陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
塾の裏側
合評。

久しぶりだなあ、嬉しいなあ、だって前回会社行事のせいで欠席し、塾の休みとお化け屋敷イベントで日程が延びていましたからねえ。

そして今回。先生には怪談の魔のホストというお勤めがあるので、塾の開始はかなりずれてから。
ネトラジ収録の後スタート。
「……あのお、そろそろ合評を……」
「あーそうか。やるんか。しかしせっかくの原稿の文字が二重に見えるな、けけけ」

人の悪いお戯れはおやめください。

まあ、それでも真っ当に合評は進む。
O君のファンタジー小説に対して「描写の問題点」「米軍のオペレーションはどうなっている?」
こういう時の作戦行動はどうこうと、よくこんな状態でまともな意見を述べられるなT野さん。

さて、次は私。

新章。人食いウィルスに感染した主人公が、仲間を食い散らかした後に自宅にご帰還。
視点はその隣に住む、幼馴染の同級生、少女に変わります。

主人公の事を子供の頃から好きだった少女。世話焼きで、家出していた主人公を今まで心配しておりまして。
でも、主人公は彼女に無関心。彼にとっては私は何なのと不安に想う少女。
そんな中、少女を映画に誘い、果敢にアタックする純情(?)少年が! クラスメイトやその周辺も、少年と少女をくっつけたがっている!

「付き合ってみたら?彼、性格も良い奴だし、あんたに必死じゃないの。そのうち好きになるかもよ」

ずっと主人公を想い続ける少女は言い放つ。

「私はね、相手に好かれたから好きになるっていうのとは違うの」

そして、ついに少女は真夜中、外に出ようとする主人公を見つけて追いかける。
今まで心配していたことを訴える少女。何かあったら相談してといっているのに、全然話もしてくれないじゃないのと。
せめてと主人公に取りすがる少女。

「携帯の番号、教えて……つながらないの。番号、変えた?」
「もう、持ってない」
「じゃあ、私の番号憶えてる? 何なら教え……」
「必要ない」

冷淡すぎる主人公に対し、悲しみのあまり、激昂する少女。

「分かっているの? 私があなたを見捨てたら、もうあなたには誰もいないんだよ?」
「別に、私はあなただけじゃないんだから! 他にもいるのよ、私、あなた以外の人を好きになるわよ、それでもいいの!」

主人公に手を伸ばし、振り払われる少女。冷たいアスファルトの上で、呆然と去っていく主人公を見送る……という〆。

「こういう押しつけがましい女って嫌いでしてね。幼馴染にありがち。アンチ・幼馴染ですよ」
テンプレですがねえという声もありますが。
「でも、 俺、こういうタイプの女の子って嫌いじゃないけど」

(私の嫌いなタイプ)幼馴染の少女に同情的なみなさんに、ちょっと聞いてみる私。

「んじゃ、これがスリーサイズが100・100・100の少女だとすればどう思うんです?」
彼女に恋慕する純情少年はデブ専ってことで。

その時、部屋が沸いた。
正に瞬間沸騰。

「えー! この行動形式と話の流れとセリフで、美少女を想像していたのに!」
「そりゃ得也も冷淡だわ。絶対に携帯番号教えんわ」
「周囲もそりゃあ面白がるわな。純情少年とくっつけたがるわ」

ちなみに、この時、マッコリ半分飲み干していた私の状態です。
随分、この冗談が受けたもんだ。

そして、結論。

「100・100・100のスリーサイズの幼馴染ってことで、このまま書け」
そっちの方が面白い、と先生。

え?
あの、これはですね、100・100・100は冗談でして……
これ、そもそもホラーですけど。

「ええやん。どうせなら狂ったもん書け。どうせこの話自体が狂った話やんけ」
「この小説、元々第1章から変な人しか出てないじゃないですか」

……いいの? 
スリーサイズ100・100・100で書き進めるの? 



合評開始時刻は午前2時ごろ、終了時刻は午前3時半。
乱立するビールの空き缶、焼き鳥の串が散乱するテーブルの上で交わされた合評。

こんな状態で導き出されたこの結論と、今後の指標に従うべきなのか。

ええええええ







休みなので更新
出来るだけ毎日ブログを更新せい、と先生のお言葉。
毎日書くことを見つけろ、ネタを探し出すことが、クリエイターの修行だと。

金曜日の夜は更新できないのですが、本日は休暇のため更新。

平日に2日間休みを取ったので、土日を入れて4日間の夏休み、ふふふふふ・・・…とほくそ笑んでいたのでした。
部屋の掃除に整理、あれも読んじゃえこれも読もう。映画も観るぜと、仕事中にも関わらず、休暇スケジュールまで作成していたというのに。

……思ったほど、平日の2日間って短いわね。
午前はすぐ終わり、午後が来る。そして夜が来る。

暑いので、外に出たくない、ゴロゴロし、ホコリ被った本の整理をしながら読みふけって、さらにほこりまみれに。
小説で指輪のシーンを書いていたら「ブルガリってどんなのだっけ」とインターネットを検索し、そのままネットの森へとハイキング。

取り入れた洗濯物の洞くつで遊ぶ、文鳥のぴいちゃんを横目に見ながら、つい昼寝。

目的意識を持たないと、心は糸の切れた凧のよう。

暑いから目的意識が途切れるのか、途切れているから暑いのか。

クーラーのスイッチを入れるかどうか、思案中。

例えば男であったなら
もしも、この性格のままで、性別が逆であったなら……そんな妄想したことはないでしょうか。
私は結構ありますね。すでに名もある別人格として存在しているほどです。

性格は同じでも、周囲の接し方や教育、それに男女では文化も違うので、生活様式の考え方や、趣味は違ってくるでしょうね。

そこで思う。男だったら、絶対にプラモにはまっていただろうな。

先日、阪急にぶらりと入ったついでに、タミヤの催しを見てきました。その横は鉄道模型。でも人が並んでいたのでお隣のタミヤへ。

……やばい。

見ているうちに怖くなった。
戦車やバイク、展示されている完成模型が、すごくリアル。

日本の自衛隊が、アメリカの砂漠地帯で演習している風景を切り取ったジオラマが展示されていたのですが、何とも言えずすごい。
砂漠の砂の質感、ホコリにまみれた戦車の重量感に、人形の動きが、リアルの一言。

模型は、言ってしまえば玩具。
でもその玩具に、塗装や改造のテクニックを施すことによって、もう一つの世界を作り出す。
脳内風景をミニチュアで再現することで、保有出来るんですね。

所有欲旺盛なワタシ。男に生まれていたら、絶対にプラモに、フィギュアに手を出していたに違いない。
だって、二次元も三次元化させて、手元に置くことが出来るじゃないですか。

すっげぇ作りたい、再現したい脳内風景があるの。うふふのふ。
別に、今からでもいいだろう。やれば? という声もありましたが。

人間への所有欲は薄いので、恋愛に溺れることは無きに等しく、今後もないであろう私ですが、それ以外に対する所有欲は通常の2・4倍はある。

いけません、目に見えています。足を踏み入れたが最後、すべての義務や役目を放り出し、模型道どころか模型の海に溺れる己の姿。シンナーと塗料、樹脂とパテが広がる世界。

予測できる不幸は回避。それが大人。

ところで、私の再現したい脳内風景とは……

己の書いた小説のシーンだったりして。







駄文更新:書くこと今昔
思えば、小説を書こうだなんて思い始めたのは中学二年くらいの時。
本当は漫画を描くのが好きだったのですが、私以上に上手な人が居て打ちのめされたこととか、絵ではなくて文字であれば、話がかけると安直に考えたことが発端。

最後まで書き終わることは出来なかったけど、頭に浮かぶシーンを文字で表すのは楽しかったな。
時間が経つのも気がつかず、平気で数時間書いていたっけ。

あの楽しさが原点です。思えばアニメに感化されたものばっかりだったけど、まあ仕方がない。子供ですから。

そして、今。

……なんだか、追いかけられている気がする。
当時と違うとしたら、そこだなあ。のほほんと書いていられなくなった、計算と技術、批評の目が入り乱れて、冷徹なものが入ったというか、遊び部分がそぎ落とされたというか。

良いのかなあ。これって、純粋さとは言わないけど、心境的に確実、何かが変わったぞ。

で、も、書いていたら時間経つのが早い。

楽しい、これが最後の砦になるのかな。
怪談の記憶
8月14日日曜日の午前25時半、北野誠さんの茶屋町怪談を聴いて後悔。
……怖いよ。笑えないよ。
松原タニシさんの話は、怖いやら可笑しいやらだったのですが、その後の2話が……いやだぁぁぁ。

うっかり足を踏み入れたことで、異界に侵食されていく日常。その後、元の日々に戻れるのかどうかも分からない不透明感。
そんな話を聴くと、私、これからも怪談好きで良いのかしら? と思わせられます。

さて、子供の頃から怪談好き、小学生の頃から幽霊話を好んでいた私。その範囲は大元なら扶桑社からメディアファクトリー、超怖いから2チャンネル、そして竹書房まで。おそらく結構な数を読んでいるはずなのですが、おかしなことがある。それは……

話があまり記憶に残らない。

はて? 

おかしいな、他のジャンルの本の内容は覚えているんですよ。ミステリーでもホラーでも、下手すりゃ25年以上前に読んだ本の細かい中身まで覚えている。
それなのに、3か月前に読んだばかりの実話怪談本の中身を忘れるって、何?

ぱらぱらめくっていたら、なんとなく思い出すんですけどね。
同じ本を何度でも楽しめるじゃないか……そんなことも考えたりして。

霊感全くなし、幽霊見たこともなく、感じたこともほとんどない。

しかし、先日『人形塚の家』に入って、そのいわくつき人形を目の当たりにしたとき、驚愕しました。
ぜんっぜん何も感じない。
凄い人形なんですよ? わざわざお祓いしたくらいの、もしくはお祓い断念された子もいるらしいのに。
これはいくら何でも、かえって大問題ではないのか?

もしかしてと思い当ったのは……今まで単なる超鈍感と思っていたものは、魔から身を守るための、何らかの防御機構だったのか。
だとすれば、怪談本の中身をすぐ忘れるのもそれか?

うわ……なんてことだ。

この体質なら、安心して怪談を楽しめる。








普通とヘンの境目
ネトラジの司会が近づく……

月に一度くらいの頻度でやってくるこの司会。テーマを考えるのですが、たまに「うわあああ、それ私がやろうと思っていたのに!」
と、いうのがある。
そして、このテーマで30分、うまく回せるのかね? ということも念頭に入れつつ、テーマを選ぶのですが。

さて、ずっと以前から悩んでいたことがありまして。
それは『変わり者』『普通の人』の基準はどこか?

ずっと前、私を変わり者呼ばわりした奴に「じゃあ、普通の基準は何だ?」
と聞き返すと黙り込みました。

「俺って変わり者扱いされるんだ」と言った男に「ならば、己がどう他人と違うのか、問いただしたのか?」
と聞けば、会話が終了。

おい、人を変わり者扱いするなら、変わり者を自任するなら、その辺の説明をちゃんとしてくれたまえ。
いまだ誰もちゃんと説明してくれないので、消化不良を起こしたままよ。どうしてくれる。

そもそも、普通の基準がわからん。人はそれぞれ違っていて当たり前だとか、一人一人の個性を尊重だとか、そんな言葉があふれているじゃないですか。
思考回路も行動形式も、個々で違っていて当たり前なら、変わり者という言葉自体が成り立たないぞ。

法律も社則も順守するこの私。世間や組織の持つ共通認識と、自分がかけ離れているとは思ったことないし。
何だよ、変わり者と言えば、犬と一緒に人里離れた山のふもとにでも住んでいる老人のイメージしか思い当りませんな。

この『普通の人』というふわっとしたイメージも、固まらないのですね。

と、いう訳で、ネトラジでやってみるかな、このテーマと思っているのですが……自分でも答えが出ないテーマを出して良いもんですかね。私の司会って、いちばん放送事故すれすれですからねえ。

編集作業するのが怖いほど、というか、一番手間がかかるのが己の回。

ああ、どうしよう。
駄文更新……
>>続きを読む
脳内人生案内回答者
昨日は脳内夜間図書館長。
そして今日は、脳内人生案内回答者です。
読売新聞朝刊名物『人生案内』
悩める市井の人々の投書を元に、あらゆる分野の識者が日替わりで回答されるというもの。

人の人生を覗く好奇心に加え、数年に一つ、巨大隕石のような恐るべき威力の相談がございます。我が家がアンチ巨人でありながら、新聞だけは読売である理由は、この人生相談を読みたいが故。

さて、本日のご相談は40代主婦。旦那さんが去年急死されまして、その死後に、5年前に別れさせたはずの浮気相手の女性と続いていたことが判明。
遺品整理をしていたら、証拠が見つかったそうです。
奥さん、女性の顔は知らないそうですが、どうやら通夜にも来ていた様子。
思い出すと腹が立って仕方がない。でも、こんな自分も嫌になる。どうすれば夫を憎まずに供養できるでしょうか……。

女性弁護士さんご回答

死んだ後だから、事の真偽を問いただすことも出来ない。怒りもぶつけられない口惜しさよくわかります。でも、5年前に浮気を一度許している貴女です。結局は同じことになったかもしれません。
そして本人も、再び彼女とよりを戻す可能性の無い墓の中。
今更嫌な過去を思い出しても仕方がありません。夫婦のいい思い出もたくさんあったでしょう。今後はそれを胸に抱いて、旦那様の分まで楽しく生きてください、とのこと。

脳内回答者

墓参りに行く気がしないなら、それで良いじゃないですか。お盆? 命日? 何それ食えるの?
仏壇? まあ、子供さんの教育上、ご先祖様の分だけお勤めしときますか。でもそれ、ちゃんと心の中で亭主に言うんですよ。

「あんたのためじゃないからね」

死んだからといって、全て許されると思うなよ。言っておくが、許すか否かの主導権はこっちにある。死者も生者も関係あるかい。
いや、今後そんな嫌な思いで残されて、生きるこっちの方が大変です。
恋人が出来たら、死んだ亭主に見せつけるために、墓場でデートしてやりましょう。

浮気の代償を軽く考えるなかれです。浮気が許されるなんか、超々レアケース。
私の場合、許してやるならそうだなあ……

莫大な遺産を残し、なおかつ浮気発覚は死後4年以上経ってから。
愛人と墓参りに偶然出くわし、彼女を見た瞬間、堅物だった夫が浮気した理由に納得。

「私の若い頃瓜二つじゃないの」

それ以外は許さん。






未成年の深夜徘徊問題への提言
寝屋川で去年の夏、中学生の男の子と女の子が殺害された事件がありましたね。
あれで、深夜徘徊をする未成年の事が問題に取り上げられていました。

あの事件で、一時的に深夜徘徊する子供は減ったけれど、また人数は戻ってきているんだとか。

親が仕事のため夜も不在。その状態が寂しくて出歩く子もいるけれど、でも生活のためやむを得ずというケースもあって、親を責めることも出来ないケースもあり。

対策をたてている自治体もあるようです。寝屋川の場合、青少年の居場所になる施設を開設しているそうです。利用者は増加しているけれど、晩の8:00までしか使えないのが欠点。駆け込み寺にはちょっと厳しいんじゃないかという声も。

そこで考える。夜中から朝まで開館の、図書館なんてあったらいいよねと。
色々と家庭の理由あれど、子供が夜にお留守番というのは防犯上よろしくない。
だからといって徘徊は教育上よろしくない。
じゃあ、教育に良い場所を開放しましょう。図書館なんて良いじゃないですか。
読書の楽しみが出来るし、勉強もできる。
本離れを食い止める役目を果たしてくれるかも。そうなると、私が図書館館長なら絶対に置きたい本があります。

●闇金ウシジマ君
●アカギ、カイジなど福本伸行さんの漫画
●ナニワ金融道
●だめんずウォーカー
●ベルサイユのばら

金に恋愛、根性と仕事。これを読み、ダメな人間とは何ぞや?を学べば、人生そう大間違いはしないと思うの。
これらを夜間図書館の推薦図書として、館長は、将来ある皆さんにぜひ読ませたい。
なぜ漫画ばかりかって……手に取りやすいでしょ。

北九州では、月曜から土曜、午後10:00から午前7:00まで子供用の夜間の『居場所』を作り、勉強部屋を提供したり、相談を受けたりと活動した結果、補導者の数が減少したそう。成果を上げているそうです。
じゃあ、案外実現可能かもね。この夜間図書館。

と、いう脳内図書館長としてのプランを語ったところ。

「ベルばら以外は、子供に読ませる内容の漫画じゃないぞ」

と異議がありました。
そうかなぁ。
世間にもまれる、という事
自分の人生の中で、あれやっといて正解だった……と思うことがあるとすれば、それは
「ちゃんと就職しておいて良かった」
という事でしょう。あくまで私に限っては、ですが。

私が就職したときは、バブル最後の年でした。
フリーターという言葉が出始めたのは、この頃ですね。
当時は美味しいバイトが多く、うまく立ち回れば社会人一年生よりも稼げた時代です。実際、私の周囲では「就職してからの方が、収入が減った」という人いたし。

まあ、実際そうだな。私の月の手取り、12万くらいだったかな。ええと、毎日朝の8:10くらいに出社して19:00~21:00まで働いておりました。金融機関でコレよ。

安定した稼ぎや将来への展望、就職にはそんな理由が第一でしょう。ですが、私の就職先のように、必ずしも給料が良いとこばかりとは限らない。

就職には、金を稼ぐ、それ以上に重要な目的とおまけがあるのです。

それは『経験値』『社会人マナー』

流動性の高いアルバイトに対しては、さして煩くはありませんが、正社員で雇うとなると、いずれは稼いでもらわなくてはなりませんので、雇用主は死に物狂いで新人に『社会人ハウツー』を叩き込んでくれます。

電話応対は基本、言葉遣いに接客方法、説明の仕方に立ち振る舞い。
酒の飲み方から仕事の段取りの仕方、ホウレンソウに、金銭の授受の基本や、書類や契約書などの重要物の取り扱い、受け渡し方まで、細に入り微に入りです。
マナー本には書かれない、暗黙のマナーも教えてくれる(これ、すごく大事)

『現金その場限り』という言葉を知ったのは、社会人になってからでした。
金銭の受け渡しは、双方その場で確認。後で足りない多いがあっても、その場でないと確かめられないという事。
『トラブルは金銭がらみが一番多いんだから、その場で確認しなさい』
とのことでした。

理不尽、運が悪い、間が悪い、大なり小なり、ありとあらゆる不測の事態に対応できる図太さや、失敗して落ち込んでも、さっさと起き上がる切り替えの早さと鈍感さの必要性も、体で教えてくれる。

マナーも根性も、気の利かせ方も、社会に出る前に自分で勝手に体得する人もいるかもだけど、多分稀な人です。

世間に出て、もまれて損はない。
就職するか、どうするか迷っていたあの日、プレイボーイ誌のキッス様の人生相談を読んでおらず、私は小説一筋に生きると、独りこもって外に出なかったら……ああこわ。

世間を知らないので比較対象が無く、おのれのレベルを勘違いした、社会性の無い礼儀知らずの作法知らず、歩く社会の迷惑になっていただろうと思います。

失敗を隠すなこのオタンコナス、報告期限は守らんかい、整理整頓しろっていつも言っているだろうがこのうつけものと、時には罵声に体罰と、手段を選ばずに私に社会人恐育を施してくださった、過去の先輩方に厚くお礼申し上げます。