陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
妄想の優先順位
さて、ストーリ作りの基礎、話を動かすネジ、それは妄想。
24時間垂れ流し、何を考えようと思おうと、口に出さない限りは決して他人にはバレることのない己の聖域。
この秘密の花園には、どんな花を植えても咲かせても自由よ。
うふうふ。例え手足の自由を奪われても、脳内までは手を出せまい。
と、いう訳で妄想を楽しみ、慈しみ、物語の花だの下世話な発想だの育てているわけですけど。

今週、課題提出。

さて、そうなると妄想にも優先順位が出てくるんですね。

課題も考えないとだし、もう一つもだし、さあ、どっちを優先?
いや、今週提出だから、期日は課題のほうが切羽詰まってるわ。
でもね、もう一つも期日は迫っているの。

じゃあ、どうせ垂れ流しだから勝手に風の吹くまま、妄想すりゃいいじゃんと思うでしょ?
それがですね、意外と難しい。頭の交通整理が滑らかにならない。
車道に普通乗用車とトラックなど、4輪車だけならいいのですが、二話同時妄想は、車道に4輪車に二輪車、馬に自転車にタラちゃんの三輪車が走って交通渋滞起こしているみたいなもの。
生ゴミの日は課題を考え、不燃ごみの日はもう一方の話を考えよう……それでも頭の中を制限するのは自分でも難しいので。
そういえば、何かの昔話にあったかな。
「キツネの尻尾のことを考えちゃいけませんよ」と言われた男が、それ以外の事を考えられなくなったって話。

連載持っている人は、その辺りどう脳内で区分けしているんだろう。

「記憶力を高める」「前向き思考を持つ」「負けない心の育て方」といったハウツー本はもう良い。
『この本を読んで、涙が止まりませんでした! 生き方が変わりました!』
 そんな感動も、私には要らん。

今、私に必要なのは「妄想を同時進行させるコツ」「妄想自由自在!!」
そんなハウツー本です。











スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/222-71a1e2a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック