陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
塾の向こう側
小説書く塾生にとって、合評の日は大事です。自分の課題を、第三者の目で作品をチェックしてもらう機会なのです。
正直言って、この時間があってこそ作劇塾というものでしょう。
だってさー、書いているもの他人に読ませずに、感想聞かずに、作家修業っていうのかよ。

……と、上から目線で言ってみましたが。
合評とは、今後の書く気力を試される試練の場でもある。

「やっぱりラノベじゃないよな」

と、合評三週間連続で言われ……いや、回数控え目に言っております。聞かないフリしたのも、ここではカウントしていません。

「何だって、ラノベに固執するかなぁ。ラノベ書きたいんじゃなくて、好きなモノ書けよ」
「好きで書いてますよ。この世界観ならラノベだって思ったので、ラノベで書いているだけですよ」
「だからさ、俺から見たら、この作品ラノベじゃねえって言っているじゃん」

「メインの高校生三人組が出てくる章は、まあラノベっぽいかなと言えなくもないけど」

……ほほほ、過去幾人もの塾生が、合評の刃の前に倒れたという噂は本当ね。
気持ち分かるわ~仕事の進め方を批評されるのと、ワケが全然違いますからねぇ。
いわば、自分自身をまな板の上でぶった切られるようなもの。そりゃへこむわ。

「いつものKさん(私です)の書き方って、丁寧なんですよ。ちゃんと材料揃えて、煮干しならはらわたまできちんと除いて、出汁取ってるみたいな。でも、これだとせっかく出汁を無駄に使っちゃうような、その持ち味台無しにしちゃうんですよね」

有難うNさん。過去に「説明文」と言われてしまった私の作品を、ここまで華麗に言い直して下さったのは貴女しかいない。

「つまりですね、最初っから入れる箱を決めるなってことですよ」
「……はあ」
「最初からラノベだって、ジャンル、すなわち入れる箱を限定しなくて良いじゃないですか。書きあがってから、それに合う箱を探せばいいんです」

ふむ、と考える私。そこで、再び先生の声。

「俺さぁ、ラノベ書くなって言った憶えはないよ。お前の作品、ラノベじゃねえじゃん、と言っただけでさ」

……有難う、皆さん。光が見えました。
ラノベにこだわらないことにします。

ライトなスティーブン・キングでいってみよう。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/28-f82d9fee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック