陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
飲み会とワタシ
飲みニュケーションは大事であります。

そう。作劇塾ではそう教えて頂きました。過去、社会人デビューした私に、同じ事を言った上司もいます。
一緒に酒を飲む、食事をする事によって、人対人の距離が縮まるのだと。
人と語る場に出る事によって、人とのつながりを作り、そして明日への仕事につながるのだと。

そう、自分に言い聞かせないとならない、会社の飲み会って何よ。

忘年会シーズン前の私の憂鬱でした。

あーそんな時間があれば、映画の一本、本の一冊でも読めるわ。小説書きたいわ。

会話の9割が仕事の話で、顔も知らん他部署の人間の噂話で、明日への仕事の希望が湧くもんか。
輪の中心になるのは、話が面白い人ではなくて、一番地位の高い人なんだから。

一緒に飲もうが飲むまいが、ちゃんと日々、愛想もふりまいているし、仕事はしているじゃないですか。勘弁して下さい。

と、言う訳で。

せめて小説家志望らしく、世にも素晴らしい作り話をでっちあげて、飲み会を何とか欠席しよう。

飲み会にも、出る価値があるものと、無いものがある。
一緒にしてはいけません。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/29-0e3dc8c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック