陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
駄文更新

いつものことです。


もう暖かいので、なべ物の食べ収めとばかりに牛しゃぶを貪り、本を読みながらワインを一本。

酔っ払いの視界で、だらだらと文字が流れていくのは快楽の1つですね。

林真理子『中島ハルコの恋愛相談室』

桐野夏生『夜また夜の深い闇』

やっぱり小説は面白い。


文章のリズムが頭の中で映像を作ってくれて、しかもその映像は映画やDVDと違って、脳内の自分のペースで再生されます。


読み終えた後は、満腹と酒の酔いと、本完読の達成感で頭は痺れ気味。


……と、いうわけでおやすみなさいでした。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/411-1faac6dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック