陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
この初心は忘れるべきか。
先日、段ボールに詰め込まれた、、昔書いた作品が出てきまして。
パソコンもワープロも普及していない時代のものです。ノートやレポート用紙に書きなぐっている。
捨てるに捨てられず、封印していたものでした。背後に誰もいない事を確認し、封印を解いてみた私。

「SFアクションばっかり書いてるな」

アニメの影響を受けているものばっかりでした。未来の警察官の話があるな。
主人公と仲間の警察官、皆独身寮に入っていて、それにまつわるエピソードもある。

おお、麻薬中毒で死んだ犯罪者サイボーグ、脳は死んだ状態で身体の機械部分だけが暴走し、独身寮を破壊しようとする話がある。それを寮住まいの警官たちが主となって対峙するのですが。
生身VSサイボーグ。苦戦する警官たち。

「あのキチガイサイボーグ、寮に封印して建物ごと爆破しろよ」
「貴様、寮を何だと思っているんだ! 勝手なことぬかすな」

外部通勤者VS寮生活者同士の争いにも発展。
そこで登場、マッドエンジニアの警官。

「急増する違法サイボーグの犯罪に対処するために、技術部と共同開発しているモノがある。データ収集と実戦の機会だ。使おうぜ」
てなもんで、パワードスーツが登場。

塾のSF担当者が読んだら、こっちに風船爆弾を飛ばしてくるであろうクオリティ。

しかし、何だって今はホラーしか書いていないんだっけと思い出すと・・・・・・そうでした。

この塾は、合評というシステムがあります。自分が書いたものを人様に読んで頂かなくてはいけません。

それを知った時に思ったのでした。私が書いた恋愛やヒューマンなんて、絶対に面白くない。

どうせなら、ぬるいのじゃなくて強烈なのを書こう。
じゃ、ホラーだな。

そんな感じ。

なんて消去法かつ、後ろ向きな理由かしら。こんな初心なんて忘れた方が良いかも知れんと、我ながら感心しながらも、今夜も血まみれを書いています。
スポンサーサイト
コメント
コメント
恐怖と笑い
ごきげんようです。

コメディに挑戦するおつもりはないんですか?

優れたホラーを創る人はコメディもいいのを創りますよね。
映画なら「呪怨」の清水崇監督も、コメディ撮ってますしね。

恐怖と笑いのツボって同じなんでしょうね。漫才さんが怪談語ると上手なのはツボが同じなんでしょうね
2016/07/19(火) 23:22:13 | URL | 中島浩光 #AH9/n9xo [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/122-0e9822f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック