陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
本日も駄文更新

どこかで二章がスタートしていますが、わたくしの『人形の夏』はこれでいったんピリオド。

で、前回のブログにポットが50個というところで、気が付いたのです。

ティーカップと、マグカップはいくつあるんだ?


大抵、ポット一つに対してカップル類は一つ二つセット。場合によってはもっとある。

さて、そうなると大体予測はつく。

……怪談の魔連続公演36日間。

しかし我が家において、確か日替わりでカップ使用連続40日をやったことがあった。

食器棚を見ながら、ううむと呻く。

実は、もう食器、棚からはみ出しているんですよ。

2つあるのよ食器棚。そしてあと3か所あるのよ食器の収納場所。


思えば20の頃、初めての一人暮らしを始めたころ、食器はご飯茶碗1つ、大皿小皿が各1つ、コップとティーカップとマグカップも1個ずつ。そしてポットも2つしかなかった。

ああ、思い出した。

初任給が手取り12万で、家賃が5万5千円。

百貨店の高級食器売り場で、うろうろと美しい食器を見ているしかなかったのよ。


それがあなた、今じゃこれですよ。棚からはみ出してますよ食器。

私もここまできたかと、しみじみと感慨にふけりながら、カップ類を数える。ちなみに、湯飲みなどの日本茶用と、ガラス類も除く。


うーむ、ヨーロッパ各地の窯を制圧している。でも日本の窯は3つしかない。

80で、数えるのをやめる。


年取ったら、アンティークショップを開きたいと思っていたが、喫茶店を開く可能性が出てきた。


ちなみに、亭主はン年前に1,000円で購入し、今は縁の欠けたカップ1つを、酒もコーヒーも紅茶にも日本茶にも使い続けている男だ。

あれには近いうち、付喪神が憑きそうな気がする。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/172-7810f33f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック