて、「テレッサ派」
たとえ運動神経悪くても、指揮官として、上司としても一流。十代の女の子である一方、軍人としてのプロ意識も高くてカッコいい。
ストーリーの都合上とはいえ、主人公のソウスケが選んだのは……ああ、勿体ない。私ならテレッサだ。

その他、藤本ひとみが「ユメミと銀の薔薇騎士団シリーズ」を加筆、新バージョンで発売して堂々完結、大人になってもライトノベルズ、結構楽しんでおります。

田中芳樹「灼熱の竜騎兵【レッドホットドラグーン】」完結させてくれないかな。

私の個人的見解ですが、ちゃんと完結した作品が少ないというのが、ラノベの欠点なのです……・

スポンサーサイト
塾のあっち側
 先日、亭主と居酒屋で酒の勢いで聞いてみる。
「ブログやってみたい」
 日本酒熱燗三合呑んだ酔っぱらいの状態なら
「やればぁ?」と言うかもしれん。そう思っての作戦でしたが。
「許さん」でした。仕方がない。
 このブログは、墓まで持っていこう。

さて、この間の作劇塾の合評だったのですが。
今現在書いているのが、ホラーです。

『感染したら、理性と知能が低下して、人を喰いたくなるウィルスがこの世界に持ち込まれる。それに感染したものの、自我と知能はそのまま、人だけ喰うようになった元優等生ヤンキーと、過去に仲が良かった同級生の少女、そしてウィルスを駆逐するために、この場所にやって来た苦労性の美少年と、無表情な超絶美人のお話』

第一章 ヤンキーがウィルスに感染し、同時に感染した仲間同士で共食い
第二章 主人公の女子高生、変な出来事に巻き込まれ、正体不明の二人組と知り合う。
第三章 ヤンキーの中学時代の回想

先生からの評価とアドバイス。
「三章はいらん。過去に遡って話を止めずに、このまま現在進行形のストーリーを進めろ」
「過去、不必要ですか?」
「まだ最初の方で、読者にはまだヤンキーという登場人物にまだ思い入れとかない。例えば、初対面の相手に己の過去をいきなり話されても困るやろ。親しい相手ならまだしも」

成程、過去に遡るなら、もっと話が進行してから。その例えがすごく納得です。

「あと、軍隊出すならちゃんと組織を勉強するように。架空世界を書くには、現実の政治や経済、題材にする組織をちゃんと知ってからでないと、リアルな架空は作られへん。何だかカッコ良さげとか、そんなので出したら話にボロが出る。後、会話に三点リーダー多すぎ」

そして、返ってきたT野さんの感想。

「作品のコンセプトが分からない。第一章、ヤンキーが感染して人でなくなっていく過程はスティーブン・キング的ホラーだし、第二章女子高生の部分は典型的ライトノベルズの展開。二つの話の雰囲気が異なり過ぎていて、世界観が一致していない」

パソコンで送った私の作品を前に、半眼で腕組みしているT野さんの姿が想像できます。しかも口はへの字でした。

>>続きを読む
生活の小ネタ
今のところ、亭主にブログはばれていない。おかげさまで偽りの平和を享受しております。
ですけどねぇ、もしもこれがばれて離婚するとすれば、浮気に借金に暴力、嫁姑の不和という、真っ当な理由で婚姻生活に悩む方々にに申し訳がたちませんね。

もちろん、そうなれば一応私としても「離婚やだ」といって家庭裁判所に申し立てをさせてもらいますが、そんなクッダラナイ理由の離婚劇に関わってしまうだなんてと、裁判所の皆様方の仕事の情熱を奪ってしまいそうです。

さて、タイトルに『文鳥』があるので、少々記述させて頂きますと、今、我が家の桜文鳥は「換羽期」のせいで凶暴です。
小鳥を飼った事がある方ならご存知かもしれませんが、羽の抜け換わりの時期はホルモンの関係とか、体力を消耗する事もあって、かなり気が荒くなるのです。

あの可愛かったピーちゃんの豹変ぶり。モフモフだった羽が抜けて、禿げあがっているのはとにかく、手を出したら乗ってくるどころか、唸るわ騒ぐわ、クチバシでつつくわ噛むわつねるわ、その恐ろしさ、「エクソシスト」で悪魔に憑かれたリーガンを彷彿とさせる程です。

もしくは、ヒッチコックの『鳥』スケールダウンの家庭版。

毎朝の小屋掃除に水替えと餌の入れ替えが大変だわ。こないだは小屋掃除の最中、手の甲を思い切り噛まれて、コイツ、聖水でもぶっかけてやろうかと、ふと考えてしまいました。

しないけど。

話変わりますが、この間初めてネトラジの参加と、「幽界案内」の撮影を見せて頂きました。

「照明は大事なんやで」と、先生。

照明、スポットの当て方で陰影を調節することによって、映像が変わってくるのですね。
太陽光線と普通の照明の違い、そしてスタジオのセットで屋内を作るにしても、窓から差し込む太陽光線などの演出も必要なので、方角を入れた見取り図があるとか。

そういえば、林真理子さんのエッセイで読んだことがあります。女優さんが撮影所で一番気を使うのは、照明係だと。
綺麗に撮ってもらわないといけませんからね。

……へぇ……知らなかった。

そして、録画のカメラ。
Uさんがそれで撮影準備をされているのを見ながら、
「最近のは小さくなりましたね。そういえばパスポートサイズってありましたよね」
「……いえ、このカメラも古いですよ。10年前のです」

えーこれだって文庫本より小さいじゃん。
「最近のは、握りやすい横長なんですよ。それに、そのパスポートサイズって……かなり古いです」

後、三脚は思っているより軽いですねぇとか、カメラは三脚にネジで固定していたのかとか、色々と見せて頂きました。
ありがとうございます。ホンっとに知らないんですよ。
子供もいないし旅行もしない夫婦の日々に、録画という行為は縁がないのです。

後は、公民館の部屋は借り賃が安いとか、最近の隠しカメラは指先くらいで、ホントに小さいとか、そういった事も雑談で聞けまして。

仕事あると、生活は行動範囲も時間も限定されがちなので、こういう体験はかなり貴重。
「へー知らなかった」
こんな生活の「小ネタ」を仕入れると、結構嬉しいものです。
続・塾の裏側
さて、書きなおし。どう話を進めれば良いのやら。

つらつら考える私の頭の中に、Sさんの言葉が天啓になりました。

『感染したヤンキーが人を喰う場面、冒頭にあったほうが面白くないですか?』

私の話の作り方は、パッチワークに似ています。浮かんだ台詞に場面をつなぎ合わせて、補正したり編集していく感じ。
Sさんの言葉は見事なピースとなって頭に再現。これを材料にして、ほかの部分をつなげば……?

うわ、話がつながるつながる、まわるまわる。

自分の脳内に拍手したくなる瞬間です。人知れず、思い切り自己陶酔に浸って心の中で高笑い。歓喜と祝福で彩られる妄想力、こんな麻薬があるから「小説書き」はやめられない。

大幅改稿の上で再再提出。そして評価。

「前より良くなった」

まだ話は冒頭部分で、ちゃんと最後に着地できるかどうかは分かりませんが、これは嬉しい。

「ところで先生、あまり作品を褒めたりして下さいませんよね?」

かなり無粋な質問にかかわらず、先生はあっさりと仰いました。

「褒めてどないすんねん。専門学校の先生なら、生徒はお客様だから褒めるけどな」

そうでした。こっちは師弟関係ですね。お師匠様は弟子を鍛えることはあっても、そんなに褒めませんね。
ですので「褒められたがり」としては、合評時には、このような脳内変換する事にしました。

「欠点を指摘されていない場所は、「OK」と褒めてもらっている事にするか」

現実はとにかく、思い込みも武装の一種ですよ。
この場合、同じ塾生の○○さんや◎◎さんは、かなり褒められていたなど、つらつら思いだしてはいけません。
人とは、所詮己を通してしか世界をとらえることが出来ない。つまりは己が「無」と思ったものは世界には「無」なのです。

と、乱暴にカタをつけた、木曜日の夜の帰り道でした。

話は変わり、先生は過去の塾生さん達を、かなり心配しておいでです。
来なくなった方々には、環境の変化など、色々な事情があったかもしれません。

来なくなった塾生さん達は今でも、ちゃんと創作は続けているのか、夢を語っているのかと、たまに心配事で口に出されます。
……ふん。私の周囲はすべて放任と個人主義で、亭主にも文鳥にも友人にも職場でも心配してもらったこと、ありませんよ!

別に良いんですよ。先生に心配して頂ける方々が羨ましくなんてありません。私が何しようが知ったこっちゃないとしている無関心な人々のおかげで、今回もブログ更新がばれていないんだから。
お断りしておくけど、本当に羨ましくないんですからね!特に▲さん!



塾の裏側
小説家志望である。
ずっと以前から小説を書いてはいたが、作者と読者が同一人物である事に飽きた。自分のレベルがどの程度なのか、第三者の目に入れて批評してもらう事が必要だ……そう考えて、作劇塾の門を叩いたのは2011年11月。

それからは、仕事で通えなかった期間以外は毎回作品課題を提出し、先生と他の塾生の皆さんに批評してもらっていたのだが。

……一度も作品、褒めてもらった事がない。

いえ、そうでしょうとも。分かっています。そもそも作品を褒めてもらうために入ったのではない、作品にツッコミを入れてもらうために入塾したのだ。
と、分かっちゃいるけど、5月に提出した作品を散々「批評」されたのには参った。
入塾前から書いていた「シリーズ物」で、すでに主人公及びその背景、世界観が完全に出来上がっていたものだったので、かなり愛着がある。

同じ塾のT野さんに「短編ばっかりチマチマ書いてないで、長編書きましょうよ」のお言葉に
「じゃ、思い切って書くか」
と、かなり心臓を不安で軋ませながら提出した作品だった。簡単に話を説明すると。

『感染したら、理性と知能が低下して、人を喰いたくなるウィルスがこの世界に持ち込まれる。それに感染したものの、自我と知能はそのまま、人だけ喰うようになった元優等生ヤンキーと、過去に仲が良かった同級生の少女、そしてウィルスを駆逐するために、この場所にやって来た苦労性の美少年と、無表情な超絶美人のお話』

 それを2回にわたり提出。さて、先生からのその批評とは。

「ゾンビ出てきたり、大蛇出てきたり、何でもアリで話のポイントがつかめない」
「主人公が正体を最初からばらすのは興ざめ」
「何を書いているのか良く分からん」

そして、現在休塾中だけれども、作品を送って書評をして頂いているT野さんからは、鋭すぎるツッコミ。要約すると。

「登場するヤンキーがテンプレート過ぎ。古い。悪ふざけ元で殺されるのも13日の金曜日のパターン過ぎ」
「ラノベっぽいけど、世の中に出回っているラノベの設定に負けている」
「SFもどきなのかホラーなのか、良く分からない」
……お、穏やかなT野さんに、こんなキッツい書評をもらうとは……流石はSF好き、中途半端なSFは許されない。
そして他の皆さん、N野さんからは「工場跡地の冒頭場面が想像しずらい」等など
Sさんからは「感染したヤンキーが人を喰う場面、冒頭にあったほうが面白くないですか?」

その後の飲み会で、酒に勢いを借りて、つい先生に訴えてしまいました。

「たまには褒めて下さいよ」
「プロの俺だって編集に赤入れられるし? 褒められたい?ほー  」

そこで褒めてもらいました。

「あなたは凄い才能があります、いや凄い、漱石に康成をも凌駕するその才能、いやー素晴らしいわ凄いわ、俺なんかとても及びません、あなたの前で、文章を書いているなんて恥ずかしいです、イヤー凄い凄い」

……チューハイ片手にすごく虚ろな気分になりましたよ。
スイマセン、もう良いですと頭を下げて許して頂きました。

続く



「誰でもよかった」
先日、私の職場の女性が泣きながら私に訴えてきた。

「聞いてくださいよぉ~!!私の好きなアイドルのハイタッチが無くなるかもしれないんですぅぅ!」
5月26日に起きたAKB切りつけ事件の影響で、あちこちのイベントの「握手」「ハイタッチ」が自粛されたのですね。
おかげで、彼女の愛する男性アイドルグループも、このファンサービスの実行を危ぶんでいるそうで。

ちなみにそのグループ、発売のCD7枚対して、ハイタッチ券が1枚入っているそうです。
彼女はそのハイタッチ券を手に入れんがために、同じCDを複数枚買い求めているのだとか。
……そんな買い物してまで手に入れるサービスが中止、そりゃ泣くわ。

栗色の髪を乱しながら、「○○くーん」とアイドルの名を叫び、泣き崩れる彼女。

お断り申し上げますと、彼女は立派な営業職の女性です。

彼女は朝早く、定時前に出社し、時には終電で帰宅します。この間も終電で出くわしました。
彼女は仕事帰り、私は仕事終えて飲んだ帰りでした。

彼女に限らず、他にも大勢いると思うのですね、こんなファン。
可愛いアイドルの姿に声援とお祭り騒ぎ、コンサートやイベントの様子を、中継で見るファンたちの熱狂的姿は、あまりにも「すげぇ」ものですが、一方ではあのエネルギーが、皆の仕事への活力や生活の気力へ繋がっていくわけです。

それがあなた、犯人の犯行動機。
「誰でも良かった」ですよ。

事件を起こす理由に、これ以上この世で一番馬鹿馬鹿しく、くだらない理由はないですね。
自分以外の誰かの事を、全く目に入れず、頭にもない人間の思考です。
「誰でもいい」なんて、自分以外は人間扱いしていない奴、そんな奴のせいで多くの真っ当な人の、楽しみを奪われそうになったのです。
これから先のイベントを楽しみに今日も頑張る、そんな真面目な人、周囲にいませんか?

……彼女の悲嘆ぶりに、つい私も抱えていた不安を口にしていました。

「新製品も出たことだし、近いうちに梅田のキディランドに「リラック○」が遊びに来ると思うのよ。彼を取り囲んで、撮影会とかあると思うんだけどね」

この切りつけ事件の余波で、私とリラック○との距離が遠ざかったらどうしよう。

……彼女は無言で仕事に戻って行きました。











再スタート
二年ぶりの更新。

先日、塾の後の飲み会(と、言っても今回は先生と二人のみ!塾始まって以来の出来事らしい…)にて、ブログの必要性について滔々とお教え頂いたのだ。

「ブログ書く行為は、面白い事を探す行為に直結する。それはネタ探す事、自分を語ることでもある。それは作家志望として必要やろ」

「作家になって本出したとして、それを宣伝するツールがいる。本売るのは、出版社任せにせず、自分でも宣伝せなあかん」

「ブログがきっかけで、仕事来ることあるねんで。俺が先日行った講演も、俺のブログを読んでくれている人が連絡くれたんや。マシロヤも仕事来てるし」

……ハイ、確かに先生は2011年終わりに私が塾に入り、門下生となった頃からブログの重要性を教えてくださっておりました。

それに対し、私は「時間ない」 この文句によって逃げていたわけです。

掃除も料理もほとんどせず、子供もいない。それでもフルタイムで働く女は、小説課題と読書とNHKドイツ語会話15分と、しかもDVDという娯楽があれば、壊滅的に時間が無くなるのです。睡眠時間は7時間ですがね。

「寝る時間削れや」

先生、その時間出来たら、小説書き上げたいです。作家志望は書くことが最初でしょ。

しかし、相手は先生なのです。
実際にそれをなさり、道を切り開いたからこその助言である。師の助言を受け入れず、自分で自分のやり方を貫き通し、それで成功する人もいるでしょうけど、私はそれだけの説得力は持ってない。

……と、言うわけでブログ再開。

ですが先生、あの日に言わなかったことですが、私がブログをしたくなかった本当の理由は、

strong>旦那の超絶大反対

なのでした。ほら、過去色々事件合ったじゃないですか。ブログのせいで殺人とか殺傷沙汰とか。
そのせいで旦那はブログに拒否反応を示しているのでした。
妻の飲み会による朝帰りも、一晩じゅうの怪談イベント参加も、一人海外旅行も、夕食は毎日スーパーのお惣菜エブリディ
も、全く平気な男がですよ。

「もしもやったら離婚」

とまで言われています。
危ない橋どころか、「カサンドラクロス」ですよ。

どうかこのブログがばれませんように……。