陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
超・短文更新 上司と部下

ようやく熱中症の危険性が去った今日この頃です。

もうそろそろ紅葉だな。新緑はエネルギーと若々しさで山を溢れさせていますが、赤く染まる山も良いですねえ。どこか寂しく、そして風情があります。

「で、キミ、山には登らんの?」

昼ごはん食べながら、我が女上司・主任に聞かれる。

「今なら遭難しても、凍死の危険性はないでしょ」


「山はしばらく封印です」

「へええ」

ここでかいつまんで、山を封印した事情を話す。

「と、言うわけで怒られましてね……それでまあ」

ほーと主任。

「そりゃあそうだろ」

「……あのー少しは慰め……」

「山登っているヒマがあったら、先生、小説何とかしろって意味じゃないの」

「……」

「第一、キミ、去年小説応募して落ちたんだっけ」

「……」

「先生が正しい」


仲良くない上司と部下は、時としてその関係を越えかける。

食堂からそのまま、早退しようと思ったわ。


そして今日は10月24日、文鳥の日。

文鳥万歳を叫ぶ日です。

スポンサーサイト
好みの文章

本棚を整理していますと、当たり前ですが自分の好きな作家ばかり。

へー、ほうほう、ああらまあと頁をめくりながら整理しているので、作業が進みやしない。

で、読んでいて『おや』と気が付いたのです。

自分の文章の好みについて。


塾でよく言われるのは『簡潔に分かりやすく、セリフと描写でキャラクターに演技をさせろ』

最近は、映像文化のせいで、セリフ主体でシーンを思い浮かべやすくしたほうが読者の想像力を刺激する、シナリオをまずベースに、というもんです。

うん、黒川博行さんなんかそんな感じ、

私が読みやすいな~と思う方の作品は、セリフと簡潔な描写で映像が浮かぶ文章。

元々、シナリオの仕事をされていた方も多いんです。

月村了衛さんの『機龍警察シリーズ』もセリフと無駄のない描写で、スピーディに話が運びます。大好きですねえ、桐野夏生さん然り。


かと言って、その対極(?)の文章も好きなんですわ。

過剰すれすれ、濃密で静謐な、まるで人間の中身を解剖して一つ一つをクローズアップしたような描写。小池真理子さんや、故・森瑤子さんが好きですねえ。

不思議とカテゴリ的には同じ文体であるはずの、男性作家のあの人は好きじゃない。何だかナルシズムがあるのよ。


さて、過去に書くばっかりで、読むことしなかったせいでアウトプットとインプットのバランスが崩れ、えらいことになった……という愚行を犯した私。

今回は書きながら読む、というバランスを取った策を考えたはずなんですが。

「や、やばい! 昨日今日で文体が全然違う!」


昨日は藤本ひとみ、今日は浅田次郎という影響がモロ出し。

これが作品的に素晴らしければとにかく……ううむ。

大輪のバラと千鳥格子をパッチワークで繋げたようなもんになっとるわ。


今更だが、これって影響の強さ云々というより、己のスタイルをちゃんと確立していないという証明なのでは!


じゃあ何なの、今までの私って!

ごった煮?


……迷宮から出てこないと、課題が書けません。

救援隊求む。





ススメの苦悩

さて、あらゆる抵抗もままならず、ついに「次の展開にススメ」となってしまった我が課題。

風の音を聞きながら悩む……この人喰いイケメン男子高生をどうするかだ。


殺せ殺せと、まるで異端審問に引っ掛かった魔女容疑者か、フランス革命で吊り上げられた貴族みたいな扱いですが、このキャラクター、実は前回ボツを喰らったSF風ラノベ調ホラーの主要キャラクターでもあったのね。

あれの引継ぎでもありまして。

ボツ喰らった挙句に殺せって、ひどいですやんか。

「でも彼のような、何も目的も持たないキャラって書きにくいですよ」

と、兄弟子。

そうですとも。

キャラクターを動かすには「目標」「何者になっていくのか」が要りますから。

主要キャラには虚無的ってあんまりないんですよ。空っぽの人間が何か目標なり使命を持って動くのが面白いんであって、何もない奴が何もないままでは、ストーリーの組み立てがしにくい。

それでは、どうやってこのキャラを面白く動かせばいいのか考えなくては。

と、言うわけで、改めてイケメン人喰い男子高生を分析してみた……って己が作ったキャラだろうがよ。


あー、コイツ言ってしまえば、器用貧乏なのよね。

カオも良いし、何もしなくても成績優秀だし、運動神経も良いし、何もしなくても女子は寄って来るし、でもそれに関して何の感動も嬉しさも感謝もない奴。

せめて自惚れすらあればもっと幸せだったろうけど、最初から能力を備えている分、他人が自分にどうしてそこまで持ち上げるのか、理解できないし、他人に興味なし。

他人の興味が無ければ、自分の能力の価値が分からない。むしろ冷ややか。


改めて分析してみると、かなりイヤな奴であることが判明。

……殺しちゃおうかしら。


ああ、待て待て。

どうせ殺してしまうのなら、思い切りイジリ倒してからにするか。

幸いなるかな、彼は虚無的だが、両脇にはクソ真面目中年男、恋に狂うスリーサイズオール100もいることだし。


虚無的キャラを、どう料理するかがかかっている……我が課題でした。




塾のそちら側

合評。


やっとこさ、人喰いイケメン男子高生再登場。


夜の川沿いで、帰宅中のサラリーマン自治会長とその息子、そしてスリーサイズオール100と顔合わせ。

幼馴染であるイケメン人喰い男子高生を、愛ゆえに喰わんとするスリーサイズオール100、当然彼女の愛を断固拒否、始まる二人の死闘!

痴話喧嘩はやめろと仲裁に入るサラリーマン自治会長、さて、二人の恋の行方は?


……書き直しを期待する私の前で下された宣告

「ハイ、進め」

「えー、あのー描写など細かい修正はないのでしょうか? 例えば、痴漢撃退スプレーよりもクマ撃退スプレーにしろとか、そういう指摘を修正したいと思うのですが……」

心の中の声。

次の展開考えてないので、猶予期間をお願いします。


「別に細かいところはどうでも良い。ススメ」

絶句する私。や、やばい。

「先生、ブログをお読みですからねえ」

「史上初・課題を次の展開にススメと言われて、それに抵抗する塾生!」

どこかで聞こえる仲間の声。


「それにしても、コイツ出て来た時『昔の面白くない知り合いに再会した気分』になったわ。男子高生もう殺せば? おもろないし」


ひどいなあ。


イケメン男子高生をどう面白くすればいいのか、次の展開はそれにかかっている……

あーどうしよう。

塾の当日・超短文更新

合評ですねえ。


ああ、次に話がススメとなったら、さあ、どいういふうに話を持っていけばいいのか。


絶賛悩み中です。

何でこんなに文が少ないのかって?

だって、出勤前に予約投稿書いているんだもん。

三兄弟・話し合い

ぼちぼち親が老齢だし、ひとつ三姉弟、親の老後だなんだのと相談しようじゃないのってもんで焼鳥屋へ。

我が姉弟は、わたくし姉を筆頭に二人の弟。

元々、子供の頃から仲はあまり良くない。


顔を合わせるのは4年ぶり、なにせ情が薄いんでね、最初の危惧は「お互い、姉弟の顔を憶えているか?」という事について。

仕方がない、お互い姉弟と分かるように、それぞれ白いバラ携えてを目印にしようではないか……と、焼鳥屋の前に集合。


案の上、家族の情愛が入らない、実にビジネスライクな内容になった。

まあ、本題は親の老後については防ぎようも避けようもない、マネーの話ですからね。


そのはずが……二十年以上、ほとんど没交渉の姉弟ですが、なぜ話が『クリストファー・ノーラン』の話になるんだ?

宮崎駿の引退について論議しているんだ?

田宮の模型について三人で悩んでいるんだ?


これが血なのか、案外世間の人の酒の話題はそんなものか。


……普通が知りたい。





駄文更新

最近太陽を見ていない。


当然、布団も干せない。何だか布団が重い。

そういえば、つのだじろうの恐怖マンガで、湿気た布団で寝ようとしたら、死んだ老人の幽霊が出てくるってエピソードがあったなと思いつつ……たしか、その老人も湿気た布団の中で孤独死した怨念がそうさせるとかいうオチだったのでは。


それにしても、人を呪う方法って藁人形がやっぱりポピュラーねえと、つのだじろうの漫画つながりで考える。他にも人形とかあるんだけどなあ、やっぱり絵柄では白装束に五寸釘持ってトンテンカンテンの藁人形ほうが絵になるのかねえ。

でもさー、時間が時間だよ。終電のがすぞ。帰りはどうやって帰るんだろうなあ。

まさか神社でテント泊でもあるまい。

あ、待てよ。白装束ったって、どこで着替えるのよ?

は、もしかしてマイカー通勤、いや、マイカー参りか。

ナルホド、それなら終電を気にせず済むし、車の中で着替えればいいか……


そんな事を考えている内に、1時間経った。

思考する内容に価値のある無しに関わらず、容赦なく流れていく時は、残酷であるなとしみじみ想う。

ストーリー組み立て

今更ですが、バーン・ノーティスを見ています。


南アルジェリアで任務真っ最中。悪の組織と交渉している主人公。さあ、ボスの前で取引の金を送金してくれと仲間に連絡したその時「君はクビだ」

その瞬間に孤立無援。命からがら脱出する主人公。


そこから始まる物語。

預貯金全て財産は凍結、転職しようにも、職務経歴書にも書けない過去を持つ彼に残されたのは、優秀だったスパイのスキルだけ。


そのスパイスキルを駆使し、何でも屋みたいな仕事で金を稼ぎながら、スパイを何故解雇されたのか? 理由を探り、スパイの復帰をかけて勝負する、どこかゆるくて人の好い男の話。

元IRAの工作員だった元恋人や、元軍人の友人とチームを組んで事件を解決。


明るいマイアミが舞台です。プールのシーンや海の風景多し。水着姿も尚多し。


携帯電話を(当時はガラケー)を加工して盗聴器を作り、ホームセンターで調達してきた花の肥料や何かで爆弾ダミーを作成、他人の家に忍び込んで盗み食いをする理由など、手作り感とスパイのうんちくを流しながら物語は進行。


実家の母親に言いつけられた用事と、スパイの解雇通知の謎に迫ると、依頼人からの仕事を1話の枠でこなします。忙しい主人公の、この話の組み立て方は参考になると思いつつ見ているのです。

こういう盛り合わせ的な話も好きでして、さあ、最後はどうオチつけるのかと楽しみ。


でも、これ最終回までシーズン7まであるのよ。

……長すぎる


緊急事態

緊急事態発生。


全長約3・5センチ、移動スピードは速い。一般家庭に常備されている駆除用噴出薬品を探しに行く間に、すでに姿を見失うケースが多く、目撃地点が寝室、そして就寝時刻間近であった場合、発見者はその襲撃を恐れ、眠れぬ夜を過ごすことになる。


姿形は黒色に近い茶色、もしくは黒色。

北海道出身者は、この昆虫を見たことがないらしいという噂がある。信じていいのかどうなのか、私の周囲には北海道出身者がいないので、いまだに噂の真偽は不明……


そう言うわけで、のんびりブログ書いている事態ではありません。

もしも就寝時刻までに発見、排除できなければ、私はゴキジェットを抱いて寝る羽目になります。


援軍求む 

エロを語るイベント参加

本日、作劇塾の兄弟子、落語作家の高田さんの主催されているイベントにいそいそと参加。

『AⅤやエロビデオをアカデミックに語る!』


アカデミックにどう取り上げるのか? という心臓の鼓動に突き動かされるように、イベント会場の朝潮橋のカレー屋さん『琥珀荘』に到着です。

見たところ、まるで普通の民家ですね。カレー屋さんの看板かかっています。

昭和の香りが漂う、二階建てのお家。清潔なレトロ感のある、私の好きなタイプの家です。


まずは、虫取り少年であった高田少年のエロとの遭遇。それから始まるAⅤのメーカ―別に見た、女優さんの傾向とジャンル。ほお、あのメーカーは清楚系で、こっちのメーカーは淫乱系。

そしてAⅤ界の流れを変えた監督たち、そして現れた新ジャンル。女優さんを崇拝するファンたちの姿に、平成の今でも人気衰えない昭和ロマンポルノとは何ぞや? 

将棋実況中継にさなかに起きるハプニングを描いたAⅤとは?


深いな、エロ。

考えたら、人の性癖や本能直結した映像作品ですから、浅いことはあり得ない。

男優さんのほうに話が行く前にタイムオーバー、終了です。

ああ、これは聞きたかった! 

第二回を待っています。


カレーは実に美味しいかったです。

深い滋味って感じでして、私のカレー人生ベストに入るカレー、これを食べた瞬間

「鍋で売ってくれませんか?」

と、聞いてみたかったということを補足しておきます。


お疲れ様でした。

第二回『男優編』開催をお待ちしております。