陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
塾の向こう側

今年最初の授業となれば、やっぱりアレは避けて通っちゃあ駄目でしょう。


「抱負は必要や」


と、先生の第一声。


「どうせ数か月もすれば、立てた抱負なんか忘れてしまうと思うやろ? だけど、一度口に出して誓えば、頭の底に言葉が残って、体はそのように動くねん」

と、いうわけで抱負を述べることとなりました。

さて、どうせ立てる抱負は、現実的なことから始めましょう。


「ブログを毎日更新。そして一年に最低3回投稿すること。今書いている課題とは違うジャンルの『恐怖』を描くために、技を磨くこと」


目標設定は、背伸びしたら何とかなるかな……というラインにするべし。

ブログはまあ……7月からほぼ毎日更新できているから、今後も何とかなるだろ。

ネタが無くなってきたのも事実ですけど、無ければ探せ。

ついでに言えば、ブログって時間の良い区切りになるんですよ。

だらだらタイムのストッパーと言いましょうか。


3回は投稿……これは時間の言い訳をしない、と明言。

だって、映画観ずに本読まずに酒を飲まなきゃ、短時間でもなんとか書けるって分かったからなあ。

「映画に本に酒無し。俺、そんな生活イヤ」

先生の弁。

私だってもうイヤですよ。

『夏休みの宿題体質』を改善し、次はもっと余裕もってスケジュール組みますよ。


そして、次、課題小説とは違うジャンルの『恐怖』

間接的恐怖とは何ぞや? 改めて怪談と純文学を読み直しているところ。

ちなみに、『超怖い話』『新耳袋』両方読んでいる怪談ジャンキーって珍しいらしい。

ちなみに、福澤徹三氏の『怪を訊く日々』その他も読んでいるし、黒木あるじ氏も黒史郎氏、FKBシリーズ読んでますよ。


おや、自分が珍獣だって初めて知ったよ。

ちなみに、岩井志麻子さんの『現代百物語』も全部ありますとも。

ついでに言えば、平山夢明氏の『恐怖全集』全6巻揃えましたよ。

今年からホラー担当を名乗るのやめて『怪談中毒』と名乗ろうかな。


そして今更ながらに気が付く。

「今年は●㌔痩せる!」

という抱負を立てたことが、過去一度もないことに……


ダイエットという抱負は、私にとって現実的ではないらしい。










スポンサーサイト
コメント
コメント
締めくくっては?
ごきげんようです。

抱負ですか・・・
抱負っていうのは、かえってその抱負が逃げ道になることもあります。
抱負なんか言っても言い訳が聞くんじゃねえでしょうか。

だから抱負を語るより1日1日をsh締め括ってはいかがでしょう?

僕は30年来、ジョージ秋山さんの漫画「浮浪雲」の大ファンなんですが、この言葉が浮かびました。
年頃の息子新之助に主人公雲が言う言葉。

「新さん、富士山に登ろうと決めた人だけが富士山に登ったんです。散歩のついでに登った人はいません」
2017/01/12(木) 10:45:53 | URL | ひろみつ #AH9/n9xo [ 編集 ]
Re: 締めくくっては?
ひろみつ様

「新さん、富士山に登ろうと決めた人だけが富士山に登ったんです。散歩のついでに登った人はいません」
これは素敵な言葉です。
座右の銘にしようかと思いました。

しかし、抱負を先生にメモられてしまいました。
逃げ場がないですね~(笑)
2017/01/13(金) 00:44:31 | URL | みほ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/291-d885fcf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック