陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
駄文更新
最近、似合う服が狭まってきて、着る服が無くなってきたなあ。
少女趣味がついに似合わなくなったぞ、今後、どうやってファッションの方向を定めりゃよろしいのかと、ついに大人の悩みが見えてきた私。
そんな私に、神様が生きた教材をおつかわしに!

朝の出勤の途中、たまに見かける白髪のご婦人、この人がカッコイイ。
年齢は60才後半70くらい。

ほぼ毎日、白いシャツ姿です。パンツ姿が多くて、今日はブルージーンズにクリーム色のスニーカー。手に持つのは、鮮やかな黄色の帆布の手提げバック。
背筋を伸ばし、他の出勤客のペースに合わせて大股に歩いておられます。

小物を差色に使っているのよね。確かこないだは赤い帆布の手提げ。
冬はベージュのステンカラーのコートで、あの時も赤い色のマフラーが鮮やかだったなと。

以前、阪急百貨店で、白いシャツにブルージーンズ、紺色のサンダルは多分ビリケンか。黒のコーチの、男物のななめがけショルダーですたすたと歩いていたカッコいいおばあちゃん、あの人だったのかも。

そうだなあ、よく見るおばさんファッションの共通点って、姿勢が悪くて色がくすんでるのよね。
お洒落は、姿勢の良さか?


スポンサーサイト
コメント
コメント
お洒落は姿勢から。そして工夫とセンスと色気
ごきげんようです。

拝見するに、素敵なお婆さまみたいですね。最近は男女問わずお年を召した方でもお洒落な人が増えてきたのはいいことだなと思います。

そういう方々はまず例外なく姿勢がいいです。お洒落のまず第1歩は姿勢からだなと思います。

そういうのが「色気」なんだろうなと思います。いくつになっても人間は「色気」なくしちゃ駄目。特に女性は。

僕が「お洒落~~~~~!」といまだに憧れなのは、VANの創始者石津謙介さん。80歳過ぎた時の写真を見たことあるけど、80の爺さんがこんなお洒落でいいのかと思いました。

着物の記事でスーツを仕立てて、それを着てるんですがめっちゃお洒落!

ブランド物の高い服である必要はまったくない。バーゲンで買った安い服で充分。着こなし次第でいくらでもお洒落になりますもんね。

カッコいい女性になってください。着る服が無くなって来たなんて、諦めるのはまだまだ早い!
2016/07/21(木) 00:05:47 | URL | 中島浩光 #AH9/n9xo [ 編集 ]
Re: お洒落は姿勢から。そして工夫とセンスと色気
ひろみつ様。

励ましのお言葉、ありがとうございます。
若き日は、お洒落はファッションと美醜、体型重視ですが年をとるにつれて重視するものが違ってくるもんだと感心しています。
センスと生き方と、姿勢。

工夫にセンスなんて金の力だけでは無理だし、生き方と言われたら・・・・・・己の色気に自信ある人なんて、そもそもいるのか?

勝負の幅が広がるのは良いのですが、更にハードルが上がった気がします。

2016/07/21(木) 22:12:16 | URL | みほ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/123-350a9276
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック