陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
1958年のアイドル映画
常日頃、作劇塾で暴言を吐いておりました。

「石原裕次郎の良さが分かりません」

この塾のトレビアンなところの一つに、先生をはじめとする塾生の皆さんほとんどが「私以上の映画通」
であるところ。

そして、授業の一環によく出るのが「映画」の話題。
脚本の作り方からカメラワーク、照明、予算の組み方大道具や小道具、衣装のそろえ方にロケ地を探す苦労話が
出てくる出てくる。

DVDの映画の特典映像に「メイキングオブ」がついていたりしますが、ここではその話に血が通っています。

そんな時間を過ごせるのです。己の心に素直な感想の一つや二つ、言ってみたくなるもの。

多いですよ、裕次郎ファン。
でも、どーしても私には素直に「カッコイイ」とは思えない。

「自分、『太陽にほえろ』の太った裕次郎しか知らんやろ」

はい、その通りです。

「カッコいい、という言葉は石原裕次郎から出来たんやで。当時は日本人離れした身長で、脚も長い」

白という色が、あれほど映える俳優はいないと絶賛されたらしい。

……と、言う訳で、観る事にしました「赤い波止場」
何せ「太陽にほえろ」しか知らないので、ちゃんと若き日の裕次郎を知った上で、批評しないといけません。

結論。

「スイマセン、先生。やっぱり分かりません」

観終えた後、つぶやいていました。

舞台は神戸。裕次郎扮する頭の切れる腕の良い殺し屋ジローが、兄貴分に妬まれて命を狙われる。
そこに、ジローの情婦と、ジローが一目ぼれした一般人女性との三角関係、ジローを追う刑事が絡んでくるというお話。

演技下手。
スタイルも何も、バイオレンスもなにも、アイドル映画ですわ。

次の日の朝、一緒に歩く亭主に、石原裕次郎への悪口を散々叩きまくって歩いていたのですが。

すぐ隣のフェンス越し、朝から家庭菜園の世話をしている、何人ものご近所のおばあちゃん方の顔が一斉にこっちを向いたのです。

……睨まれていた。
やばい、もしやあのおばあちゃん達は……

裕次郎の悪口は止めよう。
そして近所付き合いのために、これから小林旭とアラン・ドロンを褒め称えながら歩くことにします。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/21-1cc93a48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック