陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
駄文更新

本当に本当の終わりです。


19時、お化け屋敷が本当の終了。最後のお客は学生さんらしきグループで、大騒ぎしながら入口へ向かい、大はしゃぎしながら出口から出てきました。


スタッフの方に中に案内して頂いて、お化け屋敷書斎の中に展示していた、中山先生の個人の備品、パソコンだの書籍だの、リカちゃん人形だのを回収。そして、いわくつき人形を返却のために回収。

そこで発覚。

あの男の子のお人形、実は人気者だったという。

「かわいー」

だとか言われていたそうな。今回も最後なので、お化け屋敷スタッフの可愛いお嬢さんと記念撮影……あの~「呼吸していた人形」のキミ、抱っこされて嬉しそうな雰囲気発散させているのは、気のせいかね?

そして、彼はまた、どこかで出演予定らしい。市松さんといい、最近先生お人形づいてますねえ。

そういえば、SF担当もフランス人形と市松人形さんをお持ち帰り。和洋対決ですか。

来週の金曜日、作劇の授業があるが、その時に性格変わっていたらやだなあ。

SF大好きインドアの哲学青年が、ハードボイルド愛好のアウトドア野郎になっていたら……バーボンをストレートで呑み、複数の美女を従えて塾にやってきたら……そう想像すると恐ろしい。

その時は、クロロホルムかがせてでも、SF担当をお祓いに連れて行こう。


そして、「いわくつきフランス人形たち」は、『呪いの人形』とご丁寧に記された段ボールに入ってご帰宅。

また、次のお化け屋敷で色々なパフォーマンスを見せてくれるでしょう。

何ですね、あなた方。実はZAZAでも、勝手に位置を入れ替わるだの何だのと、結構なサービス精神を見せてくれたそうではないですか。

もしかしたら、来年もこっちで続編とか言って、お化け屋敷があるかもね。

その時は、どうぞよろしくね。






スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/171-fe878765
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック