陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
純文学とホラー
毎週日曜日の更新を心がけていますが、昨日24日はパソコンのインターネットが使えなくなり、更新できず。

今日は無事です。あー良かった。インターネットが使えないPCなんか、只のワープロだ。

さて、最近純文学が妙に面白いのです。

さて、純文学は人間の心や生活を書いた、娯楽性よりも芸術性あるもので、昔はあまり手に取らなかったのですが。
と、ある敬愛するホラー作家の方が、対談集で押されていた純文学を読んでみたら、これが面白い。

娯楽性とは違う場所に、その面白さがあるのです。語り口や構成の妙。情景描写の的確さや、人の心のち密な解剖。
映像を楽しむではなく、文章の流れを楽しむ。ハラハラではない、しみじみ。
エンタメが遊園地なら、純文学は日本庭園ですね。
走り回るではなくて、腰かけて風景を楽しむ。

その風景も、人間の心を切り取っている以上、時に怖いモノがひょっこり出てくる。

高井有一の「俄瀧」
突然、女子高生に駅のプラットフォームに突き落とされた男。
女子高生は、どう見ても普通の少女。しかし、駅の券売機に割り込んだ主人公を口汚くののしり、それを無視した男をホームから突き落とす。
骨を折って、入院している主人公の病室に、母親と一緒に謝罪に来る少女なのですが、その姿に、男は戦時中に過ごした子供時代など、自分の過去を色々と思い出す。
突然噴出する暴力性を、淡々と静謐に描いています。イヤだなあ。

石川達三の「悪女の手記」
私生児として生まれ、育ったヒロインは、男の身勝手さに振り回された母に反発して成長するのですが、自分も同じように男に裏切られ、身ごもってしまう。
自殺未遂から生還したヒロインは、男への復讐心と生活のために、我が恩師の夫ですら関係し、人の良い老紳士を手玉にとり生きていくのですが・・・・・・文章は、事件を起こして裁きを受ける身となった彼女が、自分の弁護を引き受けた弁護士(子供の父親)に送る書簡の形で描かれています(まだ読んでいる途中)
恨みつらみや女のエゴイズム、悲しさと逞しさが、高尚かつ流麗につづられている女の物語。
昔の男(現:弁護士)への恨みつらみっぷりが、感情的かつ知的で素敵。
暗くて怖い。でも、こんな見事な言葉で恨みをを聞かされるなら、つい聞き惚れてしまうかも。

恐怖というのは、人それぞれ見ている対象や形が異なる、結構複雑な感情でありまして、人の心を緻密に描写している純文学に、その描き方のヒントがあるかなーなどと思って読んでいたのですが。

面白いや。やっぱり、本は探しものより、読むものだわ。






スポンサーサイト
塾のそちら側
課題は設定変更。

SFを捨てて軍隊を捨て、青春も甘酸っぱい恋も捨て、完全ホラーへ。

「あー世界観はこれでいいわ」

えーえーえーえー、もう完全血塗れですよ。
前回の話は、朝に読んでも良い爽やかさはありましたが、もうグロと鬱を柱にします。
美形も出さないし、かわゆい女の子も萌えもなし。

こうなったら【厭な死に方】【厭な殺され方】【厭な立場】を追求しようじゃないですか。

「ところで、ハイ」 
先生が取りだされたのは、二枚のプリント。
「書き直してみた。読んでみい」

・・・・・・私の課題小説、冒頭2ページが先生の文章で書き直されている!

うわああ、新耳袋の文体じゃぁ! わ、わたしの課題小説が、怪談狩りの文章となっている!
いや、これはすげえぞ、さあ、作家志望の皆さん、この塾に入って真面目に課題を出し続けて、それでも欠点が治らなければ、中山市朗先生自らの、直々の書き直しをして頂けますよ!

「うっわー、削られてますねえ。我が文章」
「思いっきり削れるやろ」
「頭の中の映像を、文章に起こしてますからね。どうしてもその辺り、綿密というか説明しちゃうというか」
「あんまりごちゃごちゃ書かれても、読むのにしんどい。ある程度、読者の想像に委ねろ」

読みやすさは考えていたんだけどね・・・・・・。

いつだったか、SFの書き方がなっとらん! と同じ塾生に書き直されてしまった記憶がよみがえる。
私のヘの字口に何を思われたか、先生が一言。

「まあ、自分の文体も個性の一つやけど、書きようによっちゃ全然ちゃうで。投稿して落ちたのも、その原因もアリちゃうか」

・・・・・・かもですね。
思い起こせば、ちょっと クドクドと書きすぎた感あるから。

「スリムに、分かりやすく、余計な情報イラン」

そして、課題を書き直してみながら気がつく。
簡単で分かりやすい文章って、難しいぞコレ。
なんだかんだ言っても、読み手の想像力をちゃんと意識する必要がある。シンプルなキーワードで、状況を分かりやすく語るのが技量。

そして何といっても、変更した設定の、その筋がまだ定まっていない!
うーんうーんと呻きながら、とりあえずカトリーヌ・アルレーの「わらの女」を読みふけってみる。

こういう時は、分野が全然違う話を読んでいた方が、よほど話が浮かんでいたのですが、今回はどうなるか。
・・・・・・タイムリミット、21日木曜日!
















愚痴愚痴
愚痴を聞くのは嫌いと公言している以上、人様に愚痴をお聞かせする事は出来ない。

ダンナは言う。好きな事やっているんだろ、ならば愚痴を言うなよと。難所込みでそいつが好きなんだろうと。

分かっちゃいますよ。それは正論ですよ。でもさあ、どうしても吐き出したいのです。

時間欲しい

何故? 以前よりも仕事から帰る時間は早くなっているし、今のところ扶養家族は文鳥のぴーちゃんだけで、家事は手を抜きまくっているというのに。

なんでこんなに課題も何もはかどらないの? 


時間の問題か、やる気の問題か、要領の問題か?


そして自分に聞いてみる。
思い出せ。時間があった無職時代、キミは小説を書いていたかね?と。
いやいやいやいや、全然書いていなかったな。いや、書けなかったね。時間あったけど、何を書いて良いのか分からなかったしな。

時間があればいいってものじゃないと、あの時思ったよ。

ほう、すると時間ではないということになるな。

じゃあ、今ある真の問題は何かな?
一応、書きたいものは出来ているじゃないの、と自分に問いかけてみる。

すると、答えが・・・・・・

ま、まさか問題は、才・・・・・・の、お・・・・・・

その瞬間、見たくないモノは蓋をして、さっさと心のダークサイドへ封印。

さて、もう寝るか。

そうやって、自分を誤魔化して日々を過ごすのでした。





初体験・・・・・・幹事
開塾11周年と先生のお誕生日、おめでとうございます。

まさかこんなに人が来て下さるとは思わなんだ。東京に行った人もいるし、何せ会社では上期新年度スタートの日。仕事の都合がつかない人だっているだろうと、そう思いきや。

焼き肉パーティだったんですが、煙で部屋の中は真っ白でした。あるお方の証言によると、エレベーターまで肉の匂いが染みついていたそうです。
マンションの住人の方々、公共のスペースまで影響を及ぼして申し訳ありません。

途中、肉が無くなるかもと思いひやひや。皆が食べモノよりも話に夢中だったから良かったもんだよな。
そして思い返すと、女性の方が大勢いらしたのに、甘いものが足りなかったかも。
自分が甘いモノ好きのくせに、何という事だ。

反省点多い、今回の幹事役・・・・・・。

でも今回、滅多に会えない人やなかなか会えない人まで来て頂き、とても嬉しかったです。

すみません、風邪のため、今回はここまでです。

4月8日から、新しい教室で塾がスタート、そして私ごとの課題も設定練り直しで新しいスタート。

やれやれ。