陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
新たな趣味を求めて

読書に散歩に映画に怪談……と、子供のころから趣味が変わらないことに気が付きまして。

ポット収集は趣味というより、すでに習慣に近くなっていますからね。


こりゃいかん。趣味にも生活にも、新しい風を入れないと黴臭くなってしまう……と思っているところに見つけたのが『山歩き』

先日貴船神社へ行き、ついでに鞍馬山に登ったのですが、これがまたいい塩梅でして。

あそこは山自体が信仰の対象で、650年前に、金星から護法魔王尊が降り立ったと言われている、京都最大のパワースポット。

良いですねえ、自然って……という月並みなボキャブラリーしかないのが残念。

しかし、その次の日からトレッキング用シューズを物色し、山歩きのコースを近場で探し、山登りの装備を調べ始めた、というところで、私の気に入りようを察して頂けるかと。


しかし、ここで新たな悩みが浮上。

……そういえば、私、過去に西宮の甲山で遭難しかけたのよね。

あの時、私は一人で散歩をしていた……吹雪に遭って、帰りの道が分かんなくなったんだっけ。

やだなあ、刻一刻と暗くなっていく山の中で感じた、あの時の心細さは覚えているぞ。


と、いうわけで、亭主を誘ってみた。

そして「やだ」と断られた。

「疲れるからイヤだ。トイレの場所が心配だし、疲れたからってすぐにタクシーがつかまらへんやろ」

……疲れるからイヤで、トイレの場所が云々って、男なら草むらってもんでしょう。

女子高生かね、キミは。

成程、スタローンの『ロッキー』をこよなく愛しているだけはある。

人は自分に無いものを求めるのですね。

この場合、ロッキー・バルボアにあってキミに無いものは、体力と根性と逞しさか。


やれやれ……じゃあ誰を誘うか。

しかし、私にも友はいるけど、彼女は激忙しいお仕事。

過労死しかねん彼女の休日に必要なのは、体力づくりよりも休息よ。


……と、いうわけで、職場の女上司、主任を誘ってみた。

彼女は私の周囲では唯一の、完璧アウトドア人間。

「新しい趣味開拓の一環として、土曜日にでも山に登ろうと思っています」

「ほー、いいねえ」

「主任、山登りお好きですか?」

「好きよ」

「実は、私初心者でして。一人は遭難しそうで不安ですよ」

「土曜日遭難しても、月曜にはちゃんと出社しなさいよ」

「……」

「仲良くないのは職場の中だけでよろしい。山の中にまで持って入るつもりかね?」


うーん、旅行だけではなく、山も独りか。


そして、もう一つの問題にも気が付く。

土曜日に山に登る……という事は、金曜日の飲み会どうしよう。

徹夜明けの登山はきついな。こりゃあ。




スポンサーサイト
今、そこではまっている危機

まあ、こんなこと考えるのも、仕方がないと言えるのよ。


そもそも、最初に書いていた作品は「SF」「ラノベ」「ホラー」「脳内ハーレム」で出来上がったものなのよ、それが打ちきりならぬ、書くのストップ。

でもってですね、それなら次はと考えていたのは、純正ホラー。

確かオムニバス形式でいこうという原案だったな。

その時、有吉佐和子の『悪女について』が頭に浮かんだのよね。


自殺か他殺か、謎の転落死を遂げた美貌の女実業家。

彼女に関わった男女27人にインタビューし、ヒロインを語らせる形式で進む連作短編です。

本編の中で、いろいろな視点からヒロインが語られます。ある者は彼女を称え、ある者は憎む。

その幾人もの語り部の中のヒロイン像が、読者にはパズルのように組み合わされ、徐々にヒロインの怖さを知ることが出来る、という仕掛け。


……イケメン人喰い男子高生を、それぞれの視点から人々に語らせて、共食いという所業を暴き出させるという仕掛けだったのに。


見切り発車で書き始めたからなあ、まさかこんな話になるとは思わなかった。

どんな展開になるのやら、自分でも分からんのですね。


と、いうわけで、合評に出した結果「ハイ、次の章へ書き進め」

と言われるのが、少々怖い……

しかも、当初の主人公、イケメン人喰い男子高生の存在が消えかけているし!


やばい、スリーサイズオール100ヒロインと、人生ままならない44才サラリーマン自治会長の存在感に負けている! イケメンなのに!


課題を書き進めながら、ヤバいと頭を抱えている最中です。


とりあえず、足元を見ながら書き進めよう。






塾の裏側

大阪てのひら怪談落選作品を持って行く。

中野さんの大賞作品と比較し、落ちたポイントをあぶりだすという、正に落選者の繊細なココロを踏み台にする授業。

塾生のレベルアップのためにとはいえ、悪魔に良心貸し出していますね、先生。

「持って来ましたよ」

おう、と言いながら、我が作品を受け取られた先生。

しかし、それを別室へ持って行かれる。


「あれ? 授業で比較されるんじゃないんですか?」

「今日は合評や」

今回、いつもよりも提出作品が多いのです。

「その時間が無い」

……安堵というよりも、執行日が伸びただけでしたか。


さて、合評。


前回の不真面目精神科医の性格を修正。

それに伴う文章修正、セリフ回しの毒舌削除。

完全シリアスとはいかないまでも『中途半端シリアス』にはなっています。


「泣く泣く削りましたよ……キャプテン・アメリカの盾の部分」


キャプテン・アメリカはあのマーベル・コミックのヒーローです。

映画化もされていますね。アベンジャーズの一員です。

彼の武器である盾は、『ヴィブラニウム』という、地球上で一番硬度のある金属で作られています。


スリーサイズオール100の娘を案じる母親、彼女の母性愛の強さを、看護士が皮肉るセリフに、この『キャプテン・アメリカの盾』を出したんですけどね。


先生、課題原稿片手に、私をチラ見する。

「つくづく思うわ……自分が書きたいのって、ホントに面白んないな」

……もう、私は自分自身のセンスが信じられない。

「やっぱり、無いほうが良いですよ……だって、キャプテン・アメリカって意味不明だし」と誰かの小声。コラ、少しはオブラートに包んで言いなさい。


「もみくちゃにされる」を「スルメにされる」と表現するなど、使われている形容詞に難があるものの、とりあえず次の章へススメ。


そして来週、ついに作品比較授業!


これはなかなか見れませんね。

これは見学でも価値あります、と宣伝してみました。

新塾生募集です。











駄文更新
金曜日・プレミアムフライデー

我が職場の皆さんは、管理職から丁稚まで口をそろえて言った。
「何それ食えんの?」

絶対にこの習慣は、定着しないと思う。
塾の当日
さて、本日合評ですよ。

提出した作品の良しあしに審判が下される!
しかし、審判は作品だけではない。

合評ですからね。
他の方の作品も読み、そして批評しなくてはいけません。
個人的な好みもありますが、それでも自分以外の作品に対し、どれだけ客観的、かつ的確に批評が出来るか。
はっきり言って、私はこっちの方が怖い。

だってさ~、あまりに的外れなこと言ったら『コイツの指摘は聞く価値無し』ではないですか。
第一、相手の作品に対しても失礼だしさあ。

まあ、総評は先生がまとめて下さるので、安心して批評できるといえば、そうですけどね。

さて、ちゃんと読もう……






塾の前日

さて、大阪怪談落選作品をちゃんと用意し、購入した挿絵も入れる。

塾生の皆さんの課題を入れて、おお、いかんいかん、ネトラジ用のICレコーダーも入れなくては。

もしも忘れたら、ネトラジ収録が出来ない。非難ゴウゴウどころか破門ですね。

そして、夜明けまでの飲み会用グラス。

ふふふ、ローソン限定、ポイントをためてもらったリラックマよ。

しかも先着50名様よ。


……と、まあそんな感じで前日の支度をしているのですが……合評と大賞落選作品比較という、実に豪華絢爛、私の魂を犠牲にしてこそ出来る、凄まじい授業。

これは聞く価値ありますわよ。

さあ、私の骸(落選)を乗り越えてお行きなさい。


「すっげえこき下ろされるな、こりゃ」


書いたものを読み返しつつ、明日への気力補充に紅白饅頭を二色、二つとも食べながらとりあえず笑っておく。

短編って、長編と比べて凝縮というか、瞬間勝負だからなあ。

短いから簡単ってことは無いのよ。

狭いスペースに、いかに効率よく場面を配置するか、短くても伝わる的確な描写や言葉を使うか。


そんなことを考えているついでに、言われたことを思い出しまして。


どうも私は、傍目で見れば、現在書いているジャンルと、向いているジャンルが食い違っているらしい。エグイ描写が出来たって、怖いとはまた別物ですからねえ。


えーそうなの?

じゃあ色々書いてみるか。




創作『人生』ままならない

書かなきゃな、と思っている話がありまして。


本人は一生懸命頑張って、しかも悪い奴じゃないんだけど、何だか人間関係とか考えとかが、周囲とボタンを掛け違い状態なもんだから、最終的に仕事の生きがいは失うわ、同棲していた恋人には去られるわ、同僚からは白い目で見られるわ。


最後、一番最悪と言える結末を選ぶんだけど、それを知った『一番嫌いだった奴』は、主人公に対して罪悪感を抱くどころか「ぷ」と笑ってそれでお終い。

そんなお話。


書きかたによっては、酷く嫌な感じにできないか……とひねくり回していました。

しかし、絵が浮かばない。

これ!!という場面が浮かばない。

この「核」となる部分が出来たら早いんだけどね。その周囲に話の肉付けが出来るから、何とかなるんですけどねえ。


ところが、です。

最近私は気が付いた。

話を考えるにあたって、頭に浮かぶ話の『核』が、必ずしも今書きたいと思っているもんじゃないことを。よくあることでしたよ……作劇塾課題作品の続きを考えなくちゃならんのに、なんで違う話の『核』が浮かぶんだ?

うわああ、『MUST』『WILL』の優先順位の差は大きいぞ。


ですけどねえ、いくら今は必要でもない話の核であっても、一応形にしとかなきゃ落ち着かない……そこで書いてみたんですけど。


作劇塾の大先輩でいらっしゃる落語作家様にお見せした瞬間、殴られたらどうしよう……


ちなみに、題名は『丑の刻参り』です。


迷走しているなあ。








書けない理由

確か、大竹しのぶさんだったと思うのよねえ。

明石家さんまさんと離婚した時のセリフだったか「一日が25時間あればいいのに」

子供のころはピンときませんでしたが、大人になった今はよく分かる。


はて、何でこんなに時間が少ないのだと考える。

そりゃ、仕事はしてますよ? でも最近残業ないしさ、定時で帰ってるよなあ。

家事? 日中人はいないから、掃除は一週間に一度ね。夕食、今日はカレー作り置きよ。カレーは毎日食べても飽きないらしいし。

ああ、先週はホワイトシチューね。

その前はトマトシチュー……もういい、やめておこう。


課題の提出は終わったから、この週は書きそびれていたものとか片付けようと思っていたんだが……大脱走を見ようと思っていたんだけど、気が付くと寝る時間になっています。

ネットサーフィンも、塾生のブログと天気予報とリラックマをチェック、ニュース見るくらいよ。

ほとんどしないぞ。せいぜい30分。


本? 読書? いや、前よりも読むペースは減っている。

この週は、ゾンビ論とデルモンテ平山のゴミビデオ大全を読みふけっていたくらいで……


いえ、いけません。何とかして原因、もとい、無駄な時間をどこで使っているのかちゃんと考えないと。でないと、いつまで経っても何もできやしない。

来週は課題に取り掛かるから、またもや映画も本も制限です。


ええと、家に帰って来て、夕食温めてパンだの野菜だの切りまくって約15分で食卓完了。

亭主と食べた、と。

ああ、観たいと思うテレビが無いから、映画観ていたんだよね。

今日は『ロッキー3』『マッドマックス怒りのデスロード』

亭主は私が留守中、毎回これを観ているらしいが、俺にとってこの作品は何度観ても飽き足らない。観るぞと言い張って、この二本立てで、だらだらだらと。

おかげでイチゴ大福3個も食べてしまったわ。


……ん? 二本立て?


おとついは、そういえば『ロッキー』『ロッキー2』

で、その前は……『スペクター』

ええと、ルパン三世もだな。最新作、舞台がイタリアの奴。


おいまてよと思い起こす。

映画一本、何分だ? 二本立て?


見えてきた……愕然とする私。

そりゃ時間も無くなるさ。


亭主よ、キミが元凶か。







最終章:世の中ホントに冷たい

金曜日、塾に行ったら先生に睨まれる。


「ブログ読んだで。賞取ったならとにかく、落選したから亭主へ向かって宝石買えって何やねん」


ほほほ、美しいものを見て心を落ち着かせるのです。

宝石の輝きによって、女は慰められるのよ。あ、別にダイヤモンド以外でも良いですよ。

ルビーならビジョン・ブラッドね。サファイアはコーンフラワーブルーでよろしく。

「俺が亭主ならマジ切れする」

それならちっとは慰めをと、文句ぶうぶうの私に、先生は口を曲げる。

「あのなあ、クソミソカスのボロカス言われて、発奮するもんやろか」

それどころじゃないですよ。クソミソカスのボロカスのオタンコナスですよ。


「世の作家志望は、独りで書いて、落ちても独りで落ち込むしかないんやぞ。ボロカス言ってくれる仲間がいることを、有難いと思わんかい」

と、いうわけなのか……金曜の夜から土曜の明け方にかけての、恒例の飲み会は

『祝!大阪てのひら怪談大賞、春の大感謝祭!』

『ダブル落選フェア!2017」

……うーむ。


なんて週末も過ぎて、やって来ました月曜日の今日。

職場のキャビネットで書類整理中、部長に声をかけられた私。

珍しいですねえ、いつもは商談だのご出張だのと、あまり課の中にいらっしゃいませんが。

そういえば、明日も東京へご出張でしたね。

「いやさ、課長と主任から話を聞いてね」

怪談の賞は残念だったねえと部長。

「その話を聞こうと思ってね」

おや、あのお二人から?

……この私を慰めてやってくれって意味か? それともアイツを何とかしろという苦情か?

そんなことを考えましたが、常日頃『公私問わず、何かあれば相談しなさい。話を聞くから』

そう仰っている部長です。部下の生活管理。管理職はこうでなくては。


最初の二人、私的感情入れまくりの主任に、慰め方が微妙な課長でしたが、この部長なら『残念賞』に東京出張のお土産くらいは買ってきてくれそう。

そうなったら、うさぎやのどら焼きをよろしく。

……という思惑の中で、しくしくと話す私。頷く部長。


「ふーん、そういえば、自分怪談好きだもんねぇ、夜中から朝までやってる怪談のイベントがあるって本当? そこへ行って、本も買っているんでしょ?」

はい、その通り。

イベント内容を詳しく聞きたがる部長。

「でもボク、怖くて聞けないなあ」


会話は続く。

「映画もホラー大好きらしいじゃん。血がドバドバ出るゾンビとか、13日の金曜日とかよく見ているんでしょ? あんなの観て、晩によく寝られるねえ。怖くないの? そんなに好きだから、怪談書いて、投稿までしたのか。すごいねえ」

そうなんですよと頷く私。

成程ねえと無邪気に感心する部長。


「そんなに好きでも、やっぱり落選するんだねえ」

……ちょっと、ぶちょう。


「好きなだけじゃ、ダメなのかなあ」

……おい、おっさん。心は完全漂白。


部長は笑顔で席へ戻る。

もしかして私のところに来た目的は『部下の生活管理』じゃなくて『単なる好奇心』なのか。おいコラ部長。


結局、慰めは得られなかった私。でも、悟りは開いたわ。

世の中ホントに冷たい。

まあ、そんなもんか。














課題のために貴船神社へ

さて、今年の塾の自由課題は「呪い」


考えてみたらいやですねえ。

他人からの悪意って、向けられていると気が付いただけでも心に鉛が入ります。

いえね、そういう奴見たことあるの。

あれはもう、十ン年まえ。もう職場も辞めて関係ないから幸運だけど、半径3メートルにいるだけでも、こっちに対する負の空気がユラユラ。

しかもさ、そういう奴って悪意という『狂気』をこちらにだけ発動するから、対象者以外に対しては普通なわけですわ。事実、そいつも私以外に対しては『人畜無害の大人しい人』だったし。

ほとんど話したことない奴から、なんであんな目でじっと睨まれていたのか、未だにとんと分からん。


まあそういう事で、行ってきました貴船神社。

京都最強縁結びスポットですね。

夫であった藤原保昌と不仲だった和泉式部が、彼との関係修復を願って貴船詣でしたのは有名ね。

絵馬の発祥はここでもあります。

そして、丑の刻参りの原型はここから始まった!

『宇治の橋姫伝説』です。彼女はこの貴船社に7日間籠り、貴船明神からご信託を受けて、宇治の川瀬で精進潔斎、鬼に変じて恋敵、そしてその恋人や親類縁者を血祭りにあげたのでした……というお話。

貴船社は、呪詛を引き受けて下さる神でもありますし。

それに、和泉式部の夫との復縁は、夫の愛人への呪詛、とも考えられるのでして。


丑の刻参りと名高い場所でもあります。

さあ、どこだ?! 五寸釘、と、奥宮を回る。

……周囲は、良縁を願う若いお嬢さん方に、幸多き将来を願う恋人たち、そして仲のよさげな老夫婦。

その中で、樹々を回って五寸釘を探している独りの女。人間図鑑ね。


「無いわねえ」


まあ、参拝客が沢山訪れる場所ですし、打ったそばから、神社の皆さんが釘を抜きまわっているのかもしれん。

少し、落胆しながら絵馬を見る……と。

うーん、これだけでもお腹が膨れそうだな。

まあ、考えてみたら縁結びということは、縁を切ることも然りってことかしらね。


『●●市●●町●●マンション404号室のA山B子が消えますように。消えて、二度とC川D男の前に出てきませんように。これがその女の愛用品です』

絵馬に恋敵の小物をつけるなー!!


『邪魔者は全て消えて、私と●山さんと結ばれますように。彼の子供を産めますように』

……絵馬に髪の毛を結ばないでくれ。ところで、その太くて黒く、ひきむしったような髪の毛は誰の? 

女の髪じゃないぞ……ま、まさか●山さんの髪の毛か?

ああ、濃いわ。情念の欲望が愛という名の呪詛と化して渦巻いている……リラックマカメラを持って震え上がる私。


『●川君と両想いになれますように。それが駄目なら、岡田准一似でお金持ちで優しい人が私を好きになってくれますように』


いや、●川くんよりも、最初から岡田准一似の優しい金持ちにターゲットをしぼれ、お嬢さん。


絵馬に戦慄し、時にはツッコミを入れてその場を後にする私。


いやあ、赤裸々すぎてお腹が満たされたわ。

次は金毘羅宮へ行こうっと。