陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
時間ぎりぎり
土曜日、ブログのアップに0時を過ぎてしまってその日中に更新できず。
さて、それでは日曜日に二度更新だ、でないと連続記録が断たれてしまう。最初は一週間に一度の更新が、こうなるとえらいもんです。
クセというか、日課でしてね。

さて、土曜日は朝帰り後、睡眠時間を2時間とって京都の神社へ。
得意の神頼みです。
神様にすがるためなら、睡眠時間くらい何よ、明日は日曜日よ。

聞きたいことを思いっきり念じながら、おみくじ。
さて、その結果。

難があるから、ゆだんするな。
気をつけないと損する。

……私のモノ書きに、一体何が起きるというの?
うーんうーんと悩む。
それを見守る宮司さんに聞くワタシ。

「……どういう意味でしょうね、これって」
私に聞かれても……と宮司さんを困らせる。
そりゃそうだ。願いの内容は本人しか分からん。

独り焼肉食べながらうーんうーんと悩む。
そして気が付く。
はっっそうだわ、こんなことしている場合じゃねえよ。
もしかして、書く時間あると思って油断するな、時間を損するぞという意味かしら?

いやしかし、損するのが時間だけと決まった訳じゃないよね。
損することって、時間的なものも、物質的なものも、精神的なものだってあるしさ。
まあいいわ、油断せずに多方面に気をつければ、損も最小限に抑えきれるだろう。
何しろ、私は損をするのが大嫌い。

いえね、若き日の「損」は役回りでも何でも、その後の投資とか、教訓と考えりゃ良いんですよ。
しかしね、妙齢の美しい人妻となると、そう大らかに構えてはいられない。

その損する姿に「おいおい、アナタ、今までの人生で何を学んできたんだよ」
なんてもんです。
特にわが周辺の人々は、人の不幸をネタにする朗らかなタイプ。
人死に以外はネタにされること明白。

ああ、もうすぐ時間だわ。
と、いう訳です。二回目の更新、無事にアップでした。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/214-1d0c2495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック