陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
駄文更新
今月27日休塾のため、課題提出のインターバルが2週間出来まして。

よし、課題の手直しの猶予が伸びたぞ、今の内にカクヨムにアップ分を! と書いておりました。更新二か月ぶり、ああ良かった。
だって、未完のままネットに掲載って、悲しいもの。

そして、合評課題にも未完のままが二つ出てきまして。

ストーカーものです。前半はスト―キングする加害者の男目線で、後半は被害者の女目線で書いたものです。
前半は不気味さを押し出し、後半はお笑いにいったのですが、話の明度の極端さに『すっごく混乱』と言われてしまったもの。

結局、この話は失敗ということで未完で終わったのですが、すでに頭にあったオチは気に入っていました。
勿体ないなあ、なんてずっと思っていたのですが。

そしてもう一本、こっちもストーカもの。

リーアム・ニーソンの『96時間』を観て思いついたもの。
このオチも気に入っているのでしたが、不評。

二本を読み返してみると、先生ご指摘『説明文』なのです。
語る、ではなくて説明文。

仕立て直してみようかなあ、と考えてみました。
二つを読み比べてみると、色や話の明度は違いますが、共通した私の主義主張がこめられております。
なので、愛着がある。
言いたい事は、ちゃんと書き上げてやらないと、勿体ない。
しかも、題材は一緒だから、あと二話くらい書き足せば、連作になるぞ・・・・・・とスケベ心。

さて、最近読み終わったのがJ・ウェブスターの『あしながおじさん』

誰もが知っているお話です。孤児ジルーシャに訪れた素敵な幸福。月に一度、学生生活を手紙に書き送るという約束で、彼女を大学に行かせてくれるという紳士が現れる。

彼女はその好意に感謝し、彼を『あしながおじさん』と呼んで、日々の出来事を挿絵入りで大学生活の日常を書き送る・・・・・・という書簡の内容。

孤児院育ちなので、中世期イタリアの大芸術家、ミケランジェロを天使長の事だと思ったり、世間でいう普通の女の子が知っている事も知らない。
なので、こっそり本を読みふけって一生懸命知識を仕入れる、その姿が可愛い。
あしながおじさんに素直に感謝し、立派な大人なり、作家になって恩返しをしようと意気込むその姿!

そして素敵な紳士と出会うのですが・・・・・・。

つい、裏側を読んでしまった。
これって、金持ち青年の、実に用意周到な嫁取計画では・・・・・・?

金持ち青年が、ジルーシャを孤児だった時から見つめていたのか、それとも夏の休暇に、正体を隠して彼女の様子を見ている内に、好きになったのか・・・・・・どっちだ?

もしも、評議員として孤児院を訪れた際、ジルーシャを見染めていたとすれば、これは壮大な計画です。好きな娘を大学に行かせ、日常生活を報告させ、自分の故郷へ夏のバカンスに招待し、正体を隠して接近、好意を得る。

・・・・・・そういえば、彼女と他の男子との触れ合いの機会をつぶすなど、なんだかんだと姑息な手も使っていたぞ。

恐るべし、あしながおじさん! 
だけど、ハンサムな金持なので許される。

ちゃんと募金させて頂きます。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/107-408cab22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック