陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
酒が飲めないので

物書きになりたい、と言っているほどなんだから、小説書くのは好きです。少なくとも苦にはならない。

例え話に行き詰まっても、今は本業ではない気楽さと、性格的いい加減さで思い詰めることも無し。

しかし、それでもやっぱりモノを書くことで、困っている事がありまして。


酒が飲めない。


すっごく飲みたくなる日があるんですよ。好きなワインが安売りされている日があるんですよ、肉や魚が、トマトが安い日があって、外で飲みたい日もあるんですよ。


ああ、なのに飲んだら書けなくなる。

酒は気ちがい水とも呼ばれておりますが、私にとっては怠惰水。理性や思考は回るのですが、実行するとか頭を切り替えるスイッチが壊れてしまう。


実験によると、酒の量には関係ないようです。アルコール分3%のチューハイ2本も、ワインボトル一本も、「やる気」は木っ端微塵に砕け散る。同じ末路をたどりました。


なので、小説を書こうという日は、酒を一滴も飲んではいけません。

己との戦いです。

しかも、今は合評課題以外の作品も書いているところで、おまけにその期日がギリギリ! 1日最低4ページ(40字×40行)は書く必要があり。

簡単だって思うでしょ? ですが私にとっては舐めていたら怖いノルマなんですよ。

合評課題も並行です。そして、話がとんとんと頭の中で進めばいいけど、行き詰まることの方が多いですからねえ。

想像してみただけで、怖いぞ4枚。

そういう訳で、最近家では飲んでいません。

酒は飲まずに炭酸水でローストビーフ食べている、この空しさよ。


もう、塾の飲み会以外、飲める時間が無い……


そういう訳で、最近酒を我慢している反動で、塾の飲み会メニューはイタリアンにしてしまおうかと考え始めています。

麺類はスパゲッティ、チーズだのバジルだのトマトだの茄子だの生ハムだの。


他人を巻き込むな? 塾生はチーズと野菜嫌いが多い?


しょうがないでしょ、かけがえのない私のためです。














スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/175-050a0d5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック