陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
頭の中で、材料不足
本を読まず、映画なんてほとんど観ず。
別に、生きていくには困りはしませんわ。
でもね、何かを書くのに非常に困る。

何と言いますか、頭の中にいれてある、材料がない状態?
燃やすものがない、そんな風なんですね。
もしくは、パッチワークをしようにも、端切れが無い状態ともいう。
材料不足。何か書こうにも、頭の中が何せそんな感じ。

書こうにも、使える映像が残っていないんですよ。
映像が浮かばないとも言いますね。
頭に浮かぶ映像を、パッチワークのようにつないで設定やストーリーを考えるのが、私の方法。
同時に、浮かんだ設定やストーリーを映像に起こして、それを描写するのもあり。

書いているのがホラーだったので、観ているのも読んでいるのも、しばらくの間は映画も小説もホラーが多かったんですが、何だか妙に頭の中が偏っている状態。
例えるなら、話をつなぎ合せるパッチワーク用の端切れが、手元にあるのが全て、同系色のよく似た柄に偏っている感じですね。

他の要素の作品にも触れなくては! 反省をしました。
ジャンルに限らす、他の映像、もしくは材料を入れなくては書けない。
課題の外で書いていた作品の進行、終盤差し掛かったあたりで分かりました。
終盤、ストーリーはあるけど映像が浮かばない、という落とし穴にはまり、悲鳴を上げてしまったもんね。

先生は「絵が浮かばない?あらー、致命的。そらあかんな」とコメントされるし。
思わず「あかんはダメでしょ! 大丈夫とか何とか、気休め言って下さい、先生!」
と酒を片手に叫ぶ、飲み会午前2時。

書くこと、それは同時に読んで観る、でないと書けないことが分かりましたよ。

……と、言う事が分かったのに。

今週はまだ何も読めないし、何も観れない。
何故なら、あと1件課題外の作品が残っていて、そして塾の課題の提出週間。
やれやれ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/249-1dfe4e2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック