陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
我を語るタイプを考える

飲み会や合コンで、一緒の席になったらめんどくさい……私にとって、それは『己を語る』人。


話の内容が、自分とその中心しかない人。

その人の家族や友人の話題も出るには出ますが「エピソード」ではなく「データ」にしか過ぎない事が多いので、別に面白くもなんともない。

「うちの子も、和菓子が好きなんですよ~、だからよくスーパーに買いに行くんです」

あなたの子供が和菓子が好きだと知っても、それが何になるのか? で、それだけか? え? 本当にそれだけ? どうやってその話を膨らませろというのだ……まあ、そういう人とか。


飲み会での話題を、絶対に自分の話に引寄せる人がいたなぁ。

自分のエピソードを語りたいのは分かるのですが、ずれている。

ン年前のバイト先にての飲み会。メンバーは男女3:3で、平均年齢28歳。わたくし以外は全員独身。その時の話題は『趣味にいくらまで金をかけることが出来るか?』だったのです。

「一度に使うとすれば、ひと月の収入が目安かな」

「僕、最高額は今の車です」

「それで、なんで自転車通勤なのさ。勿体ない、走らせんかい」

「家からチャリで5分ですもん」

私は、恋心ではない、純粋なスケベ心でもってそのチャリの走行距離をもっと詳しく聞き出し、年下のハンサム君の住所を割り出そうとした時でした。

さっきまで黙っていた女性が、突然口を開いたのです。

「(突然)私、子供の頃火事に遭ってん」

突然、語る語る。子供の頃に家が火事に遭って、家族が亡くなって苦労したからなんとか、高校進学がどうのこうの、超重いワタシ一代記。

私の隣のハンサム君狙っていたのは知ってはいたけど、逆効果。彼はもう下を向いていた。

……というか、飲み会だというのに、家族がが死んだなんて超ド級に暗い話題の挿入によって、笑ってはならない空気が作り上げた、恐ろしい人でした。場が一度ああなると、もう明るい空気は浮上しません。当然、私もハンサム君の住所を割り出すどころじゃありませんでした。


我を語るタイプって、自己愛強いの多いよなあ、どんなに自分大好きだよ、大した己でもねえくせにとしみじみと思い出していた私ですが、トンデモナイ事に気がついた。

……黙っていれば、人に知られるはずもない己の脳内世界、妄想を文字にし、具現化し、あまつさえ人に読ませるのも同じではないか。

「自分自身の話」か「脳内世界の話」違うのは嘘か現実かの違い。どちらも己が強く出ていることは間違いない。根っこは同じ。

『己を語る』タイプとは絶対に友達にはなれん! と必要以上に嫌っていた理由が判明。


近親憎悪!?















スポンサーサイト
コメント
コメント
照れてください
ごきげんようです。

>話の内容が、自分とその中心しかない人。

僕にとっては、そういう人は「嫌な奴」に過ぎません。

例えば、みんなでワイワイ喋ってる時に誰かが「この夏、ハワイに行ってきた」と言ったとします。

すると、それにおっ被せるように「ハワイ?俺はヨーロッパ行ったよ」って言うような奴です。

普通そう言う時「ハワイ?どうだった?なんか面白いことあった?」って訊くと思うけど、そこへなんでお前のヨーロッパ旅行の話が出てくるの?ってことです。

基本的に「自分」って語ることではないと思います。
いけないって言うんじゃなくて、「君ってどんな人?」って訊かれたら答えればいい。でも自分から語ることではない・・・・・違うかな?

己を語りたかったら、本を書けばいい。人は誰でも一生に1冊は本を書けます。自分のことを書けばいいんです。

同じ自分を語るなら、自分のみじめな失敗談をオーバーに膨らませて、みんなを笑わせるといいう「照れ」を持ってほしいなぁ・・・・
2016/09/21(水) 18:53:34 | URL | ひろみつ #AH9/n9xo [ 編集 ]
Re: 照れてください
ひろみつ様

そうそう、我を語る人って『照れ』がないのです。自分そのものが話の中心になりうると思っているのか、失敗談でもなく、芸もない。だからつまらない。
何をどう、勘違いしているのか? その頭の中を想像するという楽しみを最近見つけましたが……でも、二人きりにはなりたくないタイプだなあ。
2016/09/21(水) 22:11:55 | URL | みほ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/179-9b5c41bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック