陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
恋と犯罪すれすれ

先日、会社の営業の青年と無駄話をしておりまして。


彼の中学生時代のお話です。

好きな女の子がいたそうな。

下校時、彼女の後姿を見つけたら、帰りの方向違うのに、家まで後をつけていったとか。

彼女が落とした消しゴムを、素知らぬ顔して拾って自分のモノにしたとか。

誰もいない教室で、彼女の机に座ってみたとか。


「今にして思えば、結構キモいですよね」

切ないような、情けないような顔で話してくれた青年。

「いやいや、気持ちはよく分かります」

恋というのは、大人であれ子供であれ、人の理性のどこかをを狂わせる甘美な毒を持つものでしょう。それに酔うのも悦楽の1つ。

「特に片思いという甘苦しさ、慕情高まるがあまり、その人の持ち物を依り代として欲するのは、当たり前の事だと思いますよ」


そう、私もそうだった……昔の淡い恋を思い出した私。


あれはン百年前。同じワンルームマンションの1階の住人に、恋をした3階の住人の私……

「停電か何かで外に出た時に、初めて顔を合わせたのですが、まあどえらいハンサム、私の好みど真ん中。まつ毛が長くてちょっと線の細い美少年風」

「ほーお」

新聞配達して、奨学金もらっている学生さんでした。

私は勤労美青年に特に弱い……日ごとに恋心を募らせる私。

「それがですね、同じマンションなのに、なかなか会わんのですわ。まー当時私会社員で、あっちは学生さんだし……手作りお惣菜を持ってお部屋訪問とかなんて、恥ずかしくてとてもとても」


恋する乙女の本質は、小鳥のように臆病なのです。

「ああ、何とかもう一度、彼にお目にかかりたい……あの麗しい顔と優しいテノールボイスを聞きたいと、日々、彼の1階のベランダを見つめる日々でしたよ……全くそれなのに彼ってば……」


しくしく、思い出しても涙が浮かぶ。


「私の、この狂おしいまでの慕情をかきたてるがごとく、1階のベランダに、無防備に洗濯物干しているんですよ。ちょっと植え込みを越えれば手が届く場所に、彼の下着だの白いTシャツが……酷いと思いません?」

「うん、それは困った人ですねえ」


流石は想い人の消しゴムをがめた人だ。分かって下さると思いましたよ。


「彼の下着を盗めば、流石に変態です。私はぐっとこらえました。ですが、ある晴れた日に、彼は何と布団を干していたんですよ!」


あれは悩んだ……心の悪魔と天使が血みどろの争いを繰り広げましたね。

「彼を毎夜包みこんでいるであろうお布団……それはもう、依り代ではなく彼自身といって良いほどです。それが私の目の前にあるんですよ」

それ盗んだら、立派な変質者ですと突っ込む青年。別にいいじゃんと私。

「代わりに私の布団置いていく気でしたから」

「……自分の布団が、干している間に違う布団にすり替えられていたら、何だか底知れなく怖いですよ」

僕ならマンション引っ越しますと青年。


……そうね、と思い直す私。

あの時、マンションの前を近所のじいちゃんが歩いて来て、行動を踏みとどまったから、恋は淡く、はかなげな幻花として、今も思い出に咲き続けているのね……


純粋に、自分の好みだけで抱いた恋心は、あれが最後だったなあ。

今は『男は甲斐性(金)』という現実が加わったし。


追伸:先生へ。

先生のコレクションを欲している理由は、純粋な物欲です。

ご安心ください。






スポンサーサイト
コメント
コメント
恋心 想った相手に 出来心 
何てもうしまして。
 あまり近くに居すぎて気づかない気持ちもあったりしますね。
 お互いにブログで話題にしあっておられるようなので、御本人同士が気付いていないだけで「もしかしたら」なのかもしれませんよ😁
2017/03/28(火) 21:33:05 | URL | ガードレールに首ったけ #66caPDxg [ 編集 ]
Re: 恋心 想った相手に 出来心 
色恋沙汰は、家庭内で収めようと思っております。

そっちのほうが世界は平和ですわ。
2017/03/29(水) 01:21:54 | URL | みほ #- [ 編集 ]
下着はいかん
ごきげんようです。

「下校時、彼女の後姿を見つけたら、帰りの方向違うのに、家まで後をつけていったとか。

彼女が落とした消しゴムを、素知らぬ顔して拾って自分のモノにしたとか。

誰もいない教室で、彼女の机に座ってみたとか」>これのどこがキモイのかなぁと思いました。微笑ましいじゃないですか。

迂闊に恋もできないのか、いまのご時世は、せせこましいのぅと正直思いました。

下着を盗むのは問題だと思います。
気持ちはわからんでもないけど、そっちの方がよっぽど不味いと思います。

>「彼を毎夜包みこんでいるであろうお布団……それはもう、依り代ではなく彼自身といって良いほどです。それが私の目の前にあるんですよ」

それ盗んだら、立派な変質者ですと突っ込む青年。別にいいじゃんと私>

別にいいじゃん・・・ってことはないと思います。変質者云々より窃盗でしょ、それ(笑)

下着盗むのも、人の布団盗むのも犯罪です(笑)

2017/03/29(水) 16:10:38 | URL | ひろみつ #AH9/n9xo [ 編集 ]
Re: 下着はいかん
ひろみつ様

愛ゆえに堕ちる狂気は、次元を変えて視点を変えれば、これ以上にはない真っ当な精神状態。
汚れない想いゆえに、人は恋の過ちを犯すのです。別にいいじゃんと、自己弁護もしておきます。

仕方が無いです、理想ど真ん中ストレートのお顔だったんですよ。
しかも勤労学生さんです。
私好みのロイヤルストレートフラッシュでした。

でも理由は何であれ、布団盗られたら怒りますね。確かに。
布団盗られるほうが、下着より嫌かも。
2017/03/30(木) 23:29:21 | URL | みほ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/371-b5cba377
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック