陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
飲み会は……必要か?
忘年会のシーズンです。楽しい酒あればつまらん酒もあり。

つまらん酒は、酒に対して失礼であります。それが私の持論。
言ってしまえば、付き合い酒ですね。飲みたくもない奴相手にして、会話を選びながら飲む酒。アルコールを体内に入れながらも酔う事が許されない酒です。

酔っているのに失態禁止、失言禁止。酒と言う気分解放剤を入れながら、完全解放することが出来ないそんな場所です。
何のために呑んでるのさ。

先生のおっしゃる通り、上司という立場に立つ人が部下に対し、何を考えているかは分かります。
プロジェクトや企画を進める際に、部下が何を考えているか、どんな性質なのかを把握するのは必要でしょう。
だって上司だし。
責任を負う立場である以上部下の失態は自分の転落につながりかねないし、家族の生活かかっています。
部下とのコミュニケーションは大事です。酒はその道具であり、場所でもある。情報交換の場でもあります。

そんな立場ある上司の気も知らず
「飲み会ヤダ。時間の無駄」
「そんな時間あれば、さっさと帰って好きな事する」
「そんな金使うなら、趣味に使うよ。金の無駄」
そんな事いう部下なぞ、やめちまえっと怒鳴りたくなるでしょう。人の気も知らず、重圧感も責任も無い奴が勝手なことぬかしやがって、と。

さて、そんな上司との飲み会に対して、述べた人がいました。

「仕事や背中で上司である事を、まず部下に示してくれ」

部下だって考えています。この人は、自分の上役として尊敬に足る人間か否か。

別に、上司と飲む事自体が厭なんじゃない。上司というだけで、付き合わされるのが厭なのだと。
立場上が部下であるだけで、個人的に尊敬出来ない奴と飲みたくないよ、と。

そりゃそうでしょう。上司と飲む酒に、和気あいあいだけの楽しさなんか求めていませんよ。
上司に求めるのは人生の先輩、仕事とは何ぞや?その姿勢。一人の大人の見本です。

さて、私ですが。

金もらって仕事している以上は、飲みニュケーションは無くても、ちゃんと仕事はします!必要とあらば愛想もふりまいているじゃないですか!

だから許して下さい!!帰りたいんですよ!

……相手が職場の人、というだけで、失言や失態が許されない、気が抜けない酒というだけで、厭なんだよなぁ。












スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/32-f615f63c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック