陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
シン・ゴジラ観に行く。
7月29日より公開!
エヴァンゲリオンの新作まだですか、庵野監督と嘆きつつも劇場へ。
いえ、だってこの監督の「特撮愛」は、安野モヨ子さんのエッセイ漫画で知っておりますので。

大好きな人が大好きな分野の映画を作られたのです。見なくては。

で、話の流れは……
東京湾で無人のボートが発見。操縦者は船内に見つからず、事件性はないものとして処理されますが、そこに封筒と折り紙が残されておりまして。

その後に東京湾が噴火、東京アクアトンネルが崩落。首相官邸では緊急会議が行われ、その原因は地震や海底火山という意見が大多数。その中で、内閣官房副長官、矢口がただ一人。
「海中に住む巨大生物の仕業です」
周囲にいた内閣総理補佐官の赤坂たちは当たり前ではありますが、矢口の言葉を信じない。
ところがその巨大生物が海上から姿を現す。
とんでもないスケールのこの怪獣に対する政府の対応として、まず意見が分かれるのは、この未知なる生物を政府としては、保護か、駆除か、追い出すか。

ところが、怪獣は上陸し、東京を破壊しながら進んでいく。

この事態に、自衛隊を出動させるか否かが政府で論議。なにせ怪獣出現なんて、前例がない事態なので、政府は右往左往。
米国国務省からは、巨大怪獣駆除のアシスタントとして、女性エージェントが来日。

ついに自衛隊も出動し、戦闘ヘリが砲撃の照準をゴジラに合わせるが、すぐそばに老母を背負い、避難しようとしている男が!
撃ったら巻き込んでしまう! 
さあ、市民の人命優先か怪獣駆除か?

巨大怪獣VS自衛隊の戦いが始まる!
一方で、火器が一切効かない怪獣を、どうやって倒すべきか、生物学的な見地から検討する、主人公率いる「組織のはみ出し者」結成チーム。
怪獣の正体は? どんな生物なのか。それは、最初に出てきた無人ボートに残されたものにある。

ついにアメリカ軍も参戦。しかし、敗北。
国連は多国籍軍を結成し「ゴジラ」と名をつけられたこの怪獣を、核兵器でもって倒そうとする。
それは東京が核によって破壊されるという事。

核を東京にだなんて、そうはさせまい。日本に三度も核を使わせてたまるかと。核が落とされる前に、ゴジラを倒す作戦を進行させる主人公チーム。
主人公チームの作戦は、外部攻撃が効かないのなら、内部にダメージを与えることによってゴジラの動きを止める作戦。
この作戦のために、チームは薬品工場や各研究機関に協力を求めます。

主人公チームのチームプレイと、外部への協力要請。各国への外交手段、根回し。
あらゆる機関が手を組んで、一つの目標へとまとまっていく。ここの部分、好きです。

日本はゴジラに、そして、東京に核を落とそうとする国連の決定に勝てるのか?

何せ、愛する者のためにとか、そういう湿っぽい感傷的なものは切り取られ、いかにして国家はゴジラという未曽有の危機に立ち向かうのか? というテーマがシンプルにあります。
余計な号泣も、暑苦しいシーンもない。

不自由な縦割り組織の中で、主人公たちは、いかにして行動し、国土と国民を守るのか? それが見どころ。
シン・ゴジラのひび割れた、不気味な造形も好きです。破壊シーンなんて見事。
自衛隊も協力。戦闘シーンなんかたまらん。

私は好きですよ、このシン・ゴジラ。
音楽はエヴァの鷲巣さんです。劇中、ちょっとエヴァを感じさせるメロディに笑います。
伊福部さんの、あの曲も勿論入ります。

組織に属する大人の仕事を見せてくれる、大人のゴジラ映画だなあ。

ドンパチ展開のみを期待する、頭の悪い10代は観ていいものかどうか、危険だ。
大人になってから観なさい。














スポンサーサイト
コメント
コメント
シン・ゴジラ
このゴジラ、見てないので何とも言えませんが前評判高かったですね。

印象に残ったのは「これは自衛隊の映画だ」というコメントでした。

弾薬1発撃つにも大臣の許可と特別立法が必要なのだと言うことがちゃんと描かれてると。

DVD出たら見ようと思います。
2016/07/31(日) 13:55:14 | URL | 中島浩光 #AH9/n9xo [ 編集 ]
Re: シン・ゴジラ
その通り、縦割り組織と法律の描写がよく出てきます。
攻撃に許可を求められる大臣の迷いっぷり、自衛隊がもし、ゴジラと戦うとしたら? という描写がすごくリアルです。

ゴジラを人間の目線、下から見たアングルの迫力など「おおっ」と思います。
ラスト、街中を横断するゴジラを倒すため、どうやって足止めするか。
大好きなシーンです。ブルーレイ出たら買おうと思います。


2016/07/31(日) 21:35:34 | URL | みほ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/131-cb0b5a19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック