陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
塾の向こう側と夏の終わり
淀川花火大会が中止、京都の陶器祭も初日大雨(行ったけど何も買えず)、二日目からは中止、夜中の大阪城にて
怪談を聞き、明け方まで走る怪談マラソンも中止、碌でも無い夏。

さて、それでも幸いな事に、塾はお休みなしで通えています。
しかも、10月から月謝が安くなり、しかも授業が木曜から金曜日になりまして、非常に通いやすく、また、飲み会に
参加しやすく、長居しやすくなりました。

21時に授業終了後したとして、先生のマンションへ移動する途中に、酒など調達、そしてつまみを作ると、
飲み会開始が大体22時頃。
終電時間まで約2時間程。これが結構短いのなんのって。
次の日は仕事があるため、朝まで呑むためには休暇を取らなきゃいけなかったのですが、
もうそんな手続きを取らなくて良い!!

ああ、これで気兼ねなく「モビルスーツのパイロットは、時給1200円も出せば来てもらえるだろうか?」だの、
「我が子の運動会をデジタルビデオでなく、18ミリフィルムで撮れば、どれだけ周囲に迷惑をかけるか」だの、
職場の飲み会では到底出来そうにない、訳が分からない議論を、始発まで楽しむ事が出来るのです。

嬉しいなぁ。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/17-6adb0b4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック