陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
独り酒で反省

ダンナが男と『マッドマックス・怒りのデスロード』のモノクロバージョン4DX体感型の上映に行ってしまったため、本日一人で夕食。


去年、イモータンジョーとⅤ8エンジンを称え、コスプレして観る上映会にも、その彼と一緒に観に行っている。

「4DKの体感型ということは、あの砂嵐に突っ込むシーンは当然、観客は砂をぶっかけられるのよね?」

「それに、シタデル砦から滝のように水流がほとばしるシーンもあったな」


彼らがずぶ濡れの砂まみれになることを期待する。


と、いうわけで、近所のイタ飯屋で独り酒です。

独りですから、本を読もうと思うのですが、いつもそれどころではない。

……声のでかい酔っ払いの声が、突き刺さってくる。

つい聞いてしまう。


本日は女二人連れ。

オペラ歌手のように声を張り上げて語るお話。

元彼が結婚して、その新居に招かれたらしい。


「えー! あんた、それいいのぉ?!」

「いーよお、だってもう昔の話だしいいい、ってかあ、上手くやってけるのかなあ、あの二人、時間が合わないとか言ってたぁ~」


生活時間が合うあわない以前に、昔の女を新居に呼ぶ、その感性が怖いよ元彼。そして出かけるあんた。

それにしても、酔っ払い同士の話って、声がでかくなったら悪口か過去話のどちらかね。

哲学とか宗教とか文学の話は絶対にないよなと思いつつ、響き渡る元彼の悪口、とろくて何も考えていない職場のユキミの悪口を聞いている私。


ユキミよ、とりあえずキミは、仕事できなさ過ぎてヤバいと、彼女に5回繰り返されていたよ。

期限に合わせた仕事の段取りを考え直しなさい。


思えば、先日に入ったバルもそうだったと、ワイン500ml飲みながら思い出す私。


お隣のカウンターで、同じく一人で飲んでいた若い女性なんだけど、酔い覚ましの水をお替りしながら、カウンターへ向かってでかい声で語る語る。

彼女の口から3回繰り返された「ムートン70万」なんだそりゃ。


「新婚旅行にも行ってないのにさああ、ムートン70万ローンだよ、敷き物だよ、信じられるぅぅ?」


ああ、ムートンの敷き物70万ね。

うん、部屋の床に敷く、高級な敷き物はそれくらいするかな。

しかし、そんな高級な床の上にいそうなご婦人には見受けられませんが。

そうすると


「しかも、車の敷き物にだよ!」


ワインを吐きそうになった。


「新婚旅行に行ってないのに、車にそんなもん買うかあ?」


怒る彼女。

いや、キミのダンナ、新妻よりも車の敷き物なんて、金の使い道が狂ってるってば、怒れ。

いや、キレろ。こんなとこで飲んでいる場合か。

殴ってこい!


……ああ、毎度のことながら、一人だと酔っ払いのグダグダ話をつい聞いちゃうな。

仕方がないわな、だって酔っ払い、声がでかすぎんのよ。

立ち上がった私は店員さんへ。


「すいませーん!!!!お勘定!!!」


オペラのように響き渡る声。

お隣の家族連れ客を驚かせてしまった。

すみません。これから筆談にします。





















スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/305-0621b18d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック