陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
MBS! 公開後悔録音

ありがとう! Oさん!!(注:ビール大好き女性の塾生です)

と泣き喚きながらMBS公開録音へ。

今年の夏に行われた、あの北野誠さんの茶屋町怪談。再生回数の凄まじさで再度収録が決まったのは、8月27日の先生のブログでも皆さまご存知。


公開収録に、応募してくださったOさん。

「もしも外れていたら、塾生枠でどーにかならんでしょうか」

「オフィススタッフになって現場入りという手もあるで」

ただ今、オフィスイチロウでは、映像が出来る人と、営業さんをものすごーく募集中です。


スタッフになれば、オフィスイチロウの看板を自由自在に使って企画営業できるぞ。人を集め、イベントを仕掛けるのは楽しいぞと先生。

面白好き、酒好き人間好きにはたまらんオフィスです。

腕次第では金も稼げます。冒険根性旺盛、自分で道を切り開くクリエイターとして己を試したい方、奮ってご応募を。


そして、Oさん、公開録音参加の応募が当たる。しかも「ご一緒にいかがですか?」

何ていい人でしょう。最近塾でブーイング飛ばされまくっている私の、唯一の味方でもあります。

感涙にくれながら、いそいそとMBS。


……後悔、公開録音と銘打たれただけはある。

確かに怖かった。

人は真の恐怖に直面したら笑うのです。

洒落にならんわと笑うしかないくらい、あの方のヤバい状況が暴露されていました。

……カウントダウン……!


さて、公開録音終了後が本当の怖いお楽しみ。

これですよ、ライブの面白さ。放送できない話が乱舞。

タイムリーなあの事件も話題に出ましたよ。

そして、先生宅にただ今滞在中の『呼吸している人形さん』も登場。

ちなみに、数時間前まで塾の飲み会でご一緒でした。ちなみに名前は「じろうちゃん」と塾内において、勝手に命名されています。

「彼、怒ってますよ」とゲストの和尚さんが指摘。そりゃ、いくら呼吸していたらかって、顔にビニールかぶせられてちゃ、不機嫌にもなるわい。

素晴らしい時間でした。


自分の背中、見えないはずの自分の状況を見透かす人というのは、これは怖い。

そんな人に「ちょっと、あなた……」そう話しかけられたりしたら、こりゃ恐怖。そういう意味で、あの中で一番怖いのは、終始穏やかな和尚さんでした。


そして、和尚さんがお人形を見るところを、私はずっと目で追っていたのですが。

妙に、視線が静かだ。

これも怖かった。


『怖い』をまき散らしながら終わったこの夜。

放送が楽しみですね~
















スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/177-0fd3d8d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック