陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
塾のそっち側
4月から提出開始の我が小説課題。

1ヵ月に2度ある合評のたびに、大幅書き直し、書き足しに修正を重ねて、約50頁まで提出しました。

しかし、実は未提出分ですが、すでに話は最終章まで書き進んでおり、3月に書き始めて7月には書き終える予定だったのです(ちょっとペースが遅れていますけど)
私の予定としては、さくさくさくさくと課題を提出し、9月頃には合評をすべて通過させた後で、さあどこかの出版社に応募するかと考えていたのですけど。

ですが、そうは甘くなかった。予定とは狂うためにある。

主人公の年齢設定を何故高校生にしたのか、いや、そもそも別にラノベ要素入れずに、もうホラーで良いじゃないの。
どこの重点を置くの? ホラー? ラノベ?

合評の際、そのやり取りの中で私はキッパリ言い切ってしまいました。
「この高校生3人組のキャラクターが書きたかったんです」

この塾に入る前から、独りで書いていた小説に使っていた愛着あるキャラクターなので、
一度は表に出してみたかったのです。

先生、少しお考えの後、一言。

「最初から書き直ししてみる? 書き直しした方が、文が良くなる事多いし 」

そして、書きなおしの際の課題は3つ

①ライトノベルズなら会話で読ませる ②ホラー要素をきっちり入れろ ③ラノベなら、少年少女の心理に特化

「あの~スプラッタ描写入れているんですけど、怖くありませんか? 」
「怖くないな」
……恐怖心麻痺している職業病じゃないですか? と突っ込んではいけません。

そして、書き直せとは……つまり、暗に先生、私の書く文体は、ライトノベルズではないと仰っているのか?
過去の私の小説は全然面白くもなかったという事実を、最近まで先生が隠されていたのを知って以来
(この話は「良い先生じゃん」と周囲にバカ受けした)どうも言葉の裏を考えてしまいます。

書き直しか……イチから書き直し……こりゃ、秋に投稿する予定は潰れたな。

さて、ラノベってどんな感じたったけ? それを思い出すために「フルメタル・パニック」再読中です。
そしてホラー感覚をもう一度呼び覚ますために選んだのは、クライヴ・バーカー。
こちらはスティーブン・キングよりもスプラッタ描写がキツイ。

机の上には、ピンク色の表紙のライトノベルズと黒い装丁の「血の本」シリーズがあふれています。

ジャンルのカオスだわ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/15-0527a77b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック