FC2ブログ
陶磁器と文鳥
日々の雑文、カキモノをしている悩みなど
名作の条件

結末も知っているし、その道中もキャラクターも、もうアタマに入っている。

それでも、一定のサイクルで読み直す作品。もうストーリーどころか、風景やセリフまで知っているのに、定期的に読み返したくなる。

ジャンルは関係なし。

受賞もベストセラーも関係なし。


『闇金ウシジマくん』を読み返しているのですが、これは読むと陰鬱になる。金に振り回される人間、搾取する側される側のセリフが、かなーり心に痛いです。

人生の暗部ど真ん中に拳を突っ込まれ、かき回されている気分。

そして、部分的に散らばる、イヤなリアリティ。

ヤンキーの交友関係って、中学生でお終いなのか……高校とか大学、職場で更新されることはなくて、十代の先輩後輩関係が、ずっと続く訳か。

わあ、先輩後輩の中は、互いにかばい合ったり助け合ったりという無償の関係じゃあないのね。

弱肉強食、理不尽な関係です。これを読み、ヤンキー予備軍が絶滅することを祈る。



残念なのは、これを心行くまで語り合う仲間がいない事です。

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/1182-5734b0f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック