陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
塾の当日
さて、本日合評ですよ。

提出した作品の良しあしに審判が下される!
しかし、審判は作品だけではない。

合評ですからね。
他の方の作品も読み、そして批評しなくてはいけません。
個人的な好みもありますが、それでも自分以外の作品に対し、どれだけ客観的、かつ的確に批評が出来るか。
はっきり言って、私はこっちの方が怖い。

だってさ~、あまりに的外れなこと言ったら『コイツの指摘は聞く価値無し』ではないですか。
第一、相手の作品に対しても失礼だしさあ。

まあ、総評は先生がまとめて下さるので、安心して批評できるといえば、そうですけどね。

さて、ちゃんと読もう……






スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/340-4b1bafc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック