陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
そろそろですか

さて、悩んでますね。


山登りの趣味に突入して、すでに3ヶ月。

反・アウトドア集団の塾生たちに白い目で見られながら、先週も六甲によじ登っていたのですが……ええんかいな。


やっぱり、モノカキ志望としては、時間があればせっせと書かなきゃと思うんですのよ。

山岳地図の読み方をマスターして、登山靴の泥を落として防水スプレーしているひまがあれば、パソコンに向かってキーを叩けよと。


もちろん、アウトドアショップの店員さん相手に、テントの形状の違いや材質うんぬんを聞いている場合ではないんですわ。


モノカキ志望です、と言ってしまった時点で、小説は単なる『好き』で済まされないところに追い込まれてしまった感がありますなあ。

中途半端は出来ない、というか。


婚約した以上、もう異性のナンパは出来ないとか、そんな感じね。


そろそろ本腰を入れなきゃなあ、と思い始めました。


六甲の山中、急斜面をよじ登っていたらカエルの大群に取り囲まれていたからとか、日焼けが気になるとか、夏は暑いから登山靴履きたくないとか、そういう理由じゃありません。


と、言う訳で、山登りもやるだけやって未練が残らないように、次は六甲の難所ルートに挑戦してみるか。




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/424-d22a1ac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック