陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
マイセンらしくないマイセンポット
2010年、1月にドレスデンの骨董品店で購入。
150ユーロで、1ユーロ130円くらいだったか。
当時のレートで行けば確か20,000円くらいだった。

「マイセン」とはいっても、このポットの薔薇の柄はマイセンらしくない。
しかも裏のマイセンマークにはスクラッチ入り。
つまりはセカンドクラスである。
そして、本体より蓋が多小さめである。
一級品ならぴったりとおさまるのだが。

これの裏の宝剣マークと、
手元にあるマイセンのカタログとを照らし合わせると、
1860年から1924年、それと1934年以降のマークが近い。

マイセンは昔、絵付けを外部発注していたこともあるので、薔薇のタッチが違うのは、
マイセン以外の職人の絵付けのせいかとも考える。
が……モノが不足していた時代だし、もしかしたら絵付け職人の練習用か。



IMGP0292.jpg
IMGP0293.jpg

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/2-fa1c5055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック