陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
登場人物に考える

話を作り方は、人それぞれあれど、私の場合は頭に浮かんだ『場面』『状況』『セリフ』をパッチワークのようにつなぎ、ストーリを作るというやり方がほとんど。


さて、話も大事ですが、次に必要なのが『主人公』でして。

そりゃそうだ。キャラクターを脇役から作る人は、今まで会ったことが無い。

もしもそんな人がいたら、ぜひご連絡を。

私の思いもよらない方法を実践している! それだけで、お話してみたいタイプだわ。


まず最初は主人公ですね、やっぱり。

コメディやラノベは、実在のモデルはまずいませんね。

自分で全部、性格も能力も容姿イメージも作ります。

姿かたちのイメージは、アニメキャラや好きな漫画家さんの絵柄で想像すること多い。

実在の俳優さんや女優さんでイメージすることは……あまりないな。

その性格は書いているうちや、考え中に固まってくるのですが、私が書きやすいのか、好みなのか、主となるキャラクターの性格に傾向がありまして……苦労性でぼやきが多い。



ホラーや短編になりますと、人物設定にリアリティがないと、という事もありますが、モデルになるタイプは私にとって「全然面白くない人」なのです。

話題はドラマや職場の話が大半で、冗談や軽口の受け答えが予想通りの人。

『悪じゃないけど善じゃない』

猛毒は持っていないけど、薄い毒なら持っているタイプなんて、ホラーうってつけ。


容姿端麗 頭脳明晰 性格良好というのは、どっちの話にしても主人公にはしにくい。

脇役ならアリなんですが、主人公というのはどこかのパーツが欠けていて、それを探す道筋がストーリーの王道なので、ストーリーの道を塞いだらダメでしょ……というものです。


しかし、脇役作りも結構悩むもので、脇役ならありがちな『完全無欠人間』というのも、どうも塾生のみなさんには評判が悪く、ドラえもんの出木杉君なんか酷い言われようだったものです……出木杉君、良い奴なのに。


そういえば、ガンダムWのカトル、作中では美少年で金持ちでゲリラの親父連中から人望アリで、美人のお姉さんがいる彼も、ファン人気が意外に無かったらしい。


別に、受ける、受けないを意識している訳じゃないですが。


今書いているイケメン人喰い根暗男子高生の書きにくさに悩んでいるついでに、そんなことを考えてしまった。

自分の想像圏外のタイプを書くのって、なんて難しいのかしら……


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/345-c7e5628f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック