陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
駄文更新:続編でないのかね
好きなホラーのパターンを言えば『怪物がやってくる』ですか。
好んで見ていたものを思い出すと、人外の生物が人間を追いかけ回す、直接的な恐怖を描く作品が多い。
13日の金曜日とか、エイリアンとか、悪魔のいけにえとかね。
ゾンビ映画は特に好きですね。

ナイト・オブ・ザ・リビングデッドは定番でしょう。あ、ザンゲリアも好き。
『28日後……』『28週後……』この後の続編は出ないのか! といまだに文句垂れています。

動物愛護団体がケンブリッジの研究所に押し入って、実験動物の猿を逃がしてしまうのですが、その猿は「RAGE」というウィルスの実験体。
感染すると、攻撃的な性質に変貌する凶悪ウィルス「RAGE」がロンドンにばらまかれてしまいます。
そして、ある日、病院で目覚めたメッセンジャーボーイの主人公。
どうやら配達途中で事故に遭い、この病院に運び込まれて治療を受けたらしい。
でも、なんでこの病院、俺以外誰もいないんだ?
「ハロー」
呼びかけながら、外に出る主人公。
そして広がる、無人のロンドン街。荒涼とした風景。

生存者を探す主人公。その果てに彼が見たものは? 

この映画、次の「28週後……」はウィルス耐性を持った子供が出て来て、そのワクチン開発も話に絡んできます。
テーマ曲が良いのよね。物悲し気なギターの旋律。
28週後ラスト、パリのエッフェル塔へと走る感染者たちの群れ。
おお、次はパリが舞台か! と思ったのだけれど、まだ続編はなし。
2002年と2007年の作品です。
うーん、最初の作品から、もう15年経つのか。

続編を期待させといて出ない。
映画でも小説でも漫画でも、未完というのは実に罪深いものでして、ファンを突き飛ばすようなものだとつくづく思うんですね。
大人の事情もあるのだよと、大人になれば分かるってモノですが、それでもこのおいてけぼり感はぬぐえない。

そして今、同人誌を書く人の気持ちが分かった気がする今日この頃。

映画化してくれるのなら、脚本書いても良いですよ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/254-c995de6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック