陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
塾のそちら側:駄文更新

二日、講義です。


内容は……世界の動きというか、陰謀論というか、何というか。

世の中には裏があるのよ、という危険なお話。

世界の設計図を作っているのは誰でしょうね……複雑ですねえ。


その時、ちらりと思ったのです。

元々、世の中の仕組みとか社会組織は、自分の意志通りに作られるもんじゃないし、意志通り出来るものじゃない。

世間や組織が、個人に何かしてくれることは、まずないです。

それならそうと割り切って、社会や組織を利用するくらいのしたたかさはあっていいんじゃないか。

裏があろうと表だろうと、世の中とは、どっちにしても自分の思い通りにはいかないもんだ。

そう思いながらも、自分の行動範囲を広げていく。


これも、陰謀(?)に対するせめてもの抵抗というものかな……と思った次第。

どんなもんでしょうね。













スポンサーサイト
コメント
コメント
当たり前です
ごきげんようです。

世間の、社会の表と裏となると、僕はあるお坊さんの言葉を思い出しますし、もうこれに尽きます。

「ここに10円玉があります。
表があります。裏があります。両方あって10円玉はここに存在するんです。どっちかが欠けたら10円玉じゃないんです。

表と裏、2つで1つです。
だから物事の表しか見ないのも駄目。
裏しか見ないのも駄目。表と裏、両方をちゃんと見なさい」

ですから、世の中に裏があるのが危険だなんて全く思いません。当たり前です。
過去もそうだし、いまもそうだし、これからも人類がある限りそうだと思います。

また表がきれいごとで、裏が汚辱に塗れているとも思いません。
汚濁に塗れた裏もわんさかありますが、それとて世間の真実の一面に過ぎません。

テレビでは毒を吐きまくる人が裏で匿名でこっそり障害者の施設に莫大な金を寄付する。これだって表と裏じゃないですか。

でもどうしても人間は醜い現実は、それがガセネタでも飛びついて信じますが、美しい現実は「ケッ!!!」と唾をかけたがるようです。

まあ、僕も含めて甘ったれてるんだと思います
2017/02/08(水) 18:00:29 | URL | ひろみつ #AH9/n9xo [ 編集 ]
Re: 当たり前です
ひろみつ様

社会人になって分かってきたことは、どうやら社会というのは私が思う以上に入り組んでいて、単純明快と複雑怪奇が織りなす混沌である……ということです。
裏も表も何も、という感じですね。

全人生使い切っても、そんな世の中のすべてを見ることも、理解する事もできないだろうなと思います。
だから、想像力たくましくするんだろうな~ 
私にとっては、それが面白いのです。


2017/02/08(水) 22:56:26 | URL | みほ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/322-5ca9b437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック