陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
怪談かもね
怪談の魔スタッフOさん。

今まで絶対に落とすことなく、しかも落としても必ず手元に返ってきたすんごく高いボールペンが行方不明、生れて初めて自宅のカギを紛失し、客として『怪談の魔』へ赴こうとしたら、必ず何らかのトラブルに巻き込まれる……
そして金曜日、職場のメール回線不能。
業者さんもお手上げ。

「……と、いう訳です。呪いですよ呪い!」
「ですよね! こっちも亭主と離婚話が勃発ですよ、呪いですわ呪い!」

男性陣そっちのけに、スタッフの女二人で盛り上がる金曜日塾の飲み会。

そして月曜日……わが職場でインターネット回線謎のトラブル。
36件のメールが送信不能。一日たった今だ、謎は解明されず。

呪い呪いと連発するのですが、お化け屋敷会場に陳列するいわく人形は9体(10体)。匿名の読者から頂きもの、始末に困って持ち込まれてきた心霊写真が散乱し、ゲスト日替わりで語りまくる実話怪談、さあ、どれが発動しているのか?

でも、偶然だと思いたい。亭主の言う通り、怪談とは後付けですから!
客観性は必要だし!

きのせいだぐうぜんだと、心に言い聞かせていたところで、中山先生のブログ。

あの、伝説の生き人形さんが、先生と同居!
回り巡って、ついに先生のもとに!

……また、何か起きそう。

作家志望として見届けたい好奇心と、平穏無事な日々を願う小市民根性が、血みどろの戦いを繰り広げている今日この頃です。

しかし、客観的に見れば、この夏、それ自体が軽く怪談かもしれない……



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/159-c31e254a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック