陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
駄文更新
子供の頃観てしまい、トラウマを植えつけられたくせに、話の内容をハッキリ憶えていない。

でもストーリーそれ自体は有名なので知っている映画、それがオーメン。

30年ぶりに観てみました。思えば初めて観たのは小学生の頃の土曜ロードショウ。よく考えたら、初めて真面目に通しで観るぞ、オーメンⅠとⅡ、Ⅲ。

まずⅠで、グレゴリーパパの苦悩に涙ぐむ。
我が子が悪魔の子だと神父に忠告されても、ギリギリのところまで信じないのです。奥さんが殺されて、そして実は我が子も生まれてすぐに殺されていたと知り、一緒にダミアンの調査していた記者が殺されても、クライマックス、教会で悪魔の子を殺そうとするのですが、「パパ、やめて」と怯えるダミアンに、最後の最後までためらっている。
ダミアンを息子にして、愛する妻と一緒に子育てしている最初のシーンを思い出すと、泣きましたね。

Ⅱで、ダミアンに号泣。
ダミアンは叔父夫婦に引き取られています。
そこの従兄、マークととっても仲良し、幸せそうなのです。叔父夫婦にも可愛がられ育った事が透けて見えます。
それなのに、ああそれなのに、入学した先の士官学校の教官と、叔父の部下が悪魔の手先……ダミアンの周囲に殺しの暗雲が広がる!
ダミアンに、自分自身の正体を教えるお節介な教官悪魔。自分の後頭部に「666」のマークを見つけて、ショックを受けるダミアン。「何故、僕なんだ!」湖で泣き叫ぶシーンが悲しい。

それにですね、今回も次々と人が死ぬけど、ダミアンは直接には関係なし。殺しまくっているのは悪魔の手先だし。

そもそも、ダミアンは自分が悪魔の子だという自覚はないのです。グレゴリーパパに殺されかけた事が、心の傷になっている事もうかがえるシーンがあります。
だとすれば、教会での「パパ、やめて」Ⅰのあのセリフ、すげえ悲しいじゃないですか。

そして、自分が悪魔の子だと従兄のマークに知られてしまうダミアン。
「(マークに)一緒に来てくれ」
マークとは兄弟みたいな、それ以上の存在です。
悪魔であろうと、根っこはまだ13の子供で、マークが大好き。
自分の能力を自覚していても、それでもマークを乞うダミアン。
「僕を跪かせようとするな」

なのにマークは「反キリストとは兄弟になれない」と、悪魔であるダミアンを拒否。

力を使い、マークを殺すダミアン。ダミアンが初めて自分の意志で殺した相手は、愛していた従兄。
マークの亡骸を前に、泣き叫ぶダミアンへ、こっちも「マークの阿呆!」と号泣です。

いーじゃないかいーじゃないか、二人で生きていけば! マークの馬鹿! それだけ愛されるのって、滅多に無いぞ!可愛い弟分のために、信仰くらい捨てろ!

……て、文句付けても、それがまあ、オーメンⅡですけどね。

そして、アイスホッケーの最中に叔父の部下が割れた氷に落ちて、氷の下に流されていくシーン、ああ、そうよ、これよこれだわ私のトラウマ。本当に撮影で流されていたらしいです。水中カメラマンが被害者の視点から撮影。
トラウマが二乗になりました。有難うございます、ドナー監督の作品解説。

Ⅲ、全てにおいて、違う意味で泣く。

悪魔の子、ダミアンを亡きものにせんと、迫りくる刺客7人衆。
しかし、悪魔ダミアン暗殺に失敗というよりも、自滅しまくる修道僧たち!

いつの間にやらイギリスで「悪魔崇拝団体」を結成、その頭となっているダミアン!

救世主の生まれ変わりの可能性のある赤子を、手下を使って殺していくダミアン!

愛人の息子との「一心同体」を狙うダミアン。意味は深く考えないでおこう。

結局、神様が勝つんですけど……あのぉ、それまでに自殺者1名、赤ん坊たちは殺されちゃっているし、7人の修行僧全滅だし、この勝利は素直に喜んでいいのでせうか……。

ⅠとⅡで流した涙を乾かしながら、悩む映画鑑賞の夜中でした。





スポンサーサイト
塾の裏側
設定し直し、無事に提出してついに合評。

フツーの女子高生のヒロインも、食人ウィルスに感染。でも彼女は発症しない、いわゆるキャリアというもの。
でも発症しないとも限らないし、感染源となる恐れもあるので、高校生軍人二人組が彼女の監視に付く事になり、いう設定を追加。
話を面白くするには、主人公に「追い詰められた感」が必要ですという助言から得た発想。

「……」

まあ、いいけどさ、と仰いたげな先生の表情。

「これからがどう展開するやな。ところで、軍人とはプロフェッショナルやで」
ライトノベルズにありがちな、十代の軍人が出てくるのがお気に召さない様子。

その後の飲み会にて。

我が合評作品の話題。そのやり取りで「いいじゃないですかラノベ的展開で悪いっすか」と「ラノベだからといって逃げ道作るんじゃないよラノベなめるなよ」先生と私ブウブウとやり取り。
ちなみに、この論争が始まる頃には、先生はビールだのウィスキーだのとかなり飲まれています。私はすでにワイン一本とチューハイ一本空けてます。

酔っ払い二人の間で、T野さんが通訳。

「えー、ラノベやアニメには十代の軍人なんてよく出てきます。いわゆる、戦う存在のカッコいい記号と一つとして出てきます。僕らはライトノベルズやアニメを観ていますから、その辺り違和感はないのですが、ラノベを読まない世代の先生にとって、軍人とは大人のプロの職業です。そこで設定の在り方に、お互い齟齬が生じるのです」

おおっナルホドでした。

そして、酔っ払い同士の話の間を取り持つ、シラフの人は必要だと痛感した日。

ちなみに、私の酒のチェイサーは必ずトマトジュースです。この夜通しの飲み会で、梅酒だのワインだのとアルコール分10%の酒を1リットル近くは飲みますが、同量のトマトジュースで悪酔いしません。

イマイチ周囲に普及しない悪酔い防止法ですが、お勧めです。









駄文更新
塾での雑談にて

「最近の親は、過保護やな」

先生の嘆き。

「子供に携帯持たせるな。寄り道したりできへんやんか。それでパソコンやゲーム与えるから、本も読まずにそんなゲームばかりするんや」

まあ、そうですね。確かに外遊びする子が減っているらしいです。
ドラえもんに出てくる空き地とか、空き屋とか、子供の冒険場所も減ってきたのかなぁ。
秘密基地なんか、まだあるのかな。
鬼ごっこだの、だるまさんだのかくれんぼだの、走り回って自分の世界を探検して広げていく、あの楽しさを知らないとすれば、可哀想なものです。

ゲームなんか四〇過ぎても出来るけど、かくれんぼや鬼ごっこなんか、出来るのは小学生までです。
正に期間限定の遊びなんだから。
あの遊びの楽しさを知っているか否かで、子供の逞しさとか、幸せ度は分かれると思う。

「まあ、でも私、子供を自分の目の届く範囲に置きたがる、親御さんの気持ちも分かります」

変質者という存在ですよ。

ロリコンだろうがショタだろうが、妄想世界だけで遊んでいるだけなら別に良いですよ。
実力行使に及ぶゲスがいるから、いかんのです。

いたでしょ、女の子誘拐して、監禁して自分のモノにしようとしていたドゲスが。
そんな奴がいる限り、子供にGPS持たせて帰り道は大丈夫かとか、監視したくもなりますって。

「と、言う訳で、子供の過保護の原因の一つは、変質者なのです」

あんなもの、裁判にかけて心理鑑定して、心の闇とか成育歴とか、研究に役立つデータさえとったら、さっさと処分してしまえ。

思うのです。この世には、ロリコンだろうと何だろうと、その嗜好を妄想だけにとどめ、理性で隠して真っ当な生活をする人もいるのではないかと。
事件が起きるたびに「あんな罪人と一緒にするな」と怒っている人がいるのではと。

あの存在さえなくなれば、世の親御さんと、そういう嗜好の理性的人たちの心は、少しは穏やかになると思うのですが。

塾のこちら側
去年5月頃(だったっけ)
このラノベホラーを合評課題にした際の事を思い出してみると、先生はこうおっしゃった。
「ラノベとホラーは難しいで」

で、私は抵抗してみた。
「やってみたいんですよ。どうせ習作だし」

「どうしてみんな、ラノベ書きたいっていうかな」

ジャンルの自由度が高いですからね。それに、私にとってもなじみある媒体です。
書いてみたいではないですか。
それに、考えついた高校生軍人二人と、女子高生の三人組キャラクターがラノベ向きなモノで。

……そして、今現在。

「ラノベ、向いてないで」
「えー、書かせて下さいよ、どうせ習作じゃないですか」
「どうせ習作じゃないですかってな、プロの練習用に書いているんだろ」
「じゃあ、一度全部書き上げてから、調整してみるってことで」
「書き上げるも何も、なんだか話が止まっているし。ラノベ部分は面白くないし、キャラクター薄いし。人を喰う部分は良いけどさ、もう普通のホラーにすれば?」


ぎゃあぎゃあとバトルを繰り広げました。
教室から始まり、徹夜の飲み会まで「このまま書かせろ」ぶうぶうと文句たれたのですが。

「いやーだってほんとにラノベ部分、ラノベとは言えませんねーキャラクターの『可愛さ』が弱いです」
「ホラー部分とラノベ部分、雰囲気に落差ありすぎ」
「笑いも笑いになってないしな」

厭な団結力を示す、飲み会メンバーの皆さん。

で、朝日が昇った時間に出た結論
「設定変えて、書き直し」

帰り道の、T野さんの慰めの言葉。

「ぼくも三回書き直しましたから」

……設定変更、提出期限は一週間。

やれやれです。この道を歩くのは好きだけど、たまにへこむな。





駄文更新
趣味は文章の読み書きに散歩、たまに音楽を聞く。

問題が起きれば、一人でうじうじ悩む。
何で人に自分の恥や不幸を晒さねばならんのだ。相手がプロのカウンセラーならとにかく。

と、1人で完結できる趣味しか持たず、人様に自分の弱みを晒したくない見栄っ張り体質。

誰かとで飲む場合、皿のツマミが奇数の場合、配分に悩みませんか? 注文も自分が好物でも、相手の嫌いなものは避けちゃうしさ。そして、割り勘で酒を飲む場合、一番困るのは相手の酒量。自分以上に飲む相手なら遠慮はいらないけど、それ以下だとセーブしちゃうじゃないの。

旅行……これはオソロシイ。一緒に行って仲たがいした話は星の数。まず、行列に並べるか否かがポイントね。せっかく行ったからには、行列に入ってでもと目的達成タイプ。そんな時間勿体ない、観光に回そうよとせっかちタイプ。
観たいモノバラバラ、あー良くある話。買物と食事にしても、ローカル市場や屋台大好きタイプと、その国のブランドを見たいし、名物レストラン目指す人と、真っ二つですもん。
行きと帰り、全然違う仲になっていたとは、話を良く聞きました。

と、いう訳で旅行は1人主義。

寂しくはない。でも不便な事がありまして。

イチゴ狩りに行きたい。

一度で良いから、すごく行きたい。

焼き肉だって、海外旅行だって、独りで行ける。最近はつい1人カラオケに手を出した。
でもこればっかりは勇気が出ない。
だって独りですよ? 「イチゴ狩り」じゃなくて、「食料調達」じゃないの。

結論:人は独りでは……生きられるけど、不便だ。