FC2ブログ
陶磁器と文鳥
日々の雑文、カキモノをしている悩みなど
人形とホラーと怪談

イマイチ、我が同居人形・ブリュンヒルデちゃんの評判が、職場でも悪い。

皆は口をそろえて「人形はコワい」


山岸涼子先生の漫画のトラウマらしいですね。結構皆さん、過去の名作を読んでいらっしゃる。

「大体ですね、人形が勝手に動き回るとか、現実にあるはずないでしょうが」

ブリュンヒルデちゃんの弁護をする私。

ええ、朝起きても、昨晩と同じ姿、同じ位置に彼女は座っていますよ。

「んなもん、コワイ話の見過ぎですがな。人形はヒトガタであります。中途半端に己に似たものに、人は恐怖を感じるらしいです。それです」

職場のマドモアゼルが嘆く。

「人形って、チャイルド・プレイってホラー映画がありますよね。ドラマ化されるらしいって知ってます?」

当たり前ですよ。ホラー好きで知らなきゃ、モグリですよ。

「チャッキーとか、ああいうのはね、別に怖くないんですよ」

おや、感想はそれかい。意外というか、思いもよらなかったぞ。

ポカンとする私の前で、マドモアゼルをはじめとするマダムたちもさえずり始める。

「そーそー、洋画のホラーって『あるワケないだろ!』てツッコミ入れながら観られるしねえ」

「血がドバドバでも、現実離れしてるしさ」

でもねえ、と口をそろえて言う皆さん。

「人形のたたりって、ホントにありそうじゃないの」

「トイレ行くのがコワくなるのって、そういう話なんだよねえ」


コワイ、の基本、シンプルを見た気がする。

「トイレに行くのが怖くなる」

うーん、やっぱりホラーと怪談の違いはここにあるわな、このメンバーで昼飯を食べてよかったよと思いつつ、社内食堂の塩チャーシュー麺をすする私。

しかし、ブリュンヒルデちゃんに関しては、みな誤解している。

今の彼女は、19世紀フランス有名な人形工房をベースに作られた、可愛いレプリカドール。


彼女がヤバい人形になるのは、私が死んでからであります。














スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/1047-177896d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック