陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
対人スキルとは

人様の事をあげつらう前に、まず私自身、己の人格を棚に上げていることを前もってお断りしておきます。


最近考えるのは、対人スキルは正に千差万別で、年齢性別学歴関係なし。

そして、人はどこで、人間関係を築くのに大切な、礼儀と他人に対する共感性、機知などを身に着けるのか? という点。


まあ、家庭教育もありますね。

ですけど、どこの家庭も、教育方法も育て方も、全てパーフェクトだとは思えない。

親子と兄弟の対人関係なんて、家庭という狭い世界でしか通用しないし、しかもえこひいきとか上下関係とか、純粋な対人関係というにはやや特殊なものが混じります。


学校? まあ、ここでかなり鍛えられるんだろうな。

同じ年頃だけど、友達にはそれぞれ別の考え方や価値観があること、そして先生からも『大人になるための価値観』を教えられます。

例え価値観や考え方は違う相手でも、好感を持ってもらえ、意見を聞いてもらえるは、人に対する礼儀や共感が武器だと、ここで学ぶのです。

読書でも、対人スキルを磨けますね。

ストーリーを追う事は、俯瞰的に人間や物事を見ることでもあるし、視点の切り替えによって登場人物たちの人間関係のパズルを読み解くことが出来るのです。


まあ、上級者編は職場かな。まさに人間のごった煮ですからね。

あらゆるパターンの人間に対応できる柔軟性と応用力が必要になってきます。

ですけど、対人スキルの基礎は家庭や学校生活から学んでいるはずですね。


……それが出来ていない人って、どんなものだろう。

暗殺者養成所育ちだの、傭兵生活を渡り歩いたとかいうなら納得もするんだけど、フツーの家庭らしいしね。

学校もちゃんと行ってます。

まあ、本も読んでいるだろうな


今まで読んだ本に、そういった教訓は無かったのか?

大抵、物語には主人公の生き方であれ、行間にでも、寛容とか戒めとか、教訓めいたメッセージが含まれているけど……


それなのに、どうしてソイツは、そこまで対人スキルを身に着けることが出来なかったのか?

心に深い傷でもあるというのか?

しかし、そんなことを本人に直に聞いたら、私自身が「対人スキルのないオタンコナス」になってしまう。


あああ、でも知りたい。

自分のオタンコナスを反省するためにも。

スポンサーサイト
コメント
コメント
人づきあいが人を育てる
ごきげんようです。

とてもいい内容のお話ですね。
僕も対人関係をこなすのが下手くそで随分損をして、勿論自分が至らないことも多々あったんですが、軽いウツ病になって苦しんだこともあります。人嫌いな所もあったしね。

でも年季というのか、いまはだいぶ楽になりました。
この年になって遅いよと言われそうですが、ありのままの自分を、そのまま受け入れてくれる心の温かい人達がいることを知ったからです。

その人達は僕が欠点があっても、失敗しても、優れていなくても、期待に応えられなくても失望したりしない。
そういう人がいることを知ることは大事なことだと思います。

結局、人を育てるのは人づきあいだと思います。

いま僕は敬愛する作家曽野綾子さんの「人間になるための時間」という本を再読しています。

その中に人に対する時の態度として根本的に大事なことがいくつか書いてあります。

いくつかご紹介しましょう。

*人を見て言葉遣いを変えるほど浅ましいことはない。

曽野さんはお母様から骨の髄まで言われたのは「人を見て物を言うな」ということ。偉い人には丁寧な口を利いて、そうでない人には見下げたような言葉遣いをするほど浅ましいことはないと言われたそうです。

全ての人に敬語を使う美学の方が僕は遥かに好きです

*敬語は親が教える物

*電話機に向かってお辞儀をすれば、そこに自然と感情がこもる

*人を煩わせるのもマナーのうち

*誰かといる時は、楽しくするようにする。

これも大事。相手に迎合しろ、媚びろ、という意味ではありません。
一瞬でも、1日でもいいから、誰かと一緒にいる時は楽しくした方が後生がいいでしょ?

*「感謝の人になれ。文句の人になるな」

これも大事。理由はいたって簡単。クソシンプル。

「感謝の人」には優しさ、のびやかさ、明るさ、謙虚さ、寛大さ、楽しさが凝縮されています。だから人が集まるんです。当たり前です。

「文句の人」からは自然と人は遠のいていきます。これも当たり前です。
いっつも文句と不平不満ばっかり言ってる人に寄って行こうと思わないでしょ?

あと僕自身がいつも自分に言い聞かせているのは「人間関係なんて、上手く行かなくて当たり前。たまさか上手く行ったらめっけもん」くらいに思っていてちょうどいいってことです。

よく「人間嫌い」を気取ってる甘ったれ見てると僕言いますよ。
「山ン中でも暮らせるよ」
2017/03/22(水) 12:23:21 | URL | ひろみつ #AH9/n9xo [ 編集 ]
Re: 人づきあいが人を育てる
ひろみつ様

人間は絶対に欠点はあるものだし、人間嫌いなところも抱えているものだと思います。
まったく屈託なく、人間大好きなんて赤ん坊か、よく人に馴れた犬くらいのものでしょうか……

しかし、どんな欠点があったとしても、所詮は人と人の関係なんですから、そこに礼儀とか共感という通行手形によって、互いに話ができると思っています。
それを教えてくれたのも、注意してくれる人がいたからであって、それも人付き合いというものなんでしょうけど。

「人間関係なんて、上手くいかなくて当たり前。たまさか上手くいったらめっけもん」
それくらい、気楽なほうが大人というものなんでしょうね。

それでも基本は、人様に不快な思いをさせない事と、他山の石と日々反省です。


2017/03/22(水) 22:43:05 | URL | みほ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/365-995f8fca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック