陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
塾の裏側

いやね、これって不幸な事故だと思うのですよ。

ほら、12月31日に発生したパソコンクラッシュ事故。

大炎上ですよ、人的被害は無かったものの、危うく新年1月6日に提出する課題まで吹っ飛ぶところでした。

いやはや、あの時は課題に全然手を付けておらず、書いていなくてよかった。


失ったのはあれだけではないですよ。

過去に提出してきた課題、一部が完全消滅。

この世から姿を消したんですよ、平気な顔で14万パソコンを自慢している裏には、このような悲劇が潜んでいたのです。

笑顔の裏には血の涙。これが悲嘆の美学と言わずして何と言いましょう。


……と、いう感じの事を言いまくったのですが。

先生、オカンムリ。

大賞と落選作品を比較するという授業を、そこまで楽しみにしていらっしゃったとは……


「来週には絶対に持ってきますよ。応募した作品全部を、ファイルに収めて保管して下さっているギャラリーがあるんです。そこでコピーなりお願いします」

「このタイムリーな時にやりたかったんや。おかげで今回の授業がぐだぐだになったやんか」


もしも私が作品を忘れたら、持ってこられなかったらという危機管理をされてなかったらしい。

『危機管理』というのは万が一起きたトラブルや災害に対する備えで、家庭でも企業でも重要視されている項目ではないですか、と言ってみたいのですが、なにぶん『落選』という電飾看板を背負っている身なので、当分は口ごたえ出来ませんねえ。


と、いうわけで、今回の授業は「ぐだぐだ」とヌーベルバーグの映画と邦画の比較、日本が欧米に与えた文化の影響、今回の北朝鮮のVIPの暗殺事件と今後の中国の動向、金正男氏の顔は、どこにでもありそうなものか否かというものや、やっぱり中野さんの大賞作品を例に取られての、怪談の表現の仕方の解説、ホラーと怪談の恐怖の比較解説。そこからくる外国人と日本人の『恐怖』のとらえ方、土壌の違いなど。


作劇塾の授業を聞いて思い出すのは、子供時代、学校の先生がたまにされていた授業の脱線話。

数学などの『正規』の授業とは違うのですが、先生の思い出話や雑学話、これがめちゃくちゃ面白く、どっちかと言えばこの脱線話の方が脳内に刻まれています。


作劇塾の授業は、この「脱線話」がさらに煮詰まったもの。


3月に入塾した方は、大賞作品と落選作品の比較という、滅多にない授業を聞けます。

しかも落選者に対するインタビューも可能。


面白好きからクリエイター志望まで、入塾の機会を見逃す手はありません。


いかがです?








スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/334-24ba9b84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック