陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
読書という底なし沼
やばいなあ、あんな事するんじゃなかったよ。
でもね、ついやっちゃうの。みんな覚えあるでしょ、ダメだダメだと思いつつ、つい手を出してしまうというものね。
そして夢中になるのよ。意志の力なんて砕け散っているわ、どころか塩かけられたナメクジね。跡形もなしのドロドロ。

と、いう訳で『どうでもイイ読書』に手を出してしまいまして、日曜日はこれで終わりました……ああ、カトリーヌアルレーや平山夢明に打ち勝ったのに、ここで挫折。
しかも本は『邪道モテ』オンナの王道をゆけない女子のための新・モテ論なんて読んでどうするんだ。

『きわきわ』リストカットや美容整形、婚外の恋など、女性の痛みを小説や漫画を通して探ってみるエッセイ。
……きついわ。痛いわ。女の子って大変よ。繊細なのよ女の子。男は皆、こういう本を読むべし。オンナゴコロなんて分かんねえよ、というヒマあったら、これ読めと、涙しながら読む。

でも巻来功士の『連載終了』は面白かったな。
ジャンプ黄金時代の裏側を描いた実録漫画です。元々、この人はジャンプと違う雑誌で漫画を描かれていたらしい。そんな彼がジャンプで書くことになり、漫画家と編集者の関係や、出版社の内部事情などが詳しく描かれています。
リアルタイムでこの人の「メタルK」という漫画を読んでいたのですが、この漫画は好きだった。
あの線の太い絵柄といい、両親を殺され、自らも焼き殺された美少女の復讐譚という真っ黒い設定。「友情。努力、勝利」のジャンプの中で異彩を放っていましたね~
雑誌のカラーに合わずに打ち切りになったようですが、この漫画好きだって人、私の周囲にも多いのよ。

そういう訳で、せっかくの日曜日は全然書けず、読書モードの沼に浸かって、書く気力すら沸かず。
これだから読書は怖い。


スポンサーサイト
コメント
コメント
駄目だ駄目だと思いながらも・・・・・・・
>ダメだダメだと思いつつ、つい手を出してしまうというものね。

ごきげんようです。
ありますねぇ~~~・・・・

読書に限って言えば、夢野久作の「ドグラマグラ」がまさにそうでした。

2016/10/18(火) 13:21:09 | URL | ひろみつ #AH9/n9xo [ 編集 ]
Re: 駄目だ駄目だと思いながらも・・・・・・・
そう、楽しみにしていた本の新刊なんて、もう何が起きようと仕事があろうと、優先してしまいますね。
ですが、ドグラ・マグラは高校生の頃に読もうとして挫折しました。
思い出しても、頭の中がぐるぐる……
2016/10/20(木) 21:32:50 | URL | みほ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/208-781b678a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック