陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
作劇的飲み会と、職場的飲み会

先週、塾が休み。

久しぶりですねえ、塾の皆さんのお顔を見るのも懐かしいでしょうねえ。

しかも合評だよ。SF担当なんて三年ぶりだよ。

飲み会では、彼の批評を聞かせていただいておりましたが、酒抜きのしらふで聞くのは久しぶりですわね。しみじみしますね、イヤホント。

しかも、広島からの新塾生さんも、初・合評参加ではないでしょうか……


そう言う訳で、結構ドキドキです。


しかし、先日塾以外の会社の飲み会に参加し、会社の上司の仕事論・人事の裏側に会社の内部事情一色の話題の中、酒を飲みつつ「面白くねーな」と思った私ですが。

その考え方の過ちに気が付いてしまった次第です。

会社の飲み会で、楽しもうというのがそもそもの間違いなのよ。


あそこはオフィシャルの場。

飲み会の音頭取りに使われる定番『無礼講で』『皆さん、日頃の憂さを忘れて楽しんでください』という言葉は、完全なる虚礼ですわ。

いや、こっちの飲み会に限って言えばと、いうか、上司が参加する場ではね。

仕事の話にもなるわな、情報交換の場にもなるよね。上司の熱い説教や教訓話にもなろうさ。

ええ、それが正しい職場の『飲み会』として、あるべき姿なのよ。

どんな形であれ、情報と上司の話。それは、他の男性社員にとっては必要だしな。


私が求めていることは、川で鯛を釣ろうとしている事だった。。

あの場で作劇塾的空気を求めるなど、愚かもいいところだったんだわ。

……送迎会費2000円で悟ったことでした。

そして、次の飲み会の出欠は『否』にしておく。

楽しめない奴が参加するなんて、酒にも自分以外の出席者に対しても失礼ですからね。


ですが、あの飲み会の席にて、上司が

「接待は会社の金で良いもん食っていると思わないで欲しい。好きでもない酒を飲まなきゃいけない時があるんだ」と仰っていたのを聞いて、しみじみ思ったのは……


飲み会を出たい、出たくないと好きに選べるのは、1つの幸福だなと思った次第。


私の上司って酒に弱い人や好きじゃない人、多いのよねえ。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/395-61c1d4a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック