陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
本日ポリシェビキ
本日ポリシェビキ! 映画の後はトークイベント参加します❗ 今日の仕事で冷やした肝を、改めてこれで冷やし直します。
行ってきます🎵
スポンサーサイト
信じるってなんでせうね

『フェイク~我は神なり~』韓国アニメです。

借りた瞬間から、すでに『萌え』『優美』は期待していませんが、まあそれ以外のものを期待しております……「ソウル・ステーション・パンデミック」と同じ絵柄だし。


鯛(特価品)とシメジのグリル、プチトマト(冷蔵庫の中で3日目)とクリームチーズ(50円引き)のバジルソース和え、フランスパンと中途半端に残った赤ワイン(開封2日目)の夕食、あまりの話の重さにカレーライス追加(3日前の冷ご飯・作って4日目のカレー)

食べながら、信仰って、なんでせうねと呻く。


舞台は、ダム建設に水没する運命の村。妻と娘が住むのその村に帰って来た、落ちぶれ感満載の主人公。

村人たちは、ダムで立ち退く補償金をもらっていまして、詐欺集団にその立ち退き金を吸い上げられております。

詐欺集団の手口とは、村に牧師を送り込み、村人たちの『天国へ行きたい、幸せになりたい』信仰心を利用して金を吸い上げるというもの。

すでに寄付金だの、命の水だのという名目で、大儲けしております。


主人公のダメ親父は、娘の大学進学資金を盗み出し、賭博で溶かした夜、たまたま詐欺集団の一人と喧嘩になり、暴力沙汰を起こして逃げられる。

警察に彼一人がしょっ引かれるのですが、その際に指名手配ポスターを見て知るのです。

『村にいる奴は、この詐欺集団の一人だ』

それから、彼一人、詐欺集団との闘いが始まるんですけどね。


主人公は、詐欺集団の化けの皮をはがそうと、村人たちや昔の仲間に訴えますが、その戦いは正義感や使命感でもなく『あの夜に、俺にバカにした奴』という私怨の対象がたまたま詐欺師だったのであって、単なる腹いせ。

詐欺集団の仲間である牧師に妄信する妻と娘を殴るのですが、それも『私怨』であって、必ずしも『家族愛』ではない。まー、娘の大学進学資金を持ち出し、賭博に使うオヤジだし。


救い? となるのは、悪の一味である牧師ですが、彼の信仰心はある意味純粋。

過去のスキャンダルのせいで、詐欺集団から利用されているとはいえ。

村人たちのために、教会を建てたいという願いも本物だし、人々を救いたいという気持ちもある。

史上初! 感情移入できない主人公。頑張れ悪の一味の牧師さん!

……結果は、皮肉なラストですが。

しかし、話し中に天国行きも人数制限アリというのがあって、その天国の席をめぐって、村人同士にひそかな競争意識があるというのも、ちょいとヤな感じです。


牧師を信じ、肺病でありながら薬を飲まず、命の水というインチキ品を飲みながら死んでいった女の夫は、詐欺師集団を追い詰めようとする主人公に問いかける。

「信仰を持った妻は、こんなに幸せな顔で死んでいった」

一方、帰って来たダメ親父の暴力、妻と娘は不幸のどん底。

ダメ親父な主人公のせいで、大学進学の道どころか、生きていく希望そのものも断たれて絶望、自殺した娘の死骸を前に主人公は叫ぶ。

「あいつらは詐欺師集団だった」

「俺は真実を言っていた」


神さまの正体は、本物どうかという問題じゃないんだな。

どっちが生きる希望をくれるか、死の床で安息をもたらしてくれるのか、それが肝心。

信仰というものは、本物偽物ではなく、最終的には『人の拠り所』『希望を与える光』であると教えてくれた話。


まあ、そういうわけで、パワーストーンとかおまじないグッズとか、決してバカにする代物ではない。

乙女の希望と祈りが具現化された形なのよ……と言っておきます。



駄文更新・機械

2001年宇宙の旅を再見。

最後に観たのはいつだっけかな、かなーり昔で忘れとるぞ……おお、音楽はリヒャルト・シュトラウス。『死と変容』の作曲者でもありますね。大人になってから好きになったのよ。

と、酒飲みながら観る。


……HAL、人間臭いぞ。

宇宙船、ディスカバリー号に搭載されていたコンピュータHAL9000。ですね。

彼の反乱と、乗組員殺害の理由ってのが、メチャクチャ格調低く説明しますと『正確な情報な処理を求められる知的コンピューターだってのに、あのモノリスという書道墨みたいなやつと、それに関する地球外の知的生命体の調査も、乗組員に極秘で行うように命令されていたHALは、乗組員に隠し事をするというその矛盾に苦しみ、一種のノイローゼ状態に。でもって、己の任務遂行のために乗組員殺害を企てた』ってとこでしょうか。


いやはや、己の回路を切ろうとする乗組員に向かって「もう間違えません」「治りました」「任務遂行の熱意は十分にあります」だの、哀願するHAL9000の人間臭さ。

ああ、仕事にミスって、上司に言い訳したあの日を思い出させる……。


ところでいまだに不思議なんですが、コンピューターは計算ミスをせず、判断を間違えない、人間以上だという扱いですがね。

でも、コンピューターって人間が作ったものですわな。

人間が作ったものが、人間を超えるって、どこで判断できるのだろう。


前日、仕事で使っているエクセルの表が誤作動を起こし、思わずパソコンごと床に叩きつけかけた私です。

そんなもんだよ、機械。


それにしても、メカが感情を持つかってテーマは永久不変ですが、我が部のカラープリンターは、もしかして感情があるんじゃなかろうかという疑惑がある。

と、ある営業職が、お客さんに配る資料を出すときは、必ず壊れるのよね。


よく分からないけど、機械と人間の個々の相性の良し悪しは、何故か必ずあるというのが、あるシステムエンジニアの説です。

ふーん











部下と賞味期限

我が部下よ。


病欠の理由聞いて、ビックリしたよ。

食中毒? しかも冷蔵庫の奥で忘れていた、ステーキ用の牛肉にあたったって?

消費期限期限4日切れ? 


あのなあ、いつも言っているでしょうが。整理整頓しなさいって。

冷蔵庫だけじゃないぞ、キミの机の上はいつも乱雑よ。

おかげでこないだ、書類がなくなって大騒ぎしたでしょうが。

つうか、キミは消費期限というものをどう思っているの? 

先日も、確か消費期限5日越え豆腐を食べたとか言っていたな。湯豆腐にしたから大丈夫ですよって、そんな問題か。

すでに開封されて、棚に置かれたままで忘れ去られていた、賞味期限を三ヶ月越え『ぼんち揚げ』平気な顔で食べているキミを見た時は、驚愕したわ。

湿気ってませんよって、イヤ、そんな問題じゃないでしょうが。

食べ物を大事に云々というより、キミは何か、見えない敵と戦っているのかと思うよ。


仕事の期日は守るべきですが、食べ物の消費期限は守らなくても良いんですよって、そんな問題か。

いいですか? 今後は消費期限を守って食べなさい。

これで分かったでしょ、己の消化器官を過信するんじゃありません。

それから、身の回りの整理整頓忘れずに。


また同じようなことがあったら、職場の三時のおやつ、キミには配らないからね。


*******************************


これ食べてお腹壊して仕事休んだら、上司から、絶対にこんな風に怒られるよなぁ。

冷蔵庫から発掘された、100g1000円のステーキ用牛肉、半額セール品・消費期限4日越えを見ながら、食べるか否か、悩んでいる最中の私です。


映画にぶつくさ

10,000人中9,999人が『名作!』と認める映画はないにしても、一般的に『ヒット作』『有名監督の代表作』という作品に「……つまんない」というには勇気がいる。


まあ、いろいろありますからね。

例えばキリスト教の教義や歴史を知らないと、映画の背景がイマイチぴんと来ないとか、恋を知らない子供に、この愛の苦悩を分かってたまるかとか、本当の空腹を知らない飽食世代には、知りようもない苦しみだとか、まあそういうの。


観る映画に「好き」「そうでもない」が分かってくるのも、色々と観ているうちに分かってくるってもの。ジャンルによるのか、ストーリー展開か、俳優か監督か。


で、ようやく分かって来た自分の好みですが。

どうやら私は「セリフ少な目」「モノローグ多い」「映像の綺麗さに力入れてる」作品がどうも苦手らしい。

まだるっこしいのです。カラオケのミュージック、イメージ映像見ている気がする。主人公のモノローグや少ないセリフ、写真のようにキレイな背景を材料に、断片断片、映像とセリフを追いかけて、自分でストーリー組み立ててくれと言われている気分。


最近、そんな映画によく当たる。キ●ガイピエロとか、アジア映画の名作といわれている恐●分●とか。


悪酔いした頭で、世間一般ではなく、あくまで自分の偏見と独断で思う『名作の条件』を考えると。


クラシックも最新作も問わず「ストーリー単純でカット割りも分かりやすくて音楽も素敵、酒に酔って観ても、話についてこられる」作品ですわ。

そうなると「ガンダムORIGIN」と「ゴッドファーザー」「第三の男」「カリオストロの城」「ロミオ・マスト・ダイ」が並び立つ私の名作選。


あ、ごめん。

「地下室のメロディ」「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」「現金に手を出すな」も入れておいて。


と、いう反省や感想も踏まえて考える。


名作って、結構単純明快なストーリー多いわね。






事務仕事

退屈な仕事の響きがある事務仕事。

デスクワークよりも営業の方が花形、そんな雰囲気さえあります。フィクション作品においても、組織の中であれば、登場人物が営業職であるとか、どちらかといえば外部と接点のある職種の方が多いですな。

銀行内部の融資がらみの不正を扱った話は『半沢直樹』が代表ですが、あれも『デスクワーク』とはちと遠い。


……面白いんだけどね。事務って。

1つの案件に対し、内部で定められた通りに手続きを進めて書類を徴求し、上司に回して印鑑もらう、といえばそれまでだけどさ。


書類というのは一枚ではありません、案件によっては複数の書類を作成せねばならず、その手続きもAコースなのかBコースなのか? 許可をもらう上司はDなのかCなのか? ああっコンプライアンス上のチェックもいるぞ! Gさんも参加だ! おうっ 期日は3日後なのに、Dさん休暇で一週間不在だわ、てぇことは代行者がHさんか……あああ、Hさんっ この書類のハンコを押すまで、今日は外出したらダメ! というスリルとサスペンス。


それにですね、完璧な書類というのは隙がなく、どこをめくっても『何故この印鑑を客から徴求したのか』『この確認書類は何のために添付したのか』めくっていても、実に無駄がない。


……と、いう面白さを見出している私ですが、いっそ事務小説でも書くかと思った事がありして。

職場で聞いてみた私。

「半沢直樹、事務職バージョンってどう思います?」

「アレは、融資の『不正』という分かりやすい巨大な悪と戦うから面白いんじゃないのよ」

きっぱりと言われる。

「事務職に、そんな分かりやすい『巨大な悪』があるとすれば、何よ?」

「……書類の印鑑漏れでしょうか」

「契約書類の紛失も忘れちゃ駄目よ」

「あ、保管期限未到来の書類のシュレッダー!」

「いやぁぁっ こちらの記入ミスで、お客さんの訂正印!」


……上記3つ、悪というより、事務仕事をしている人しか分からん恐怖ですね。

あ、未感覚ホラーにはなるかな。



キャラが先か話が先か

塾生の皆さんと話をしていると、ストーリーの作り方や浮かび方も色々パターンがありまして。

「頭にふと浮かんだシーンに、あれこれと浮かんできたものをパッチワークのようにつないで作りますねえ」

「ある状況を考えついて、そこから話を広げていくかな」

ふぅん、と思ったもんです。パッチワーク型、結構多いな。

そういえば、今書いている課題もパッチワーク型だ。状況と舞台設定という箱を考えてから、後付けで作ったキャラクターを放り込んで、彼らがどう動くのか観察っていう感じ。


で、今ですが。

まず、頭の中に先にキャラクターが出来てしまいまして。

そして、登場人物を取り巻く人間関係図だの環境が立ち上がってしまった。

まだストーリーは出来ていない……けど、そうなるとキャラクターに合わせた話を考える必要が出て来る。


お料理に例えますと「まずカレー(怪談)を作ろう」と考え、材料(キャラクターや舞台設定)を整えるのが定番な方法なんですが、キャラクターという材料が先に目の前にあって、そこから「さあ、何を作ろうか」と考えるのは……別に珍しくないけど、ジャンルに悩む。

そして、長編向きか短編向きか。

キャラクターとジャンルがマッチしないと、流れがどんどん違う方向へ進んで行き、ああ、話がカオスに……って今だよ、今の課題がそれじゃないの。


もう、失敗はしたくないな……と、設定書きと、自分で描いたキャラクターイラストを睨みながら思案中なんですが、非常に困っていることがある。


毒舌で傍若無人で見た目もナンありで、根性も無いヒロイン……使える話のジャンルが限られる。

ホラーにはあまり使いたくない。

さあ、何を書けば良いんだ。








防音問題

先日の送迎会にて・上司との会話。

「やっぱりウーファーがあったほうが良いですかね?」

「ウン、映画観ても、ヘリの音がホントに上から降ってくるようでさ。あれがある無しで、爆発音とか迫力が全然違う」

うんうんと深く頷く彼。

家電やデジタル関連大好きな人でした。ちなみに家の音響設備は5・1チャンネルだそうです。

そんな上司が、東京へと去る前に私に残した別れの言葉。

「ウーファーはお勧めだよ~」


うーん。

会社帰り、電気量販店でウーファーの前に立つ私。

今はアンプがあって、スピーカーがあるけどウーファーは無い。

低音の再生専用のスピーカーがウーファーなんですが、低音って音楽やリズムの柱です。

映画をデモンストレーションで流しているんですけど、うん、低音がしっかりすることによって、音の輪郭がくっきりハッキリ。

なんだけどね。


「集合住宅でウーファーは、下手したら騒音トラブルですよ」

と、職場の主婦仲間が言っていたのを思い出す。

「低音って、振動が壁や柱を伝っていくから、防ぐのは大変です。騒音トラブルって、近所付き合いじゃ一番深刻でしょ」


確かにそうね。

私はゆくゆくは、この地の自治会長の座を手に入れて、町内の権力の王座に座る予定。

騒音トラブルを起こして、近所の支持率を下げるわけにはいかない。

仕方が無い、ちょっと保留にするか、とその場を後にしたんですが。


その後、ネットで『ウーファーを台車に乗せて、移動式にすることで壁や床の振動を軽減する』という方法を発見!!


ど、ど、どうしよう。




韓国アニメ

今更それ観ているんか! と叫ばれるのは日常茶飯事。

ガンダムORIGIN・ルウム開戦を観た。ああああああ、日本のアニメってすげえわ。

細部がすごいんですよ、人物の絵です。輪郭の陰影とか、手の動きに目線、人の手で描かれるキャラクターの演技が半端ないクオリティ。

声優さんの「声の演技」の素晴らしさもあるんでしょうけど、アニメの中のキャラクターの表情の動きに目線に動きは、いつか見た、一昔前の超ドヘタクソなアイドル映画、実写を超えています。

ああ、大人になって良かった……またも赤ワインと牛しゃぶ食べながら泣く。


それは置いとき。

2月に観た韓国映画、ゾンビ×カサンドラ・クロス『新感染』の前日談というべきアニメ作品を観まして。監督は、ヨン・サンホ。同じ人ですか。

「ソウル・ステーション・パンデミック」

誰に噛まれたのか、何があったのか、首から血を流すホームレスの老人から話は始まります。

ソウル駅から、ウィルスが拡散され、増殖していく感染者たち。

話の時折に、ホームレスだの福祉問題だ、国民を守らない国防軍。

韓国の格差社会が見えますねえ。


話の軸は、元・風俗嬢のヒロインとそのヒモ。そしてヒロインを探す『父親』その三人なのですが。


生活に困り、恋人でもあるヒロインに『生活のために身体を売れ、どうせキレイな身じゃないんだろ』と迫るヒモでしたが、美人局がきっかけなって、ヒロインの父親と「感染者から逃亡」行動を共にする羽目に。

一方、ヒロインも、ヒモ男と別行動をとっている内に、感染者から逃げ回っております。


ヒロインを探す父親。家出したものの、家が恋しいヒロイン。さあ、この二人は感染者たちの手から無事に逃げ切れるのか? 再会できるのか?


……切ないラストだなあ。

実写『新感染』は、生き残った娘と妊婦、この二人の生還の裏には、我が子を愛した父親、夫の愛情と、人間の情感、そのもののがベースとなった希望があるラストだけど。


このアニメは『死』そのものが救済ですわ。

救いはないけど、見事にピースが収まるラストには、拍手しましたけどね。


正直、韓国アニメに『萌え』はない。

キャラクターデザインに作画の美しさ、動きの滑らかさ、色っぽさ、絵で見せる演技力は日本が段違いに上! 世界トップレベル! ドイツにイギリスにフランスにも、本屋に翻訳があるんですよ!

私、面白いから真面目に観ていた外国アニメは『トムとジェリー』くらいのものでしたが。


この作品は、面白かった。


つぎは同じ監督作品のアニメ『フェイク』を観るかな。




朝食あなどれん

前日の夜、眠気に負けて一食抜く。

夕食だったお好み焼きを朝に回そう……と、眠気で薄れゆく意識の中で思う……次の朝。


『で、結局、朝食にお好み焼きは食べられなかった、と?』

「ハイ、朝は少しでも寝ていたい、というのもあるのですが」


話し相手は、今回他部にいる先輩です。

ちなみに社内の内線で、仕事の話ついでの雑談です。

「朝食、すなわちブレックファスト。朝っぱらお好み焼を焼くのは、如何なものかと思ったのです……先輩も、そうお思われるでしょう?」

『お好み焼き……それは小麦粉と卵とキャベツ、そして薄っぺらいブタ肉よね?』


同意を求めた相手より、社内の内線から「ふっ」と聞こえる。

えーと、これは「聖●士星矢」でいう『相手の主張を半笑いで拒否、もしくは威嚇』ですか先輩!?

お好み焼き朝食は、どう考えても胃に重いです!


そんな同意を得られず、受話器を耳に押し当ておののく後輩。

聞こえる先輩の声。

『そう、あれは、今からン十年まえの朝ご飯だった…‥』


先輩、同期の仲間たちと一緒に、会社の保養所へ遊びに行かれたそうです。

会社の保養所ですからね。当然、同じ会社のグループとブッキングします。

その時、保養所で一緒に宿泊していたグループは、当時『男性管理職グループ数名(各支店のオジサン連中)』の皆さまと、同宿していたそうで。


先輩のグループは、夜はバーベキューだったそうです。

ちなみに『管理職グループ(オジサン連中)』は、別のフロアで焼肉らしかったと。


『べーべキューの次の日、私たち、20代の同期入社グループは『前の晩のバーベキューが重いから、朝ご飯は軽めに』と寮母さんに言ったのよ……そのおかげで、私たちの朝ご飯は、焼き鮭と味噌汁という、フツーの旅館的和風だった』


まあ、そうでしょうね。


『だけど、同じように、朝の食堂の席についてい管理職おっさんグループの朝ご飯を見た瞬間、私たち目を疑ったわ……おっさんたちの朝ご飯は、すき焼きとビールだった……分かるわね? 朝の7時から牛肉を割り下で焼いて、卵つけて食べるのよ? しかもビールよ?』

「……」

『その当時の『朝っぱらからすき焼きビールのおっさんたち』は、数十年後の今、わが社の役員グループになっているのわ。私の言う意味、分かるわね?』

「申し訳ありません、先輩。朝からすき焼きどころか、お好み焼きの朝食が重いとか言う私の朝食レベルなど、下の下です。危うく丁稚で終わるところでした」

先輩のお言葉。

『分かれば良いのよ……ちなみに、我が家の今日の朝ご飯は、食パンと昨夜の残りの海老グラタンよ』


パワーモーニングって流行りましたね。

朝食をしっかりボリューム食べて一日をこなす、というものでしたか。


しかし、朝からすき焼きとビールって、パワーモーニングというより、デストロイヤーモーニングですわ。


見習って良いのか?