陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
塾の向こう側
合評。

スタジオを地下室から埠頭の倉庫へ。地下室から倉庫に場所が変われば、それに伴って殺戮の描写も変わる。
出口が鉄製のドアか、シャッターかで、逃げ方色々変わりますんでね。

「まあ、実地検分しただけあって、倉庫の中は突っ込みどころは無い」

わーいわーい、やっほう、やっと次いけるぜ。
せっかく進行考えていても、次へ進む合格が出ないと書くわけいけないし。
ちなみに、進行が思いつかないうちに『よし、次』と言われたら、結構大変です。
まず職場のトイレで神頼み、駅のプラットホームで天に祈り、家のトイレの便器を磨いてようやく次の展開を思いつく・・・・・・という一連の儀式が進行します。

「でもさあ、倉庫のスタジオ、これがどうもなあ・・・・・・こういう場合、倉庫の中にスタジオをまた作るで」
「はあ、倉庫の中に、もう一つハコを作れと。でも、私が殺人ビデオを撮る場所を作るなら、そんなにハコに金はかけないです。映画と違って、売り物は別に大がかりな背景やセットではないですからね。そもそも、また内部にスタジオを作らなくても、この倉庫自体が防音処理できていますし、それに助けを呼ばれるとか何とか、倉庫周辺、夕方は人気ほとんどいないんですよ」
「もしも倉庫で殺人ビデオ撮影中、警察に踏み込まれるとする。シャッター開けられたら終わりやん」
「あーなるほど、壁がもう一つ、いりますね」

細かいなあ、というのが正直な感想。
リアリティの追求ってやつは、実際には描写の無い設定も考えるもんなのね。

「倉庫の中に、スタジオがある設定で書き直し」
 つい文句をつける。
「先週、それは仰らなかったですよ・・・・・・先に言って下さいよ」

しくしく・・・・・・ですが、まあ考え直す。
目的は、早く書き上げるのじゃなくて、小説の上達だ。
どーせ違う原稿も書いているし。

しかし最近思うのは、やっぱり時間が欲しいなぁという事。
本読みたいし、映画観たいし、課題以外の小説書きたいし。

今、課題以外で書いているのが、ストーカーがテーマの連作。
ホラーバージョン、ギャクバージョンとそれぞれ2作の予定。しかし6月終わりの今、二作目にとりかかっているんだが、8月末までにあと2作、書けんのかね。

巷でよくある青春モノ、根性ものドラマには、『自分を信じる』というテーマがありますが、私が一番信用しないのは「自分」だ。
出来るのかよ、オイ、ワタシ。

8月中は、先生が手掛ける凄いイベントがあるので、そのお手伝いに行きたいのですが・・・・・・そうなると、時間のやりくりは更に考えないと。

こう考える事が多いと、ネトラジの司会で放送事故なんて、どーでも良いように思えてくるのが良いですね。








スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/111-80efa762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック