陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
桜と屁理屈

そりゃ、世間一般では楽しいものと思われているけどな。

だけど、本当に花見は楽しいものなのか?


まあ、考えてみろ。

「桜の下で酒を飲む」その裏には、どれだけの労力と時間がかかっていると思う?

まず、場所取りがあるわな。

有名どころの公園なんて、朝早くどころか、前日の夜中からロープで場所区切りだ。

ロープで場所区切るためだけに、始発に乗りたいか?

しかも、場合によってはそこでシートを敷いて、宴会まで待機せなならん。

どんだけ暇なんだよ。しかも屋外で風吹きっ晒しの中だぞ。


そんな場所で、布団かぶって寝るわけにもいかん。

特別手当寄越せと言いたい。


それから、弁当食うわけだけど。

弁当の手配とか、酒の手配とか、大変だぞ。

いくらネットの時代や言っても、人数固めて、どれだけ必要か概算して、何を頼むかどこで買うかとか、その苦労から解放されたわけじゃないからな。

それに、おせちもそうだけど、実は冷めた食事って好きじゃないんだわ。

そもそも、食事って基本、作り立ての温かなものが美味いわけよ。

金くらい出すから、あったかいもん食いたいわ。

それにやね、地面の上にシートひいて、そこに直座りが定番スタイルやけど、座り心地ものごっつい悪い! 特にシートの下に、木の根があったら最悪。

桜の木の根っこ痛めるし、尻も痛い。


屋外でバーベキュー?

ホントに楽しいんか? あんなもん。

第一、風が吹いたら土埃が舞うし、紙皿は飛ばされそうになるし、雨が降ってきたらどないする? 

いいか? 風や雨を防ぐために、人はわざわざ屋根と壁を作りだしたワケだろ。

それなのに、なんでわざわざ好き好んで、原始的なスタイルに戻るんだ?


そして、一番でかい理由。

「花見をしたい」と提案する奴に限って、さっき言った準備とか場所取りとか、弁当の手配や酒、その苦労を率先してする奴はいない事だ。

おっさんに多いわ。


また、そういう奴に限ってなんも手伝わん。

人が準備したのにのっかって、酒飲むしか能のない奴やねん、ホント。

他人様の労力を、何も考えず食いもんにするしかない奴は、土に埋まって桜の肥料になっちまえと言いたい。


で、再度聞くが、花見とは本当に楽しいものなのか?

あの幽玄な妖しさ、花びらを風に舞わせ、散りゆく桜の美しさは認めよう。

しかし、花見と桜は切り離して考えるべきだと思うが。


自分も作家を目指しているのなら『花見は楽しい』それは本当なのか、裏をもっと深く読み、突っ込むべきだと思うが、どう思う?


……この屁理屈に敬意を示し、我が家に今年の花見はありません。

桜は見に行くけどね。



スポンサーサイト
コメント
コメント
屁理屈には理屈で押して参る
論点の立て方がずれている。

「花見が楽しいかどうか」ではなく、「花見を楽しいと思う人がいるのはなぜか?」という問いの方がより建設的である。

そして結局のところ、花見そのものよりも「花見へ一緒に行く人が誰なのか」という人間の問題になるのではないか。

最終的に「一番でかい理由」としてみほさんが挙げているのも、「準備を手伝わないおっさん」という人間の問題だからである。

では、準備を手伝うおっさんであればいいのか?
ひょっとして、やりたくない花見の面倒な準備をさせられた経験があるのか?
もし、おっさんではなく素敵なイケメンから頼まれても同じように嫌な顔をするのか?

つまり、この人となら少々嫌な準備であっても一緒に花見に行きたいと思える人間がみほさんの周囲にいないだけのではないか?
2017/03/30(木) 11:46:11 | URL | 作劇塾・SF担当者 #- [ 編集 ]
Re: 屁理屈には理屈で押して参る
そう。
ロクな思い出が無いのは確かですわ。

花見=準備でこき使われた記憶しかないですなあ。
第一、よく言われている事ですが、花見って花を見ているのか?
酒飲んで木の根っこ踏んで騒いでいるのが多数ですがな。
私が桜の立場なら怒りますわ『黙って見惚れとけ!!』

> もし、おっさんではなく素敵なイケメンから頼まれても同じように嫌な顔をするのか?
>
> つまり、この人となら少々嫌な準備であっても一緒に花見に行きたいと思える人間がみほさんの周囲にいないだけのではないか?

一緒に行きたい人と花見に行く準備は、嫌どころか楽しみの一つであります。
「どうしてもっていうなら、付き合うけどぉ~」とツンデレこそすれ、嫌な顔は絶対にしません。

尚、私の思う『素敵なイケメン』であるなら、私に準備をさせるのではなく、イケメンが花見の準備してから私を誘うべきなのです。

と、言い続けていたら、最近花見をしてないことに気が付いた今日この頃です。



2017/03/30(木) 23:46:07 | URL | みほ #- [ 編集 ]
その気になればなんでも楽しいもんです
ごきげんようです。

傍から見ればくだらないことにも楽しみを見つけて楽しもうとする人はいるもんです。

「あんなもん、なにがおもろいんじゃ」と言うよりも「さて、どうやって楽しんでやろう」と思った方が精神衛生上もよろしいと思います

暗いと不平を言うよりも進んで灯りをつけましょう
2017/03/31(金) 12:03:51 | URL | ひろみつ #AH9/n9xo [ 編集 ]
Re: その気になればなんでも楽しいもんです
花見は良いんですよ。
桜は良いんですよ。

ただ、気の利かない怠け者に、労力を押しつけられるのだけは、楽しめない・・・・・・
このむかつく思い出の中に、桜の風景を入れてしまいたくはない。

そう言う訳で、気の合う人間と一緒になって、ぼけっと桜を愛でています。


2017/03/31(金) 23:59:35 | URL | みほ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/373-71f63d97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック