陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
愚痴愚痴
愚痴を聞くのは嫌いと公言している以上、人様に愚痴をお聞かせする事は出来ない。

ダンナは言う。好きな事やっているんだろ、ならば愚痴を言うなよと。難所込みでそいつが好きなんだろうと。

分かっちゃいますよ。それは正論ですよ。でもさあ、どうしても吐き出したいのです。

時間欲しい

何故? 以前よりも仕事から帰る時間は早くなっているし、今のところ扶養家族は文鳥のぴーちゃんだけで、家事は手を抜きまくっているというのに。

なんでこんなに課題も何もはかどらないの? 


時間の問題か、やる気の問題か、要領の問題か?


そして自分に聞いてみる。
思い出せ。時間があった無職時代、キミは小説を書いていたかね?と。
いやいやいやいや、全然書いていなかったな。いや、書けなかったね。時間あったけど、何を書いて良いのか分からなかったしな。

時間があればいいってものじゃないと、あの時思ったよ。

ほう、すると時間ではないということになるな。

じゃあ、今ある真の問題は何かな?
一応、書きたいものは出来ているじゃないの、と自分に問いかけてみる。

すると、答えが・・・・・・

ま、まさか問題は、才・・・・・・の、お・・・・・・

その瞬間、見たくないモノは蓋をして、さっさと心のダークサイドへ封印。

さて、もう寝るか。

そうやって、自分を誤魔化して日々を過ごすのでした。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/100-35a2dc5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック