陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
対人スキル……

昨日の続きの内容です。

したがって、今回も己の人格や対人スキルは棚上げします。

でなきゃ、何も言えないじゃん……て訳で。


さて『対人スキル』とは、家庭教育よりもどちらかといえば、価値観の違う他人や友に混じる間に身につくもんだ、という書き方をしています。


まあ、そうだろうな。

家庭という狭い世界で仲間外れって、あるにはあるけど生命の危機にまで発展することって稀だと思うの。

だけど、学校なんかで仲間外れって、生命の危機に限りなく近いですからね。

下手したら、社会的生活の死といいますか、簡単な言葉で言えばイジメです。

そうなると、対人スキルを磨くのも熱が入ると思うの。良しあしに関わらず『集団の空気を読む』『みんなが見ている娯楽や情報のチェック』もその一環でしょうな。


そして、読書やアニメ、映画にも、このテーマはあふれているよなあ。


実は「友情」「仲間」というテーマを前面に、これでもかというほど押し出した作品はそんなに好きじゃないんですが、それでもこの要素無では、ストーリーが成立しないのもまた事実。

「裏切り」も友情の裏テーマだし。

あ、恋愛も対人スキルの代表だな。そうなると、私の持っているブルーレイの中で『対人』要素が含まれないストーリーを探してみると……ああっ「世界の車窓」しかない!!


まあ、そう言う訳で、ふつうに生活していれば、娯楽にすらも、対人スキルという床を磨くタワシとなるのですね。


はて、ソイツは何故、それが磨かれていないんだ?


昨日に引き続き、私は考える。


本は読んでいるよな……下手したら、私よりも読んでいる。

しかし、それが身についていないというのは、彼にとって『読書』とは何なんだ?

人のお説教にはむかついても、作者が読者に向けて発するメッセージは受け取れるはずだがな……何せ、その作者が好きで読んでいるんだからさ。

心を動かされなければ、本など読まないでしょう。

まあ、絵空事といえばそうでしょうよ。

物語の中で主人公が己の愚かさを知り、その反省によって劇的に状況が変わったとしても、現実ではどうかなというもんです。

現実は現実。物語の主人公や話の流れは、所詮は作者の脳内で作られたものですからね。

でもさあ、作者の脳内妄想は、体験や見聞録という現実ベースがあって作られているのよ。


じゃあ、ちょっとは心に染みるものはないのか?


そして気が付く。

彼らには、その『友情』『仲間』というテーマに対し、単なる娯楽、ストーリーのスパイスとしてしか感じていないのか? という事を。


ふむ、納得。


ちなみに『変人』は『対人スキル皆無』とはまた別の人種であります。

私の知る『変人』は、確かに思考回路が独自のオリジナルで、自己申告によると友人は少ないの事ですが、周辺に嫌われてはいない。


変人だから、嫌いなのではない。

嫌な奴だから、嫌いなのである。

基本はこれだな。





スポンサーサイト
コメント
コメント
義人なし 1人だになし(聖書)
ごきげんようです

「学校なんかで仲間外れって、生命の危機に限りなく近いですからね。
下手したら、社会的生活の死といいますか、簡単な言葉で言えばイジメです」
>イジメの自殺のほとんどが仲間はずれが原因のようです。

僕が父親なら我が子に2つ教えます。

まず、いい仲間、友人に恵まれることの素晴らしさと尊さ。そして、でも友人っていなけりゃいなくても生きていけるから、仲間はずれにされたくらいで死のうなんて思うなよ。

空気が読めないのもいけないけど、やたら空気を読むことばかり考えるのも困りもんです。物事はなんでも程々がいいんです。

最近の人間関係のいざこざは、相手に完璧な関係を求めすぎです。てめえが穴だらけにくせに図々しいこと言ってるなぁと思うことが多いですね。

せんだっても振れた作家曽野綾子さんのご著書「人間の分際」から、いくつかご紹介します。

*そもそも人間は弱くて残酷で利己的である

*裏表のある人こそ人間らしい

*卑怯でない者はいない

*人間はみな中途半端

*不公平に馴れないと器が小さくなる

*他人には自分のことなどわからない

*人は誤解される苦しみに耐えて1人前になる

*褒められても貶されても人間性に変わりはない

*他人の言葉で不幸になってはたまらない

*誤解されても堂々と生きる

*誰からも嫌われてない人は1人もいない

*誰もが他人のカンに触るような生き方をしている

*弱みをさらせば楽になるー僕なんかにも、いい友ができたのは、これができたからです
2017/03/23(木) 14:40:49 | URL | ひろみつ #AH9/n9xo [ 編集 ]
Re: 義人なし 1人だになし(聖書)
> ごきげんようです
>
> 「学校なんかで仲間外れって、生命の危機に限りなく近いですからね。
> 下手したら、社会的生活の死といいますか、簡単な言葉で言えばイジメです」
> >イジメの自殺のほとんどが仲間はずれが原因のようです。
>
> 僕が父親なら我が子に2つ教えます。
>
> まず、いい仲間、友人に恵まれることの素晴らしさと尊さ。そして、でも友人っていなけりゃいなくても生きていけるから、仲間はずれにされたくらいで死のうなんて思うなよ。
>

以前、図書館の人でしたっけ? 夏休みが終わった時に、いじめられて学校へ行けない子供たちへ送ったメッセージが素敵でした。
『図書館にいらっしゃい、ライトノベルも漫画もあるし、一日中いても誰も文句は言わない』
図書館に逃げて来い、とツイートでした。
本は逃避場所でもあり、知識の泉でもあり、素晴らしい娯楽です。
そしてなんといっても、人との関わりを色々な物語で教えてくれる。

「それなのに、なんで本読んどきながら人との関わりとか、その辺を理解しようと、考えようとせんのじゃああ!」

と、怒ってしまうのです。

己の器が小さいと、たまに反省はしているんですけど。
やっぱり器は広がらないなあ……





2017/03/23(木) 22:51:28 | URL | みほ #- [ 編集 ]
本の力、言葉の力
ごきげんようです。

僕が胸を打たれたのは、不登校の中学生が、ボブディランの歌の歌詞の邦訳を読んで学校へ行けるようになったことです。

ハードボイルド作家の北方謙三さんは、母親が死んで学校で虐められて半死半生の目に遭って、いつも自殺のことばかり考えてるという若者の相談に対して「約束してくれないか?本を読め。本を50冊読むまでは死ぬな。本を50冊読んでもまだ死にたかったら、また手紙をくれ。また話をしようじゃないか」と呼び掛けてたことがありました。

俺は小説が世の中の役に立つなんて思ったことはないが、死のうと思っている人間を思いとどまらせるくらいの時間を与えることはできると思うとも言われてました。

普段、無力な物が時に凄い力を発揮することもあるんだなと胸を打たれた話です

2017/03/23(木) 23:51:02 | URL | ひろみつ #AH9/n9xo [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/366-2fbff3b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック