陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
塾の裏側

課題提出。


そして飲み会。

「自分出してる、課題小説や。あれをどうやって怖くするか、という話やけど」

前日、ブログに書き留めていた作品反省の事ですか、先生。

そうなんですよ、あれってどうやってホラーへと軌道修正すべきでしょうね。


「そもそもやな、ゾンビや吸血鬼ってジャンルは、日本の風土には合わへん」


まあ、もとはと言えば原産地は異国の宗教信仰や民話、伝承からきたモンスターですから。

洋画の影響だもんね、どっちも。

恐怖、というのは肌感覚ですから、現実とどこかリンクした部分が必要。

まあ、私の課題小説も、一応人間喰いたくなる理屈は医学的(?)にはつけてますけどね。


「でもなあ、やっぱり嘘くさい」

「あの話がリアルだとすれば、私たちは怖い現実を生きていることになりますね」

「もう『怖い』は諦めろ。最初に言ったやろ。この題材は怖くないで、とな」

先生、無情ですねえ。

「血いドバドバ出れば良いってもんちゃう。自分、ホラーのゾンビ見て怖いか?」

「確かに怖くはないですね。時には焼肉食べながら見てますし」


怖い、というよりスリルですね。

後は、ゴア描写や特殊メイクの凄さに目が行ってしまう。

特に、子供の頃に観た13日の金曜日やサスペリアのスプラッタ場面、トム・サヴィーニの特殊メイクには衝撃でしたね。

当時、あの人のメイクの『肌色』『血の色』はリアルでした。


「エンターテイメントとしては、まあエエんや。でもホラーの怖さはない」


ワインを飲みながら、先生宅の天井を見上げる私。

今日も三船がいっぱい。


「また前回のSFラノベホラーに続いて、また何かを諦めるんですかぁ?」

「しゃーないやん、怖くないんやから」

「しゃーないですけどねえ」

 それでもまあ、何とか仕上げますよ。


……作劇塾の飲み会は、合評のおまけ、および作品の悩み相談の場でもありまして。

その時の模様を思い出しながら記述してみたら、ホラーが怖くないという、モノ書き的深刻な話が、えらく軽いぞ!


「こういう、自分のジャンルという一種の主義、そして嗜好に関するものは、ちゃんと悩んだほうが良いんだろうか?」


でもさあ、元は『好き』で始めたことに対して、あまり突き詰めて考えるのも精神衛生上よくない。

悩むべきなのか否か、絶賛悩み中。













スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/404-b879151f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック