陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
老人と現役の深い溝②
本日も予約投稿です。

只今、日本以外の場所にいます。

さて、自治会活動にて老人に振り回され、攻撃と迎撃、闇討ちに返り討ちの社外活動を送っていたW氏は、ついにこの結論に達した。

「老人を敬う必要なし」

「まあ、随分と分かりやすい結論ですこと」
梅酒ロックのワタシ。
ネギマを食べながら、W氏は語る。

「そもそも、何で若者が老人を敬うのかを考えてみろ。長い年月を生きて来て身につけた知恵や、練れた人格に対して、若者は老人に敬意を表するんや」
「まあね」

老師、御前様、長老……人は己よりも長く生きてきた知恵や経験の持ち主に対して、そう呼ぶのです。

「俺より長く生きているくせに、その知恵も人格も、尊敬できるところ何一つない奴を何で敬わんといかんのや。長く生きている分、身に付いていないこと自体が怠慢というもんや。もっと性質悪いわ。全年寄りを無条件に敬う必要なし!」

なるほど。年齢なんて、自動的に年をとるからなあ。
敬うのは、年齢ではないのです。

「大体、あいつらとは世界が違い過ぎるねん」
 W氏、ぼやく。

「会社や組織なら利益追求という共通目的があるし、命令系統も合理的やからそれに沿って案件を処理すればええけど、自治会は全く逆やからな。何するにも非合理的で感情的で、ついていかれへん」

上司なら説き伏せればいいし、部下ならドヤせばいいけど、相手が相手だからそれも出来んとW氏。

「アイツら、そもそも社会性がゼロや。狭い集団で、いかに自分の意見を押し通して快適に過ごすかしか考えてへん。しかも年取っている分、権利意識を包丁のように振り回す。三歳児のワガママ以上に凶悪や。思い出してくれ、ふつーに社会人した事ある奴が、平日の朝7時に自分の意見を言うためだけに、人の家に行くか?」

「想像力、それ自体が欠如だね。そんな生き物と私を、オバはんというカテゴリでくくられたら憤死する」

老人になったら、社会性がなくなるのか。
社会性というのは、リタイアしたら消え失せていくのか?

「ちょっと前に、面白い仮説を聞いてな」

W氏、ちょっと遠い目。

「今、なぜ老害と呼ばれる老人が多いのかというと、そいつらの親世代は戦争で亡くなった人が多いので 『正しい老人の姿』 という生きたモデルが少ないらしいわ」

ほお、そういう説もあるか。

「その手本となるべき 『老いた人格者』 を見たことないから、ああなるらしい」

「私は残り少ない寿命を節約せんがための行動力と思ったよ。死の時が近づいているのに、常識的お宅訪問時間まで待っていられるかとか。馬鹿と思われようが、老害と言われようが、言いたいことを言えずに死んだら、心残りで成仏できないとか」
「うーん、それを言われたら、俺たちまだ寿命あるからなあ……」

寿命を持てる者の、老い先短い相手に対する傲慢というものでしょうかね。

さて、数十年後、この二人は老害に走るか人格者に歩むか。

どちらにしろ、この日の会話を思い出してから結論を出そうぜと締めくくった酒の席でした。







スポンサーサイト
コメント
コメント
食えないけど、カッコいいジジイになろう
ごきげんようです。
いいなぁ・・・台湾にいらっしゃるんですか・・・・台湾は大好きな国です。
存分に満喫なさってください。

さて、お話の内容ですが・・・・そういう老人を時々見ますね。
僕も先日、コンビニでレジのお姉さんにごねている爺さんを見ました。

お手本となる老人が戦争で亡くなってモデルになる老人がいなかったのも、なるほどなことだと思います。
それと、やはり「権利」「自由」「平等」だけを絶対視し、「義務」「責任」を無視した教育を受けてきた人達ですから、そのなれの果てがいまの老人の姿かなと思います。

「公」と「私」の区別が無くなったのも大きいでしょうね。
嘆かわしいけど、そうやって日本人がドンドン劣化していくのを「シメシメ」とほくそ笑んでる人達もいるわけで、せめて自分はみっともないジジイにはなりたくないなと自戒するのみです
2016/12/19(月) 20:08:49 | URL | ひろみつ #AH9/n9xo [ 編集 ]
Re: 食えないけど、カッコいいジジイになろう
ひろみつ様

自治会ではなくとも、接客業などしておりますと、色んな『老害』ケースを見たものでした。
己を客観的に見られなくなるのも老人ボケの一種らしい、というのが、我が職場の先輩や仲間たちの一致した意見です。

昔ほど、老人を敬わなくなった……という嘆きを新聞のコラムで読んだことがありますが、まあ、致し方ないんじゃないの? と思えるケース、沢山ありますよねえ。

ですが、そんな老害人を見ている世代な訳ですから、これを反面教師として、立派な老人になろうと思う次第です。

もしも、やなバァちゃんになっていたら……それは確信犯という事で。
2016/12/25(日) 21:45:36 | URL | みほ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/270-175a1052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック